JapanGiving > NPO活動を支援する > 自然栽培農家を支援して、美しい自然を次世...
  • コミュニティー
  • 経済
  •  

自然栽培農家を支援して、美しい自然を次世代へ! by うむ株式会社

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

終了しています
16

目標の寄付金額は1,000,000円に設定されています。


  • JAPANGIVINGの情報をフォローしよう!
  • 日本初の農家発信型ECコミュニティーで、人と自然を繋ぎます!

    【神戸スタートアップ事業で支援しているチームです】
    詳細はこちらから → http://japangiving.jp/p/4635 

    小さい頃よりコンクリートに囲まれた都心近郊のベッドタウンで育ち、疲れたサラリーマンを見て、この先に自分達の未来がないような気がしていました。母親が言うには、3歳頃からずっと「コンクリートが嫌い」「コンクリートをはがしたい」と言っていたそうです。

    社会人になり、人を幸せにできる仕事をしようと、東京でIT関連の仕事に就きましたが、都会の生活や震災をきっかけに、小さい頃に感じた違和感が再燃し、本当の意味での自然を猛烈に知りたくなり、大自然の中でできる農業に転身しました。現在は、丹波市市島町で1町5反の田畑を耕しています。

    現状の社会的課題

    現代、日本の田畑には年間2,000万t以上の肥料、6万t以上の農薬が撒かれています。これらは巡り巡って、私たちの生活に多大な影響を及ぼしています。

    例えば、撒かれた堆肥や農薬は河川に流れ込み、水質汚染や富栄養化など環境汚染の原因となっています。

    そして、海外からは遺伝子組み換え種子でつくられた家畜用の飼料や遺伝子組み換え作物の加工品などが輸入され、私たちは知らず知らずのうちに、それらを口にしています。そして、一極集中の物流は、農家の収益を圧迫し、また、どこで、どの様につくられた作物なのかを知るための情報をほとんど開示できずにいます。

    神戸市においても、六甲山を境に、北側には沢山の生産者さんがいらっしゃいますが、そこで生産される野菜は、南側にはほとんど届いていません。

    サービスの内容

    もし、農薬と肥料を撒くのを止めたら、どうなるでしょうか。

    田畑には多種多様な生物が舞い戻り植物と微生物は会話をし始め、動物たちは貪らず、美しい自然がみるみる戻ってきます。

    これらの農業が人類に与えるリスクを解決し、私たちが自然とともに生きて行く為の鍵となるのが、農薬も肥料も一切持ち込まない「自然農・自然栽培」という農法です。

    私たちはこの自然栽培の農家さんをあらゆる面で支援し、地域の担い手となってもらう為に活動しています。

    そして、私たちの最初のプロダクトが自然農家と消費者をつなぐ日本初の農家発信型のコミュニティー「自然栽培ちょくはん」です。

    自然栽培ちょくはんのサイト上で生活者は品種や作付けの方法など、今までにない詳細な項目で農家を検索することができます。

    探し出した農家さんとは、直接メッセージを受け取ることができます。

    一方で生産者は、自分の畑や作物の状態をリアルタイムでフォロワーに連絡することができ、畑に植わっている最も新鮮な作物を販売できます。

    次世代へつなぐ種の保存へ

    私たちは、自然栽培農家さんの支援として、固定種、在来種の種の保存も行っております。

    それは皆さんのお子さんやお孫さん達が、これからもずっとお腹いっぱい美味しい野菜を食べていく為に必要だからです。

    現在、市販されている種は一代交配のF1と呼ばれる種がほとんどで、種採りをすると半分は先祖返りしてしまい、自然栽培や自然農法でない農家さんの中には、この種を毎回購入している方が少なくありません。

    みなさんへ支援してほしい内容

    自然栽培や自然農法の方々の多くは、こういった種の危険性に気づき、種採りの難しいF1の種ではなく、代々受け継がれてきたりきちんと固定化された種をしっかりと紡いでおります。

    私たちは、これをしっかりと増やして、次世代につなげていく必要があると考えています。

    私たちは、新規就農者の方々や種を必要とする方にお分けしていくseedbankを作り始めています。

    ※種は販売用ではなく、あくまで種の保存を目的に増やします。

    その為の古民家をすでに用意していますが、中がボロボロであるため、DIYで補修、造作する費用と保存用の冷蔵設備が、活動をしっかりと続けていく為に必要です。

    皆様のお力で、次世代に種を残す仕組みを作らせてください!

    予算使途の内訳

    種の保存に必要な環境(光、湿度、酸素の管理ができる設備)を整える費用
    古民家の床貼り、天井の張り替え、内装の補修費用(DIY)

    貯蔵設備費の一部 50万円
    改装費の一部 50万円

    • お気に入りに登録
      マイページに追加され、
      NPOからメッセージが届きます。
    • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

    寄付先の団体情報

    兵庫県神戸市

    http://kobe.globalstartupgw.com/

    神戸市では、多くの若者が集積・成長してイノベーションを創出する魅力的な街の実現を目指し、平成27年度より「ふるさと納税制度」を利用したスタートアップ(成長型起業家)の成長を支援する取り組みを始めています。

    この団体は寄付金控除対象団体です。
    領収書の発行依頼は こちらから。

    500寄付によるギフト

    500円超の寄付者の方も全てこちらから手続きを行ってください

    ※9/1よりご寄付いただけます
    ※入力フォームで今回ご寄付いただく金額をご入力ください。

    うむ株式会社からのお礼メッセージをお送りします。

    現在の寄付人数 : 16

    配送予定日 : 未定

    購入可能期間 : 2016/08/22 00:00 ~ 2016/11/08 23:59