JapanGiving > NPO活動を支援する > 石田三成ゆかりの寺、「三献の茶」で知られ...
  • コミュニティー
  •  

石田三成ゆかりの寺、「三献の茶」で知られる観音寺を修復し後世に残したい!

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

7

  • JAPANGIVINGの情報をフォローしよう!
  • 何としてもこの歴史の1ページを飾る名所を後世に残したい!

    まずはこちらをご覧ください!
    https://youtu.be/VZVUCFuyNaU 

    はじめまして。修復委員会委員長の泉昌継と申します。

    16世紀後半、石田三成が佐吉という名で仕えていた観音寺。
    当時、秀吉が鷹狩りの折、立ち寄った観音寺で出されたお茶の振る舞いに甚しく感銘(三献の茶)、秀吉は佐吉をすぐに家来にすることを決めたといいます。
    この秀吉と三成の出会いの地、観音寺が500年の歳月を経て痛みが激しく修復を必要としています。
    これまで住職さんや檀家の皆さんをはじめとした地域の有志のメンバーの手により維持してきましたが、それも限界が訪れています。

    この歴史あるお寺を後世に残すため、皆様のご支援を賜りたく、このページを作成しました。

    購入型のクラウドファンディングFAAVO滋賀では、まずは屋根の修復に特化したプロジェクトも期間限定で実施しております。
    併せてご確認いただければ幸いです。

    【FAAVO滋賀】
    https://faavo.jp/shiga/project/1659 

    観音寺について

    当寺は、伊富貴山観音護国寺といい、大原観音寺とも称されている天台宗寺院です。
    そのはじめは伊吹山中にあって、弥高寺、太平寺、長尾寺の三ヵ寺と共に伊吹山四大護国寺は、仁寿年間(851年~853年)に三修沙門によって開基され、元慶二年(878年)定額寺に列せられた名刹です。
    当寺の寺伝によりますと、貞和三年(1347年)に伊吹山中から現在の地に移ったとされていますが、当寺に伝わる古文書などによりますと、それよりも八十余年前、鎌倉中期の正元年中(1259年~1260年)に今の地に移転し、弘安年間に至る約20年間にほぼ寺観と什物を整えたとされています。

    惣門

    鐘楼

    薬師堂

    本堂

    応急処置にもとうとう限界が訪れました

    これまで、歴代住職さんと、檀家の皆さんをはじめとする、地域の有志のメンバーで、知恵をしぼり、時には手作業で応急処置を行ってきました。

    これまで数年間にわたり、なんとか台風の時期などを切り抜けてきましたが、とうとう限界が訪れました。

    観音寺では、戦前までは、多くの山林田畠からの収入がありましたが、戦後、これらの収入は途絶え、平成28年現在、4軒の檀家の手によって支えられています。

    今後将来にわたり堂宇(どうう)の維持保全を図り、薬師如来さまをお守りするには、根本的な工事を行う必要がありますが、数少ない檀家の皆さんをはじめとした地域の有志のメンバーの力だけでは、もはや限界にきています。

    私たちは住職を中心に、周辺住民などの有志で修復委員会を立ち上げ、ご理解いただける皆様にご支援を募らせていただくこととなりました。

    なにとぞよろしくお願い致します。

    とうとう向拝(ごはい)の東隅が、崩れ落ちてしまいました。

    本堂に隣接する薬師堂の劣化も激しいです

    修復委員会での協議の様子

    住職からのメッセージ

    「この度、当院薬師堂の屋根を修復するにあたり、当院の歴史の重みを 改めて感じております。皆様におかれましても、修復の意義をおくみとりいただきまして、どうかご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。」

    観音寺住職の林 昭一さん

    観音寺薬師堂の修復スケジュール

    平成28年11月下旬〜 クラウドファンディング公開
    平成29年12月    着工
    平成30年 7月    竣工

    皆様からの応援をよろしくお願いいたします!

    歴史に残るこの観音寺を、末長く後世に残すため、応援をよろしくお願いいたします!
    この修復プロジェクトに、少しでもご関心をお持ちいただけましたら、ぜひ「シェア」や「いいね!」など、応援をいただけますと幸いです。
    また、この修復プロジェクトにご賛同いただき、そしてご支援をいただける、ということであれば、継続的なご支援をいただけますと幸いです。
    歴史に残るこの観音寺を後世に残すため、ご支援をよろしくお願い申し上げます!

    米原市長からも応援メッセージを頂戴しております!
    ご覧くださいませ。
    ↓↓
    https://youtu.be/MNzP-kWA-z8 

    予算使途の内訳

    観音寺 修復費

    チャレンジを作成する

    この団体の取組のためにファンドレイズ(寄付集め)を開始する

    • お気に入りに登録
      マイページに追加され、
      NPOからメッセージが届きます。
    • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

    寄付先の団体情報

    観音寺薬師堂修復委員会

    http://www.zc.ztv.ne.jp//kannonzi/

    1347年に現在の地に移された観音寺。秀吉が石田三成と初めて会ったお寺です。この観音時、特に薬師堂の傷みがはげしく、早急な修復が必要だが、檀家3軒までに減った現状では、寄付を求めるしかなく修復委員会を立ち上げました。瓦志納で寄付を集め、クラウドファンディングでも募る活動をしたい。

    任意の金額で寄付する

    ※寄付は500円からできます。

    3,000寄付によるギフト

    志納瓦と感謝状

    修復で葺き替えが必要となる瓦は、約3,000枚にのぼります。
    このうち、500枚を、瓦志納ということで、
    観音寺修復を応援してくださる方々の思いを込めて、記名の上、葺き替えをさせていただきたいと考えております。

    住職により、瓦にあなたのお名前と祈願内容を記載させていただきます。
    ※後日、瓦のお写真をお送りします。

    現在の寄付人数 : 2

    配送予定日 : 30日以内にお届けする予定です

    配送可能地域 : 国内のみ配送可能

    購入可能期間 : 2016/11/26 11:40 ~

    5,000寄付によるギフト

    志納瓦2枚と感謝状

    修復で葺き替えが必要となる瓦は、約3,000枚にのぼります。
    このうち、500枚を、瓦志納ということで、
    観音寺修復を応援してくださる方々の思いを込めて、記名の上、葺き替えをさせていただきたいと考えております。

    こちらのコースでは、瓦を2枚志納させていただきます。

    住職により、瓦にあなたのお名前と祈願内容を記載させていただきます。
    ※後日、瓦のお写真をお送りします。

    現在の寄付人数 : 0

    配送予定日 : 30日以内にお届けする予定です

    配送可能地域 : 国内のみ配送可能

    購入可能期間 : 2016/11/26 11:40 ~

    10,000寄付によるギフト

    志納瓦とお守りと感謝状

    観音寺修復を応援してくださる方々の思いを込めて、瓦に記名の上、
    葺き替えをさせていただきます。
    観音寺の御守りをお届けいたします。

    住職により、瓦にあなたのお名前と祈願内容を記載させていただきます。
    ※後日、瓦のお写真をお送りします。

    現在の寄付人数 : 1

    配送予定日 : 30日以内にお届けする予定です

    配送可能地域 : 国内のみ配送可能

    購入可能期間 : 2016/11/26 11:40 ~

    30,000寄付によるギフト

    (残り4ギフト)

    志納瓦と【古材入】の御守りと落慶記念行事出席権利と感謝状

    観音寺修復を応援してくださる方々の思いを込めて、記名の上、
    葺き替えをさせていただきます。
    住職により、瓦にあなたのお名前と祈願内容を記載させていただきます。
    ※後日、瓦のお写真をお送りします。

    また、修復の際に出る古材を中に入れたお守りをお送りすると同時に
    落慶法要後の記念行事にご招待します。

    現在の寄付人数 : 1

    配送予定日 : 30日以内にお届けする予定です

    配送可能地域 : 国内のみ配送可能

    購入可能期間 : 2016/11/26 11:40 ~