JapanGiving > NPO活動を支援する > 『FJKパパクエストツアーinシアトル』...
  • 子ども
  • 社会環境
  • 教育

『FJKパパクエストツアーinシアトル』の実現に向けて応援してください!

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

35

  • JAPANGIVINGの情報をフォローしよう!
  • 「パパクエストツアー」とは

    ファザーリング・ジャパン関西(FJK)が、父親と子どものライフデザインの一環としてグループツアーを行うプログラムです。

    海外という未経験の世界を、父親とその子どもが、他の父子とともに、FJKの用意するプログラムを体験しながら交流を深め、パパ友ネットワークと子どもネットワークづくりを行います。
    また、現地スタッフによる現場案内から、知的好奇心を刺激するその地特有の文化や同世代との交流を行い、ライフデザインの一環に役立てます。

    FJK父子ツアー2016in奥猪名の里。

    あなたはいまワクワクしていますか?

    子どもの未来はとてもワクワクするものだと考えています。
    しかしながら、ある研究調査によると、51%の親が子どもの未来に不安を抱えています(注1)。また、子ども自身も、約40%が自身の将来に悲観的なイメージを持っています(注2)。
    このように、子育てにおいて不安や悲観が蔓延していては、子どもの未来にワクワクすることはできません。

    こうした現状の背景には、親が業務多忙により子育てにあてる時間が少ないこと、子どもも塾や習い事が多く自由な時間が少ないこと、将来への教育投資などのために金銭的余裕が少ないこと、などがあげられます。
    日常生活に余裕がなく、ワクワクできていないのではないでしょうか。

    注1)東京大学社会科学研究所・ベネッセ教育総合研究所共同研究「子どもの生活と学びに関する親子調査2015」
    注2)内閣府 平成26年版子ども・若者白書 特集:今を生きる若者の意識~国際比較からみえてくるもの~

    パパと子どもたちでアマゴ捕り。動きがはやいぞー

    捕ったアマゴに金串を。最初は魚に触れなかった子も平気に。

    なぜパパクエストツアーが必要なのか

    本事業は
    ①子どもの知的好奇心の醸造をはかること
    ②子どもの第3のコミュニティ形成によって、子どもの豊かなライフデザイン構築
    を目的としています。

    まず、知的好奇心の醸造をはかるために、普段できない外国文化の体験という特別なプログラムを提供します。また、子どもの新しいコミュニティを形成するために、身近な存在である父親のコミュニティ形成を行います。父親のコミュニティが、その子ども同士のコミュニティづくりにつながります。
    特別な体験と人との繋がり、この2つによって子どもたちのライフデザインはより豊かなものになります。

    これは子どもたちの未来に身近な人たちが主体的に関わる、新しいキャリア教育といえるものです。

    職場でも近所でもない、FJKを通じてのパパ友との出会い。

    パパ同士がつながった子どもたちの新たなコミュニティ。

    パパクエストツアーが与える社会的インパクト

    「2011年度にアメリカの小学校に入学した子どもたちの65%は、大学卒業時に今は存在していない仕事に就く」(デューク大学)という研究があります。刻々と変わっていく世の中においてライフデザインは必要不可欠です。

    ライフデザインにおいて何よりも大切なことは、好奇心・ワクワクです。

    しかし、刺激が一過性のものとして終わってしまってはライフデザインにつながりません。継続的なものにするためには、関係するコミュニティを増やすことと、コミュニティのつながりをより強くすることが大切です。
    両方を同時に実現するには、身近な存在で、母親に比べ子どもの世界観を広げるといわれている父親が関わる仕組みをつくることが重要。
    パパクエストツアーでは、それら両方を実現することが可能です。

    つまり、父親が子どものライフデザインに関わることを促すことで、子どもに将来に不安を抱える親を支援できます。また、子どもがライフデザインを描きやすい環境につながり、悲観的な将来ビジョンを持つ子どもたちへの支援にもつながります。

    パパクエストツアーの実現に向けてぜひご支援ください

    【誰が?】 ファザーリング・ジャパン関西(FJK)
    【誰に?】 子どもの将来にワクワクしたくて、そのために自分たちの行動で示したいと考えている父親とその子ども
    【何を?】父子のスペシャルな体験の共有による多様な価値観に触れること、学校以外のコミュニティづくりの提供

    日程:平成29年夏季の1週間程度(予定)
    行先:米シアトル周辺

    参加費:無料(現地生活費、空港までの交通費、パスポート作成手数料等は除く)
     ※往復航空券、宿泊費、研修プログラム費はFJKが全額補助

    人数:最大8組の父子を公募。公募対象は6歳~9歳の子どもを持つ父親。
     ※公募条件の理由は以下の通り。
     ①特別体験をする上で記憶に残るような子の年齢であること
     ②小学生になると親とのかかわりが減少すること
     ③10歳以降、思春期の成長前にかかわりをつくることが大切であること

    FJKは参加者の経費負担をできるだけ軽くし、航空券、宿泊費、研修費などはすべて補助したいと考えています。ぜひ皆さまもお力添えください。

    ファザーリング・ジャパン関西(FJK)について

    本法人は、2010年5月に、NPO法人ファザーリング・ジャパンの関西支部として立ち上がりました。
    その後、関西での活動の幅が大きく広がったことをうけ、2013年4月にNPO法人の認証を取得。

    「笑ろてるパパがええやん!」を合言葉に「父親ならではの子育て」を探求し、子育てのあらゆる現場に「父親」を取り入れるための講座・イベントを開催しています。

    ▼公式Webサイト
    http://fjkansai.jp/ 

    ▼Facebookページ
    https://www.facebook.com/fjkansai/ 

    予算使途の内訳

    往復航空券、宿泊費、研修プログラム参加費、現地スタッフ謝礼、消耗品備品費、宣伝広告費ほか

    チャレンジを作成する

    この団体の取組のためにファンドレイズ(寄付集め)を開始する

    • お気に入りに登録
      マイページに追加され、
      NPOからメッセージが届きます。
    • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

    寄付先の団体情報

    ファザーリング・ジャパン関西

    http://fjkansai.jp/

    父親の子育てに高い価値を生み出すこと。 子育ての責任が母親に重くかかっている社会を変えるため、「笑ろてるパパがええやん!」を合言葉に「父親ならではの子育て」を探求し、子育てのあらゆる現場に「父親」を取り入れるための講座・イベントを開催しています