JapanGiving > NPO活動を支援する > 年末までに300人の赤ちゃんを救いたい!...
  • 子ども
  • 医療
  • 途上国
  •  

年末までに300人の赤ちゃんを救いたい!ーあなたの寄付でガーナの赤ちゃんに栄養をー

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

終了しています
22

目標の寄付金額は400,000円に設定されています。


  • JAPANGIVINGの情報をフォローしよう!
  • 『小さないのちが、当たり前に生きられる世界に』

    ケア・インターナショナル ジャパンは、世界90ヶ国以上で人道支援活動を行う国際NGOです。災害時の緊急・復興支援や「女性と女子」の自立支援を通して、貧困のない社会を目指しています。

    私たちは、今年2月より、西アフリカのガーナ北部において「乳幼児の栄養改善事業」を実施しています。

    ガーナでは、5歳未満の子どもが亡くなる確率が、日本の20倍と言われています。
    生まれた場所が違うというだけで、小さな尊いいのちが、5歳の誕生日を待たずして断たれてしまうという現実。その要因の1つが、貧困からくる「栄養不良」です。

    このような状況を一刻も早くなくすため、
    私たちは、この事業を通じて、あと「300人の赤ちゃんを救いたい!」。
    この目標に向けて、クラウドファンディングに挑戦します。

    どうか皆様のご支援をよろしくお願いいたします。


    【2015年「第3回日経ソーシャルイニシアチブ大賞」大賞受賞】
    この事業は、日本企業との協働で、社会課題をビジネスの手法で解決する優れた取組みとして評価されました。

    ガーナ北部州では子どもの栄養失調が深刻です

    あなたのご寄付によってできること

    1,300円のご寄付で、2歳未満の子ども1人の栄養状態を改善することができます。

    【寄付は、確定申告の際、寄付金控除の対象となります】
    ケア・インターナショナル ジャパンへのご寄付は、特定寄付金として、税制上の優遇措置が受けられます。個人の方が年間2,000円を超える寄付をされた場合、寄付額から2,000円を引いた額をその年の総所得額から控除することができます。
    ※所轄税務署で確定申告を行なってください。確定申告の際には、当財団発行の領収書を添付してください。

    今、ガーナ北部で起きていること

    ガーナの首都アクラから北に650キロに位置する北部州イースト・マンプルーシー郡は、経済成長が著しいガーナでも、特に厳しい貧困状態が残る地域です。ガーナの貧困層のおよそ40%の人々が北部で暮らしています。

    この地域では、5歳以下の子どもの栄養状態が悪く、33%が低身長、20%が低体重、82%が貧血です。子どもの栄養状態の改善は、その後の健やかな心身の成長に大きな影響を与えるだけでなく、将来的な貧困の予防の点からも喫緊の課題となっています。

    慢性的な栄養不良がみられる村の子どもたち

    3人に1人の子どもが低身長、80%以上が貧血です

    栄養が十分でないと、病気にもかかりやすくなる恐れがあります

    このクラウドファンディングで目指すこと

    イースト・マンプルーシー郡にあるウンズンティンガ村やビンビリガ村の周辺地域における、300人の2歳未満の子どもたちの栄養と健康状態の改善を目指します。

    同時に、子どもたちの栄養状態を改善するためには、日々の食事が大切であり、そのためには家計を安定させることが必要です。そこで、家計の収入向上のため、子どもたちのお母さんたちが起業家として活躍できるよう、支援していきます。

    2歳未満の赤ちゃんの栄養と健康改善を目指し活動します

    収入向上のため、お母さんたちの経済的な自立支援も行います

    プロジェクトのおもな活動

    1)村で栄養啓発活動を担うボランティアを育てます
    栄養や適切な食事の摂取方法に関する研修を実施し、身につけた知識を現地方言で発信できるようにします。

    2)保護者を対象に栄養啓発を行い、乳幼児の食習慣を改善します
    適切な食習慣に関する調理実演や寸劇などを通じて、乳幼児の保護者らが三色栄養素の重要性、野菜の調理法、タンパク質や鉄分を効果的に摂取できる食事、大豆レシピなどについて学べる場を提供します。

    3)お母さんたちが経済的に自立できるよう支援します
    家計の決定の場で立場が弱い女性たちに収入機会を作ることで、そのお金を子どもたちのために使えるようします。具体的には、村内貯蓄貸付組合*の設立を支援し、乳幼児の栄養補助サプリメントを販売する女性起業家を育成します。

    *村落貯蓄貸付組合・・・20~25人の女性からなる組織で、各人が少額の現金を預けグループで管理する仕組み。管理する資金から融資を受けることにより、農産物加工、販売等、各々の小規模ビジネスを起業できるようになります。

    啓発活動では、パネルやポスターなども活用します

    三色栄養素の重要性、調理法などを伝える研修資料

    より理解度を深めるために、調理実演する場も作ります

    貧困層の女性たちが起業家として活躍できる環境づくりを支援

    乳幼児の栄養補助サプリメントを販売する女性

    ウンズンティンガ村の人々で村落貯蓄貸付組合を組織します

    プロジェクト地域に暮らすサマタさんのお話

    「赤ちゃんへの正しい授乳や離乳食について学びました。それまでは、例えば生後6ヶ月は母乳のみでの育児が推奨されていることを知らずに、水を飲ませたりもしていました。生後6ヶ月母乳のみで育て始めてから、赤ちゃんの体重は上の子のときより重く感じるようになり、また病院に連れて行くことも随分減りました。驚いているのは、上の子よりも正しい知識で育てた下の子たちの方が、学校の成績も良いことです。栄養状態が良いことが、様々な面で、よい影響を与えていると感じています。」

    「メイズ(トウモロコシ)や落花生を栽培して売ったり、シアバターの実を収穫して売ったりして、生計を立てています。シアの実は、初めは実をそのまま売っていましたが、村内貯蓄貸付組合のミーティングで、加工してバターにしてから売ると売値が高くなるという話を聞き、仲間に加工方法を教えてもらいました。実際、自宅で加工してか売るようになってから収入が上がりました。組合での活動を通じて、良いアイデアをもらえたことに感謝しています。」

    現地の人々と共に活動します【ガーナ駐在員 早水綾野】

    「ガーナ北部は、南部と違いサバンナ気候の厳しい土地です。乾季の農村は一面土と砂の風景が広がり、気温は45度を超える暑さです。茶色一色の風景に、鮮やかな服装をした女性たちが生き生きと映ります。

    人々はとても穏やかです。子どもたちは人懐っこく駆け寄ってきます。大人たちは優しくそれを見守っている、ガーナ北部はそんな風景です。

    日本の皆様にぜひともお伝えしたいのは、活動を担う若きガーナ人現地スタッフたちの働きぶりです。北部イースト・マンプルーシー郡の60にも及ぶ広範な地域で活動を行っていますが、道路の整わない村々をバイクで行き来して、一生懸命活動を行ってくれています。自分たちの手で、自分たちが暮らす地域・国を変えていこうとする彼らに、ぜひともご支援をお願い致します。」

    CAREガーナ 現地スタッフよりメッセージ

    【プロジェクト・ファシリテーター Sylvester Sanyali Bukari】
    「私も、ガーナ北部の農村で育ったため、この地域の母親たちが家族を養うために夜明けから暗くなるまで苦労して働いていることをとても心配していました。彼女たちのそんな努力にもかかわらず、社会的な障壁から女性たちは軽んじられ、貧しい暮らしをしています。農村の取り残された貧しい女性たちに力を与えるこのプロジェクトの一員であること、私は誇りに思っています。」


    【プロジェクト・ファシリテーター Ottis A. Vog-Enga】
    「先日、嬉しい知らせがありました。支援する村に暮らすマディ・アダムさんが村内貯蓄貸付組合から90セディ(ガーナの通貨:およそ2,500円)の融資を受け、米加工ビジネスを拡大することができるようになったのです。私は、多くの女性がこれからも村内貯蓄貸付組合の取り組みによって、経済的に力をつけることができると確信しています。」

    Sylvester Sanyali Bukari

    Ottis A. Vog-Enga

    予算使途の内訳

    上記の「乳幼児の栄養改善事業」の活動費として有効に活用させていただきます。

    • お気に入りに登録
      マイページに追加され、
      NPOからメッセージが届きます。
    • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

    寄付先の団体情報

    ケア・インターナショナル ジャパン

    http://www.careintjp.org/

    CAREは、世界70カ国以上で人道支援活動を行う世界最大級のNGOです。現在、15,000人の高度な専門知識をもつスタッフが、年間6,500万人に対し支援を実施しています。特に、途上国において最も弱い立場にある女性や子どもたちに焦点をあて、人々の自立支援を行っています。

    この団体は寄付金控除対象団体です。
    領収書の発行依頼は こちらから。

    任意の金額で寄付する

    ※寄付は500円からできます。

    3,000寄付によるギフト

    当財団のニュースレター

    当財団のニュースレター「CARE World」をお届けいたします。

    現在の寄付人数 : 3

    配送予定日 : 90日以内にお届けする予定です

    配送可能地域 : 海外も含めて配送可能

    購入可能期間 : 2016/12/01 00:00 ~ 2017/01/01 00:00

    5,000寄付によるギフト

    当財団のニュースレターと、支援地域のポストカード

    当財団のニュースレター「CARE World」と支援地域のポストカードをお届けいたします。

    現在の寄付人数 : 1

    配送予定日 : 90日以内にお届けする予定です

    配送可能地域 : 国内のみ配送可能

    購入可能期間 : 2016/12/01 00:00 ~ 2017/01/01 00:00

    10,000寄付によるギフト

    (残り16ギフト)

    当財団のニュースレターと、現地で作られたシアバターの石けん

    当財団のニュースレター「CARE World」と、ガーナ北部の村の女性たちが作っているシアバターの石けんをお届けいたします。

    現在の寄付人数 : 4

    配送予定日 : 90日以内にお届けする予定です

    配送可能地域 : 国内のみ配送可能

    購入可能期間 : 2016/12/01 00:00 ~ 2017/01/01 00:00

    30,000寄付によるギフト

    (残り4ギフト)

    当財団のニュースレターと、シアバターの石けん、活動報告書

    当財団のニュースレター「CARE World」と、ガーナ北部の村の女性たちが作っているシアバターの石けん、本プロジェクトの活動報告書をお届けいたします。

    ※活動報告書については2017年の秋頃のご送付を予定しております。

    現在の寄付人数 : 0

    配送予定日 : 90日以内にお届けする予定です

    配送可能地域 : 国内のみ配送可能

    購入可能期間 : 2016/12/01 00:00 ~ 2017/01/01 00:00