JapanGiving > NPO活動を支援する > 【6/25開催決定】シュタイナー教育を受...
  • 子ども
  • 教育
  •  

【6/25開催決定】シュタイナー教育を受けて育ったらどうなるの?卒業生に会いたい人この指とまれ!

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

10
47

目標の寄付金額は350,000円に設定されています。
このNPO活動は、2017年02月01日までに目標の金額を達成した場合のみ、寄付が確定します。


  • JAPANGIVINGの情報をフォローしよう!
  • 公立小学校以外の選択肢を発見!フリースクールという選択肢

    シンポジウム開催に係る費用を支援してください。
    福岡にシュタイナー教育を実践しているフリースクールがあるのを御存じでしょうか?
    日本でも今年の12月には、多様な学びを支援する教育機会確保法案が国会で成立するなどニーズは高まっています。
    世界に1000校以上あるシュタイナー学校。
    日本には7校あり、そのうちの1校である 福岡シュタイナー学園 初・中等部。
    日本でフリースクールに通っている子どもたちは、去年の春の調査では4200人いるといわれており、そのうちの1000人がシュタイナー学校に通っています。
    卒業生で有名な方は、斎藤工さん、村上虹郎さんなどがいます。

    公立学校ではなく、このような教育を受ける選択をすると、子どもはどのように育っていき、どういう進路に進み、どのような仕事に就いているのか、知りたいと思いませんか?

    そこで、日本のシュタイナー学校の卒業生や教育者をお呼びし、
    教育に関するシンポジウムを福岡で開催します。

    シンポジウム開催に係る費用のご支援をお願いいたします。

    シンポジウムでシュタイナー教育をはじめとする、多様な教育に関してより多くの方々に知って頂き、不登校や子どもの自殺、発達障害児の増加、学級崩壊など、教育の課題に対する何かしらのヒントになる機会になればと願っています。

    手仕事風景

    5,6年生の授業風景

    シュタイナー教育ってどんなもの?

    シュタイナー学校の特色はというと・・

    <9年間同じクラス、同じ担任>
     入学から卒業まで同じクラスで家族のように

    <教科書がないエポック授業>
     同じ教科を毎日90分3週間集中的に学び、
    自ら書くエポックノートが教科書に

    <テストや点数評価は行わない>
    同じ担任なので評価せずとも習得度がわかる

    <芸術的な教育>
     美しいイメージで心まで深く焼きつける

    <体験を通して学ぶ>
     五感を通して体・心・魂にはたらきかける

    福岡市についての学び

    国語のノート(二年生)

    学年ごとで大事なこと

    1年生 体験を通して学ぶ
    字も数もお話を通し、想像力・体を使って豊かに
    楽しく学びます。

    2年生 自分の内面に目を向け始める
    動物寓話や聖人伝のお話を通し、自分自身の中の愚かさを乗り越え、自らの中により良きものがあることに気づきます。

    3年生 自分と世界の区別を意識しはじめる
    世界と自分の始まりをテーマとした物語として、古事記や創世記を学びます。人間が地に足をつけて生きていくための営みの原体験として、家づくり、米づくり、人の体と結びついた度量衡(長さ、重さ、かさなど)、時間や暦を学びます。

    4年生 周りの一つ一つにも意識を向けられる
    世界の事柄一つ一つを「分け」て「解する」ことを始めるこの時期に、算数では分数を通して一つである全体にも意識を向けます。
    国語ではより人間らしい「北欧神話」を学びます。
    また、理科や社会として「動物学」「郷土学」で自分に近いものから世界を学び始めます。

    5年生 世界とのバランスを取り始める
    呼吸と心拍のバランスが整うこの時期は、感情が発達して、ギリシャ時代のように調和のとれた時期です。時間の流れにも意識を向けられるようになり、歴史や地理の学習が始まり、国語ではギリシャ神話を学びます。

    6年生 心身の力が勢いを増す思春期の始まり
    物事を因果律で捉えたいという欲求が高まってくるので、幾何学、物理学が始まり、観察を通して法則を見つけ出していく思考能力をはぐくみます。「鉱物学」と「天文学」の授業で、地球と宇宙に対する意識を広げます。思春期の葛藤の時期には「歴史学」で源平の戦いや朝廷と幕府など、二大勢力の対立によって歴史が形づくられていった深く理解することができるようになります。工芸の授業が始まり、堅い木を彫り進めていくことを通して、持て余し始めた身体の重さや力を、芸術的なものへと向ける体験をします。

    7年生 感情がより激しく、豊かな思春期
    心の中に物事を深く理解したい気持ちが生まれ、何に対しても「どうしてそうなるのか」という問いが生じます。そこで始めて「化学」の教科が導入され、物質の大本を追及する燃焼のテーマがやってきます。世界の現象への探究心を持つと同時に自分の内側に目を向け始めるので、様々な教科の学びの中で、世界の広がりと内面への深まりを発展させます。「歴史学」では、未知の海を越えて新たな世界と出会う大航海時代、新しい個の意識が目覚めたルネッサンスを取り上げます。

    8年生 自らの力で世界を探求し始める
    因果関係を把握し、具体的なものと抽象的なものとを統合して、思考する力が生まれ始め、徐々に担任という仲介者を経ずに、自らの力で世界を探求することを望むようになります。担任はそれを阻む壁のような存在となり、子どもたちはそれに反抗し、反発することにより世界への渇望を強めていくので、産業革命を取り上げ、人間と世界を有機的なつながりとして捉える総合的な授業が行われます。

    9年生 反発するが関心もある対極的な思春期
    自分でしっかり判断しながら思考し、自分を導き始める時期です。自分の理想や理念は現実化できるのか?自分の夢は実現できるのか?自分で自分の道を切り開こうとする若者の前にさまざまな問いが生まれます。この内的問いに答えるために、理念がどのように社会に根付いたかを学んでいきます。「物理学」では、産業の発展を大きく促した機械の原理を学び、「人間学」では、人間の最も物質的な部分である骨格を学びます。また、「地学」では地球の骨格である山脈や大陸に働く力などを学びます。

    手仕事(毛糸を染めました)

    弦楽器の発表会

    特色のある授業(家づくり)

    9歳である3年生は個が芽生え始める大事な時期。この時期に、米作り、家作りを行います。家作りでは、土台を築き、壁を作り、屋根をかけ、自分をおおう空間が作られていくことも体験します。人間が地に足をつけて生きていくための営みの原体験として、家づくり、米づくり、人の体と結びついた度量衡(長さ、重さ、かさなど)、時間や暦を学びます。

    大事な地ならし

    祝完成

    このイベントの開催費用をご支援ください!

    このイベントを支援していただいた方には、さまざまなギフトを用意しています。イベントの参加はもちろん、遠方で来られない方にも、イベントレポートを配信します。
    また、さらにご寄付いただいた方には、実際に生徒になって授業を体験できる体験授業にご参加いただけます。美しいアプローチに感動すること必至です。
    その他、生徒が描いた絵で作るポストカードもご用意しています。やさしさに毎日癒されますよ~。
    もっと近くで感じたい!という方には、パネリストとの食事会をご用意します
    銀行振り込みによる寄付も可能です。詳しくは、itotsumugi.2014@gmail.com 前原までお尋ねください。

    にじみ絵(5年生作品)

    糸つむぎは、福岡シュタイナー学園を支える保護者の会です。

    「大人のわくわくがつむぐ子どもの未来」をテーマに、子育てや健康に関する大人の学びを企画。大人が生き生きと学ぶ姿勢は、子どもに、勉強の大切さや楽しさを伝える一番の機会です。五感をきちんと使うこと~手先を使う体験、芸術に触れること~は生きていく力をつける助けになると考えています。

    講座の様子

    予算使途の内訳

    集まったご支援は以下に活用いたします。
    パネリスト、司会者の費用 27万(3~4人の交通費、宿泊費、謝礼、会食)
    会場費 3万
    ポストカード、レポート製作費 3万
    クラウドファンディング実施費 2万など

    チャレンジを作成する

    この団体の取組のためにファンドレイズ(寄付集め)を開始する

    • お気に入りに登録
      マイページに追加され、
      NPOからメッセージが届きます。
    • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

    寄付先の団体情報

    糸つむぎ

    https://www.facebook.com/itotsumugi.oyako/

    “大人のわくわくがつむぐ子どもの未来”をテーマに、子育てや健康に関する大人の学びを企画。大人が生き生きと学ぶ姿勢は、子どもに、勉強の大切さや楽しさ伝える一番の機会です。五感をきちんと使うこと~手先を使う体験、芸術に触れること~は生きていく力をつける助けになると考えています。

    任意の金額で寄付する

    ※寄付は500円からできます。

    3,000寄付によるギフト

    福岡で開催する卒業生シンポジウムの参加

    シュタイナー学校教師の基調講演と、シュタイナー学校の卒業生とのトークセッションを行うシンポジウムを開催します。
    シンポジウムに参加することができます。
    夏休みに開催を予定しています。

    現在の寄付人数 : 11

    配送予定日 : 未定

    購入可能期間 : 2016/12/25 00:00 ~ 2017/02/01 00:00

    3,000寄付によるギフト

    卒業生シンポジウムのレポート

    ・シンポジウムのレポートを送付します(メール)。

    現在の寄付人数 : 6

    配送予定日 : 未定

    配送可能地域 : 国内のみ配送可能

    購入可能期間 : 2016/12/25 00:00 ~ 2017/02/01 00:00

    5,000寄付によるギフト

    卒業生シンポジウムの参加およびレポートとポストカードの送付

    ・シンポジウムに参加することができます。
    ・シンポジウムのレポートを送付します(メール)。
    ・生徒たちが書いたにじみ絵のポストカードを送ります。癒されること間違いありません。

    現在の寄付人数 : 11

    配送予定日 : 未定

    配送可能地域 : 国内のみ配送可能

    購入可能期間 : 2016/12/25 00:00 ~ 2017/02/01 00:00

    10,000寄付によるギフト

    限定数終了

    登壇者(パネリスト)との食事会

    ・ゆっくりとした時間でお話しすることができます。
    ・イベントに参加できます。
    ・ポストカードをお渡しします。

    現在の寄付人数 : 5

    配送予定日 : 未定

    配送可能地域 : 国内のみ配送可能

    購入可能期間 : 2016/12/25 00:00 ~ 2017/02/01 00:00