JapanGiving > NPO活動を支援する > 【笠原棚田牧場】棚田にヤギを放して里山の...
  • コミュニティー
  • 自然
  •  

【笠原棚田牧場】棚田にヤギを放して里山の景観を守りたい!

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

終了しています
45

目標の寄付金額は300,000円に設定されています。
このNPO活動は、2017年01月23日に目標を達成しています。


  • JAPANGIVINGの情報をフォローしよう!
  • 棚田を守るために、わたしたちが目指すこと

    4年前にこの地域を襲った豪雨災害以降、耕作が困難となっている棚田(約1ha・3000坪)に、約300mの牧柵と小屋を設置し、ヤギを放牧します。ヤギが棚田の草を食べることで雑草を抑え、棚田の景観が維持されます。
    また、牧柵と小屋の設置作業は、20日間の「合宿ボランティア」で行います。
    これらの活動を行うために、30万円が必要です。棚田でヤギを放牧するために、どうぞご支援をよろしくお願いします!!
    ※30万円を超えるご支援をいただいた際には、ヤギを増やしたり牧場を広げるための資金として使わせていただきます。

    米づくり・森づくり・人づくり

    山村塾は、美しい棚田が広がる福岡県八女市笠原地区を拠点として、環境にやさしい米づくりや森づくりを通して山村の環境を守る活動に1994年から取り組んでいます。棚田や森林の保全活動に都市住民を巻き込みながら定期的に週末の活動を行うほか、平成24年九州北部豪雨からの復興を目指して棚田の保全活動に取り組む「笠原棚田米プロジェクト」や、国内外からボランティアを募り最長80日間の国際ボランティア合宿を行う「合宿ボランティア」などの活動を行っています。
    ◆山村塾HP http://sansonjuku.com/ 

    棚田での米づくり

    美しい棚田を未来へ

    山村塾は、地元の2軒の農家と、若手のスタッフを中心に運営しています。農家である宮園家は、お茶と椎茸、林業を営んでいます。椿原家は、有機農業にこだわりアイガモと一緒に米作りをしています。事務局の小森夫妻と豊国、原は全員Iターン。笠原の風景と人に惚れて移住してきました。
    山村塾のヤギは現在、ハナ(白)、コメ吉(黒)、チャバ(茶)の3頭。表情も性格もそれぞれ個性的です。みんな大好きな笠原の風景を守るべく、日々奮闘しています。

    ヤギ大好きな事務局スタッフです!

    ヤギと一緒に棚田を守る!

    福岡県八女市黒木町笠原地区は、石垣の棚田や茶畑、山林と言った美しい農山村景観が広がる地域ですが、4年前の九州北部豪雨災害により、急速な人口減少と耕作放棄地の増加が課題となっています。あちこちの棚田が草むらとなり、荒廃が進み、地域の風景が殺風景になってしまいました。またこうした棚田はイノシシの住処になるため、獣害の拡大にも困るようになりました。
    そうしたなかで私たちは、ひとつでも多くの棚田を保全し、美しい景観を次世代に継いでいくことを目指して活動しています。山村塾では今年度から新たに、災害以降耕作されなくなっていた1haの棚田の管理を始めました。しかし広大な棚田の草刈りはなかなか容易ではありません。
    より持続可能な管理を考えたとき、「笠原棚田牧場」構想が生まれました。ヤギを棚田に放牧して、継続的に草刈りをしてもらうのです。またそのために必要な牧柵とヤギの小屋の設置は、2017年2月に開催予定の、20日間の「合宿ボランティア」のメンバーたちと行いたいと考えています。

    今年から管理を始めた耕作放棄田

    棚田にはヤギの力が必要です!

    ヤギで地域が元気になる!!

    ヤギを棚田に放すことで、棚田の草を抑えることができ、美しい景観を保全することができます。棚田が良好な状態で維持されるため、再び耕作することも行いやすくなります。ヤギが縄張りを主張してイノシシを遠ざけることができ、獣害対策も期待できます。
    また、棚田に常にヤギがいることで、棚田周辺の住民や農家、笠原を訪れる人々への楽しみや癒しにもなり、笠原が楽しくなります。棚田への関心も高まりそうです。
    将来的にはヤギを増やし、ゆくゆくはヒツジも飼い、ヤギとヒツジで棚田を管理するモデルをつくりたいと考えています。除草剤やエンジンを使わない、エコで持続可能な棚田の維持管理方法としてフィールドを広げ、笠原地区だけでなく各地の棚田の景観保全にもつなげていきたいです。

    笠原棚田牧場のイメージ

    ヤギのいる日常をおすそわけします

    ご支援いただいたみなさまには、現在山村塾にいるヤギのポストカードでお礼のお手紙をお送りします。また金額に応じて、ヤギ小屋にみなさまの名前を書いた看板を掲示するほか、ヤギや笠原棚田牧場の様子をご報告する「ヤギニュースレター」を6回分お送りします。30,000円以上のご支援をいただいた方には、笠原の棚田で私たちが育てた農薬化学肥料不使用のお米をお送りします。ヤギと棚田の恵みをぜひお楽しみに!

    ゆかいなヤギのポストカードや棚田のお米をお送りします

    動物と人が楽しく棚田を管理する風景をつくるために、ご支援をお願いします!

    4年前の豪雨災害以降、笠原地区は人も減り、地域の誇りであった棚田の風景も一気に荒廃してしまいました。けれども今回のプロジェクトで、荒れた棚田にヤギを放牧し、将来的にはヒツジや牛、馬…と動物も増やし、楽しく棚田を守っていく仕組みと風景を作りたいと考えています。
    動物と人が一緒に楽しく棚田を守っていく…そんな賑やかな風景をつくる第一歩を進めるために、どうかこの「笠原棚田牧場」へのご支援をよろしくお願いします!

    棚田でヤギと人が楽しく活動できる場づくりを目指しています!

    ヤギさんぽ してみませんか?

    予算使途の内訳

    ・牧柵の設置費:15万円
    ・ヤギ小屋の設置費:8万円
    (材料費・設置を指導する大工さんの手間賃を含む)
    ・牧柵・小屋設置作業を行う「合宿ボランティア」の運営費:7万円

    • お気に入りに登録
      マイページに追加され、
      NPOからメッセージが届きます。
    • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

    寄付先の団体情報

    山村塾

    http://sansonjuku.com/

    福岡県八女市黒木町笠原地区を拠点に、棚田や森林といった農山村の豊かな自然環境を守ることをめざし、環境にやさしい米づくりやいろいろな生き物がすむ森づくりに、都市と農山村の住民とが一緒になって取り組んでいます。

    任意の金額で寄付する

    ※寄付は500円からできます。

    3,000寄付によるギフト

    ヤギさんからのお礼状

    ・山村塾特製ヤギポストカードのサンクスレターをお送りします

    現在の寄付人数 : 9

    配送予定日 : 14日以内にお届けする予定です

    配送可能地域 : 海外も含めて配送可能

    購入可能期間 : 2016/12/21 00:00 ~ 2017/02/01 00:00

    5,000寄付によるギフト

    ヤギ小屋にお名前を掲示します

    ・特製ヤギポストカードのサンクスレター
    ・ヤギ小屋にお名前を掲示します

    現在の寄付人数 : 21

    配送予定日 : 14日以内にお届けする予定です

    配送可能地域 : 海外も含めて配送可能

    購入可能期間 : 2016/12/21 00:00 ~ 2017/02/01 00:00

    10,000寄付によるギフト

    ヤギの日常をお届け!ヤギニュースレター

    ・特製ヤギポストカードのサンクスレター
    ・ヤギ小屋にお名前を掲示します
    ・ヤギや棚田牧場のいまを伝えるニュースレターを6号分をお届けします

    現在の寄付人数 : 7

    配送予定日 : 30日以内にお届けする予定です

    配送可能地域 : 海外も含めて配送可能

    購入可能期間 : 2016/12/21 00:00 ~ 2017/02/01 00:00

    30,000寄付によるギフト

    ヤギと棚田のもりだくさんセット

    ・特製ヤギポストカードのサンクスレター
    ・ヤギ小屋にお名前を掲示します
    ・ヤギや棚田牧場のいまを伝えるニュースレターを6号分お届け
    ・笠原棚田米(農薬化学肥料不使用)3kgをお届けします。

    現在の寄付人数 : 1

    配送予定日 : 30日以内にお届けする予定です

    配送可能地域 : 国内のみ配送可能

    購入可能期間 : 2016/12/21 00:00 ~ 2017/02/01 00:00

    50,000寄付によるギフト

    (残り1ギフト)

    メーメー(命名)権と、ヤギと棚田のもりだくさんセット

    ・特製ヤギポストカードのサンクスレター
    ・ヤギ小屋にお名前を掲示します
    ・ヤギや棚田牧場のいまを伝えるニュースレターを6号分お届け
    ・笠原棚田米(農薬化学肥料不使用)3kgをお届けします。
    ・新しくヤギが来たとき、または子ヤギが生まれたときの命名権

    現在の寄付人数 : 1

    配送予定日 : 30日以内にお届けする予定です

    配送可能地域 : 国内のみ配送可能

    購入可能期間 : 2016/12/21 00:00 ~ 2017/02/01 00:00