JapanGiving > NPO活動を支援する > 世界中の人が不自由なく、楽しく食事できる...
  • コミュニティー
  • 経済
  •  

世界中の人が不自由なく、楽しく食事できる環境をつくりたい!

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

終了しています
5

目標の寄付金額は700,000円に設定されています。


  • JAPANGIVINGの情報をフォローしよう!
  • 食のバリアフリーと外国人対応

    【神戸スタートアップ事業で支援しているチームです】
    詳細はこちらから → http://japangiving.jp/p/4635 

    「食べられるものがないから、夕食は諦めた」
    私たちが東京で出会った、イギリス人旅行者の言葉です。この言葉を聞いた時、何かがおかしいと感じました。

    私たちは2015年から飲食店の外国人対応のお手伝いをしています。その中で、「食べられないもの」を持つ外国人に数多く出会いました。特定のものを食べられない理由は、体質や宗教や信条など様々です。そして、彼らは日本での食事探しに非常に苦労していました。

    冒頭のイギリス人の場合はベジタリアンで、動物性の食材が食べられません。彼らは何件も飲食店を回り、英語と拙い日本語でベジタリアン対応を訴えましたが、すべての店で断られて疲れ果てていました。

    せっかく日本に来てくれたのに、満足に食事もできず、空腹のまま観光しなければならない。これでは、二度と日本に戻ってきてもらえません。

    食のバリアフリーを目指して

    この問題を解決し、誰でも不自由なく楽しく食事ができる環境を整えることが「食のバリアフリー」です。これを実現すれば、これまで食事探しの難しさから日本旅行をためらっていた人たちも、日本に来られるようになるはずです。

    第一歩としてのベジタリアン対応

    「食べられないもの」の代表例は、ベジタリアン、イスラム教の戒律(ハラール)、アレルギーなどです。こうした食の制限について、欧米ではすでに飲食店の対応が進んでいますが、日本ではまだまだ一般的ではありません。

    私たちは「食のバリアフリー」を実現するために、まずベジタリアンから取り組むことにしました。ベジタリアンに対応できれば、他の「食べられないもの」にも応用しやすいからです。例えば、一番厳しいベジタリアンの基準に対応できれば、アレルギーの症例数が多い特定原材料7品目のうち、4品目(卵・乳・えび・か)も同時に避けることになります。

    ベジウェル(Vegewel)の活動について

    私たちはベジウェル(Vegewel)という、ベジタリアン対応の料理を提供する飲食店を検索できるWebサイトを立ち上げました。しかし、今あるベジタリアン対応が可能な店舗を掲載するだけでは数が少なく、実用性に欠けてしまいます。

    そこで、飲食店にベジタリアン対応メニューの導入を働きかける活動を行っています。私たちはベジタリアン料理の専門店を増やそうとしているわけではありません。動物性の食材を使わない料理を数品だけ導入してもらい、ベジタリアンとそうでない人が一緒に食事できる場所を増やすことが目標です。

    また、食事を提供するのは飲食店だけではありません。旅館やホテルでもベジタリアン対応の料理を提供できる仕組みを構築し、受け入れ環境を整備していきます。

    レストラン検索サイトVegewel https://vegewel.com/ja/ 
    ヘルシーな食に関する情報サイト Vegewel Style http://style.vegewel.com/ja/ 

    御支援いただきたいこと

    【飲食店・宿泊施設の皆様のベジウェルへの参加】
    今回の出稿にあたり、みなさまへは寄付金の支援以外でも、少しでも大勢の方にベジウェルへ参加していただきたいと考えております。

    「食のバリアフリー」を実現するためには、より多くの飲食店・宿泊施設の参加が不可欠です。私たちがご提案するベジタリアンメニューは、ただのサラダではありあません。大豆ミートという食材を使用し、男性にも食べ応えのある料理を作ることが可能です。

    これはベジタリアンだけでなく、カロリーやコレステロールに気を使う方々にも好評です。ぜひベジタリアン対応の料理の導入を検討ください。
    詳細については、下記URLをご参照ください。

    http://style.vegewel.com/ja/restaurant-owner/ 

    <神戸市より>

    みなさまからいただいた寄附金は、いったん全額神戸市に収納されます。
    (ご寄附いただいたみなさまにとって「ふるさと納税」の扱いとなります)
    その上で、神戸市のスタートアップ支援として、各チームに対し神戸市から、
    寄付額の7割を活動資金として支給します。

    *いただいたご寄付の使途配分の詳細*

    ①ジャパンギビングさまへのシステム利用料(15%)
    ②神戸市のスタートアップオフィス事業への充当(15%)
    ③(神戸市のスタートアップオフィス事業として)スタートアップチームへの活動資金提供(70%)

    予算使途の内訳

    ベジウェルでは日本全国のベジタリアンに関する情報を集めるため、各地で取材を行いたいと考えています。そのための活動資金70万円をご支援ください。

    目標調達金額70万円

    • お気に入りに登録
      マイページに追加され、
      NPOからメッセージが届きます。
    • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

    寄付先の団体情報

    兵庫県神戸市

    http://kobe.globalstartupgw.com/

    神戸市では、多くの若者が集積・成長してイノベーションを創出する魅力的な街の実現を目指し、平成27年度より「ふるさと納税制度」を利用したスタートアップ(成長型起業家)の成長を支援する取り組みを始めています。

    この団体は寄付金控除対象団体です。
    領収書の発行依頼は こちらから。

    任意の金額で寄付する

    ※寄付は500円からできます。

    500寄付によるギフト

    500円超の寄付者の方も全てこちらから手続きを行ってください

    ※入力フォームで今回ご寄付いただく金額をご入力ください。

    株式会社フレンバシーからのお礼メッセージをお送りします。

    現在の寄付人数 : 2

    配送予定日 : 未定

    配送可能地域 : 国内のみ配送可能

    購入可能期間 : 2017/03/01 16:18 ~ 2017/03/10 23:00