JapanGiving > NPO活動を支援する > 未来を担う福島のこどもたちに「遊び」と最...
  • 子ども
  • 被災者
  • 教育

未来を担う福島のこどもたちに「遊び」と最先端科学技術の「学び」が詰まったキャンプを!

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

39

  • JAPANGIVINGの情報をフォローしよう!
  • 世界を変える力を、こどもたちに。

    2011年3月11日の東日本大震災と、それにともなう東電福島第一原発事故は、大きな自然災害であった以上に、私たちの社会自体に潜む様々な問題を露わにしました。私たち大人は、そうした問題に自ら取り組むことに加え、こどもたち自身がこれからのよりよい未来を切り拓いていけるように、その学びを支えていく必要があります。この活動では、福島の今を生きるこどもたちにとって、未来の社会を作っていくための糧になるように、さまざまな「答えのない問題」にこどもたちが挑戦し、新たな経験を積んでいけるような、そしてこれからの時代をともに歩んでいく仲間づくりができるような、たくさんの「遊び」と「学び」が詰まったキャンプを実施しています。

    走行型ドローンをコントロールする体験学習

    一般社団法人アカデミーキャンプについて

    私たち「一般社団法人アカデミーキャンプ」(2012年12月法人化)は、大学教員、キャンプ指導者、そして、こどもたちを支援する非営利団体のメンバーを中心とした集まりです。また、多くの社会人や学生たちが毎回のキャンプにボランティアとして参加してくれています。これまでに参加してくれた仲間たちの数は、2017年3月現在、230人を超えています。

    また、最先端の科学技術や、さまざまな研究課題、そして身体を使った表現や運動や、楽しい遊びをこどもたちに体験してもらうために、大学教員や企業の研究者、アーティストやアスリートたちを含め、数多くのプロフェッショナルたちがキャンプに講師として参加してくれています。

    学生たちが活動を支えています

    学生たちが活動を支えています

    キャンプの構成と必要な支援

    私たちは毎年、夏休みの期間に 4泊5日のキャンプを 2回ほど、また冬休みや三連休を利用した 2泊3日のキャンプを 1-2回、開催しています。それぞれ、20〜30名の小学生・中学生・高校生たちが参加します。スタッフは各キャンプ約10名です。家庭環境に依らずにより多くのこどもたちに参加してもらえるように、参加費は 4泊5日のキャンプでひとり 5,000〜8,000円、2泊3日のキャンプでひとり 3,000〜5,000円としていて、これまではボランティアを含むスタッフも同額の参加費を払ってきていますが、それらを合わせても実際にキャンプの実施に必要とされる費用には到底届かず、社会教育事業としての助成を受けて費用の一部を賄うこともありますが、多くはみなさまからのご寄付によって活動が成り立っています。

    未来を担うこどもたちのために、ご支援をよろしくお願いします

    予算使途の内訳

    4泊5日キャンプの予算 (約100万円) の内訳 :
    交通費 約45万円 (新幹線利用)
    宿泊費 約25万円
    食費 約15万円
    施設・材料・謝金等 約15万円

    チャレンジを作成する

    この団体の取組のためにファンドレイズ(寄付集め)を開始する

    • お気に入りに登録
      マイページに追加され、
      NPOからメッセージが届きます。
    • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

    寄付先の団体情報

    アカデミーキャンプ

    http://academy-camp.org

    アカデミーキャンプは、主として東日本大震災や福島第一原子力発電所事故の影響を受けた地域のこどもたちに、雄大な自然とふれあい、かつ、さまざまな最先端の科学技術や、スポーツ、アート等を体験できる、宿泊型で「遊び」と「学び」が満載のキャンプを実施しています。