JapanGiving > NPO活動を支援する > 病気や怪我に苦しまれている患者さんのため...
  • 医療

病気や怪我に苦しまれている患者さんのために、iPS細胞研究を推進します。

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

4,412

  • JAPANGIVINGの情報をフォローしよう!
  • 第6回大阪マラソンのチャリティランナーを募集しています

    CiRAは昨年に引き続き、第6回大阪マラソンのオフィシャル寄付先団体として認定されています。

    今年もCiRAのために、ご寄付を募ってくださるチャリティランナーを募集してい ます。

    <チャリティランナー募集期間:4月8日(金)10時 〜 7月29日(金)17時>
    詳細は下記URLをご覧下さい。
    http://www.cira.kyoto-u.ac.jp/j/newslist/other/160413-130000.html 

    iPS細胞研究基金の詳細・収支報告等については、以下のページをご参照ください。
    http://www.cira.kyoto-u.ac.jp/j/about/fund.html 

    「 iPS細胞研究所 」について

    京都大学iPS細胞研究所は、世界初のiPS細胞に特化した先駆的な中核研究機関です。

    2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥教授が所長を務めており、より有効な治療法を心待ちにしている患者さんのもとに、iPS細胞技術を届けることを目的として、研究に励んでいます。

    5つの研究部門

    iPS細胞研究所では、以下の5つの研究部門で研究を進めています。

    1. 細胞がiPS細胞に変わる仕組みを探る:初期化機構研究部門
    2. iPS細胞を増やしたり、様々な細胞に変える方法を探る:増殖分化機構研究部門
    3. iPS細胞で病気の原因を探り、より良い治療に活かす:臨床応用研究部門
    4. iPS細胞を使った臨床研究に必要な仕組みを確立する:基盤技術研究部門
    5. iPS細胞の倫理的、社会的、法的課題に取り組む:上廣倫理研究部門

    予算使途の内訳

    皆様のご支援は、以下のような形で活用させていただきます。

    ・知的財産の確保と維持
    ・優秀な人材の確保
    ・安定的な研究推進
    ・医療応用に向けた研究費

    チャレンジを作成する

    この団体の取組のためにファンドレイズ(寄付集め)を開始する

    • お気に入りに登録
      マイページに追加され、
      NPOからメッセージが届きます。
    • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

    寄付先の団体情報

    京都大学iPS細胞研究基金

    http://www.cira.kyoto-u.ac.jp/

    iPS細胞(人工多能性幹細胞)は、2006年に山中伸弥教授の研究グループが開発した日本発の技術です。私たちはiPS細胞を用いて様々な病気の原因を探り、新しい薬や治療法を開発するための研究を進めています。患者さんのために、一日も早いiPS細胞の医療応用の実現を目指しています。

    この団体は寄付金控除対象団体です。
    領収書の発行依頼は こちらから。