JapanGiving > NPO活動を支援する > 【熊本地震緊急支援】

【熊本地震緊急支援】

【熊本地震】避難所への支援を本格的に実施

2016 年 04 月 18 日 15:05

CIVIC FORCE
CIVIC FORCE
  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

熊本県で相次ぐ地震の発生を受け、熊本県と大分県では、19万人以上の人が避難所などでの生活を余儀なくされています。
Civic Forceでは、昨日夕方の「バルーンシェルター」(大型の緊急支援用テント)の設営に引き続き、「エマージェンシーテント」(小型の緊急支援用テント)160張を本日早朝より協定先の静岡県袋井市にある倉庫より運び出し、被災地に向けて発送しました。

静岡県袋井市からエマージェンシーテントを輸送

エマージェンシーテントは、床面積3m×5.5m(たたみ約10畳分)、高さ2.1m、1家族6名程度の収容が可能な大きさです。これは、国連機関が採用している仕様と同じスペックで、重さ約30kgのテントは折り畳み式で、短時間で設置が可能です。

これらのテントは、昨日バルーンシェルターを設置した益城町の総合体育館横の芝生広場などに設置される予定です。車中泊を続けている方や乳幼児や小さい子どもがいるご家族やペット連れのご家族などを含めより多くの方に活用いただく予定です。

また、避難所の生活環境改善のため、床材や照明、肌着などの調達も進めております。

皆さまの温かいご支援と応援メッセージに、スタッフ一同、励まされております。
引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。