JapanGiving > NPO活動を支援する > 【熊本地震緊急支援】

【熊本地震緊急支援】

【熊本地震】「地震以降初めての着替え。嬉しくて涙が出る」ー下着と靴下を配布

2016 年 04 月 19 日 23:10

CIVIC FORCE
CIVIC FORCE
  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

Civic Forceが災害時連携協定を結んでいるグンゼ株式会社から提供された肌着7000枚と靴下1000足が、本日益城町の避難所に到着し、避難している方々に配布されました。配送にあたっては、ハート引越センター(株式会社ニッシン・ロジスティク)にご協力いただいています。

グンゼの肌着7000枚と靴下1000足

相次ぐ地震の影響で、現在、熊本県と大分県では9万人以上が避難所や車中での避難生活を余儀なくされています。Civic Forceの緊急支援チームは、本日20時頃、益城町の総合体育館避難所で避難している方々に下着と靴下を配布しました。

地震発生後、総合体育館の駐車場の車のなかで生活しているという20代の女性は、「下着の配布は今回が初で、しかも新品。子どもが車のなかで食べ物をこぼしたり寝汗をかいたりするため、洗濯が必要だったが、飲み水も足りないなか、とても衣服を洗える状況ではない。子どもの着替えをさせたかったので本当に助かった」と話しています。

また、72歳の女性も「お風呂と洗濯は15日以降まったくできていなかったので、涙が出るほど感動した。肌触りのよいグンゼの下着が大好きです。本当にありがたい」と笑顔を見せてくれました。

本日、配布を開始した肌着7000枚と靴下1000足は、Civic Forceが災害時連携協定を結んでいるグンゼ株式会社から提供されました。配送にあたっては、ハート引越センター(株式会社ニッシン・ロジスティク)にご協力いただいています。