JapanGiving > NPO活動を支援する > 熊本地震で被災した女性のために、女性だか...

熊本地震で被災した女性のために、女性だからこそ必要な支援を提供したい!

熊本支援活動レポート4/30

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

4月30日、第二弾となる被災地での支援活動を行ってきました。

Girl Power支援活動の意義をあらためて確認!

4月30日土曜日。

熊本市、益城町、合志市の下記の施設、支援団体に支援物資の提供を行いました。

益城町 ひろやす荘(特別養護老人ホーム)様
合志市 ボーイスカウト熊本、宮崎ほかの合同支援基地様
熊本市 桜十字病院様
    熊本こども・女性被災者支援ネット様

今回の支援物資は、ブラトップ、ハンドクリーム、リップクリーム、ショーツ、日焼け止めクリームなど。
また、新潟県のネイルスタジオA(エース) 様から授乳ケープなど、株式会社サンルイ・インターナショナル様からデリケート・ゾーン用拭き取りシートをご提供いただきました。

今回は、九州出身の医師、薬剤師、理学療法士、栄養士など医療関係者からなる支援チームと合同で実施。前日の物資搬入から数えて述べ14名が参加。この日の現地でもクルマ3台、総勢10名のチームとなりました。

夜は、毎晩19時から開催されている熊本地震災害支援火の国会議に参加。

これは、熊本県、熊本市、熊本支援を行っている団体が参加する連絡会議で、各団体の活動を共有し、効果的な支援活動を行おうというもの。この夜は約60名ほどが参加し、熱気に溢れる議論が行われました。

火の国会議に参加して分かったことですが、やはり女性に特化した支援を行っている団体は他にはなく、あらためてGirl Powerの活動の意義も感じた次第です。

Girl Powerの活動に共感いただいた団体ともネットワークができ、今後はさらに活動の幅を拡大できる、そんな手応えを感じた夜でした。

Girl Powerの熊本支援活動はまだまだ続きます。ご支援、ご協力をお願いします。