JapanGiving > NPO活動を支援する > ~私たちとおなじ命を守る~熊本地震で被災...

~私たちとおなじ命を守る~熊本地震で被災した動物たちが安心して暮らせるまで支援したい

熊本県被災動物支援活動レポート

2016 年 05 月 21 日 00:10

清川しっぽ村運営委員会
清川しっぽ村運営委員会
  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

5月16日~5月19日の活動報告

本震より一か月以上が経過した今

熊本地震の本震が発生してから、1か月以上が経過しました。

昼夜を問わず余震が起こり、今日は私たちも地面の揺れにより目覚めた朝でした。
現在までに、余震回数は1500回を超えたとも言われています。

ここに暮らす人々や動物たちは、
本震の恐怖を体感し、繰り返される揺れと警報音に、
どれほど不安な夜を過ごしてこられたのだろう・・・。

今日も避難先で暮らす動物たちの今後に不安を抱きながら、
被災した建物で暮らせなくなった為に、敷地の片隅で繋留されているわんこさんたちの
様子を見るため活動を続けていきました。

そして、飼い主様の所有する建物の再建が落ち着くまでの間、一時預かりを行うため、
福岡県内の仮設シェルターへ、わんこさんを搬送しました。

今後も、被災地の変わりゆく環境とニーズに対応していくための方法を
検討していきながら、活動を進めて参ります。

迷子犬の保護と返還に走り回ります。

大丈夫。君のお家もきっと元通りになるよ。

一時預かり保護をしたにゃんこさんにも短い挨拶をします。

じっとうずくまる君のことが心配なんだ。