JapanGiving > NPO活動を支援する > 目標2000万円!シリア難民@トルコの子...

目標2000万円!シリア難民@トルコの子どもたちに学校を!

シリア難民@トルコの子供たちに学校を!「さくら小学校」開校式 報告

2014 年 10 月 20 日 17:46

シリア難民支援議員連盟
シリア難民支援議員連盟
  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
シリア難民支援議員連盟(超党派)は、クラウドファンディングの手法で寄付金を集め、トルコ・ハタイ県にシリア難民の子供たちのための「さくら小学校」を設立しました。

10月10日に行われた開校式の様子をご報告申し上げます。

多くの皆様から温かいご協力を賜り、本年7月に寄付の呼びかけを始めてから、3か月で開校式を迎えることができました。
300人の生徒と12名の教師からスタートです。教師も、シリア難民。「さくら小学校」は、子供たちへは教育を、先生には教壇を提供することができました。
ご支援をいただいた方々及び、現地関係者に心より御礼申し上げます。
 
開校式には、在トルコ日本大使館 横井裕大使、トルコ政府シリア難民担当調整知事Veysel DALMAZ氏、ヤイラダー市長Mehmet KALKAN氏、NGO団体キムセヨクム・マネージャーのMetin CETINER氏がご臨席されました。
開校式に合わせ、サッカーボールとノートを贈呈しました。サッカーボールはサッカー外交推進議員連盟からのご寄附、ノートはコクヨ株式会社からのご提供です。
子供たちは学びの場を得たことに、大変喜んでおり、現地では大歓迎を受けました。子供たちから日本への感謝の言葉を、ここに皆様にお伝えさせていただきます。

今後も、シリア難民支援議員連盟は、NGO団体キムセヨクム、トルコ政府と協力し、小学校が円滑に運営されるようサポートして参ります。引き続き、皆様からのご支援、ご協力をお願い申し上げます。

支援者の方々のお名前を仮掲示

開校式テープカット (横井大使・ダルマズ知事) 

サッカー外交推進議員連盟から サッカーボールを贈呈