JapanGiving > NPO活動を支援する > 行政の手続きや法律の知識がなく、泣き寝入...

行政の手続きや法律の知識がなく、泣き寝入りするスリランカの女性たちを救いたい!

「リーガル・アシスタント」になるためのトレーニングを受ける女性2人を紹介します

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

スリランカの農村には、暴力や不公正に苦しむ女性たちが多くいますが、彼女たちは法律や行政についての知識を持たず、頼りにできる専門家もいません。そこで、私たちアジア・コミュニティ・センター21(ACC21)では、地域の女性たちの中から、法律や行政について知識をもち、必要に応じて専門機関に助けを求められる「リーガル・アシスタント」を育てます!

地域から選ばれた「リーガル・アシスタント」候補生

スリランカの農村には、家庭内暴力や家族の不当な拘束など、暴力や不公正に苦しむ女性たちが多くいます。しかし、彼女たちは法律や行政についての知識を持たず、頼りにできる専門家もいません。そこで、私たちアジア・コミュニティ・センター21(ACC21)では、地域の女性たちの中から、法律や行政について知識をもち、必要に応じて専門機関に助けを求められる「リーガル・アシスタント」を育てます。

この「リーガル・アシスタント」候補生として、地域から選ばれた2人の女性の写真が現地から届きましたので、ご紹介します。

2人とも、これまで地域の女性組織のメンバーとして活動しており、「リーガル・アシスタント」として今後、さまざまな問題を抱える地域の人びとの問題解決にあたる強い意志をもっています。

2人がトレーニングを受けて「リーガル・アシスタント」としての知識と経験を積み、地域で活躍できるよう、ぜひ皆さまのお力をお貸しください。

インターン候補生のひとり、Pさん(中央)

インターン候補生のひとり、Mさん(右)