JapanGiving > NPO活動を支援する > 経済的困難に負けずに頑張る子どもたちにモ...

経済的困難に負けずに頑張る子どもたちにモリウミアス体験を!

クリスマスが楽しくない子どもたちに想いを③

2016 年 12 月 13 日 14:53

キッズドア
キッズドア
  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

【活動報告】理事長渡辺からのメッセージです

12月8日、クリスマスコンサートが開催されました!

お見送りをしていると、あるお母さんが
「キッズドアの○○さんは、いませんか?」
と、このコンサートの担当をしたスタッフを探していらっしゃった。

そのスタッフを連れてくると
「こんな素敵な機会にご招待いただいて、本当にありがとうございました。ぜひ、またこういう機会があったら声をかけてください。うちも母子家庭でなかなか、こういう場には連れてこれないので、ぜひ、これからもお願いします。」
と、何度も何度も頭を低く下げながら、お礼を言ってくださった。

その様子を見て、私はまた泣きそうになった。
そんなに、必死に頭を下げないでください、大丈夫ですよ、また、きっと機会を作りますから。お母さん、大丈夫ですよ。あなたはとっても頑張ってますよ、と心の中で声をかけた。

クリスマスに、家族で、ケーキを食べてプレゼントをもらう。
家族で、ちょっとお出かけをして、クリスマスの雰囲気を楽しむ。

そんな、本当に些細な幸せに手が届かない家族が、子どもたちが、日本にもたくさんいる。
みんなが楽しんで、「あそこに行った。」「ご馳走を食べた。」「これを買ってもらった。」と言うたびに、寂しいような、悲しいような気持ちを味わう子が日本にもたくさんいる。
クリスマス、ゴールデンウィーク、夏休み、冬休み、春休み、そういう普通の子どもにとっては待ち遠しくてしょうがない時間が、日本の貧困な子どもにとっては、普通の家と自分の家の違いを思い知る「とても残酷」な時間だったりする。

そんな状況を放っておいていいはずがない。
すべての子どもは、幸せになるために生まれてくるのだ。
一足早い、とても素敵なクリスマスコンサートで、バスで帰る子どもたちを見送りながら、
「来年も絶対にやらないとな」と思った。