JapanGiving > NPO活動を支援する > オリパラで子供達がバトンしたカンナを咲か...

オリパラで子供達がバトンしたカンナを咲かせるため球根10万個を育てる活動費をお願いします!

【活動のご報告】ワークショップ「オリパラを開催する本当の意味って何だろう?」を開催いたしました!

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

次世代で、オリパラを開催する意義について、自由に意見を出し合いました。

【活動報告】オリパラ開催の意味について次世代が考えました!

「オリパラって、そもそも何? 自由に意見を出し合ってみよう」

こんなところからスタートした、今回のワークショップ。
英治出版様のEIJI PRESS Labの真っ白な空間をお借りして、
自由な発想から2020年のオリンピック・パラリンピック開催の意義について
次世代の子ども、学生で話し合いました。

「せっかくやるのなら、意義のあるものにしたい。」
「じゃあ、意義のあるものを私たちが作ろうよ!」

オリンピック・パラリンピックを様々な角度で考え、
多くの意見を出してくれました。
そして、出た意見に対して、一つ一つみんなで検証していきます。

ここでは、「間違い」はありません。
普段どこか「これは正しい」「これは間違っている」と
評価するようにものを考えがち、または評価するように見られがちではないでしょうか?

でも、ここでは、参加したみんながそれぞれの意見にまずは耳を傾け、受け止め、
ともに考えるということをしてくれました。
その結果、初めは自分と違う意見を持っていると思っていた相手とも、
実は目指す方向が同じだったと分かり、自分の考えにより深いものをもたらしてくれたり。
なにより、付箋に意見を書いて出していくという方法は、それが誰の発言であるかという問題をなくしてくれます。出てきた意見について、皆で考える。
「誰が言ったから誰の責任」なんてことはありません。

参加してくれた皆さんは、皆で考えていくことってこんなに面白いんだ!ということを
身をもって体験してくれていました。

今回出た意見の中には、今後につながるキーワードやヒントがたくさんありました。
皆で考えたからこそ考えが洗練され、その結果出てきたものです。
これからこれをどのように次に繋げるか、次世代で引き続き考えていきます。


参加してくださった皆様、ありがとうございました!!
付箋に自分の意見を書いて貼っていきます。こうすれば誰の意見か関係なくみんなで考えられます

付箋に自分の意見を書いて貼っていきます。こうすれば誰の意見か関係なくみんなで考えられます

みんなから出た意見がどのようにつながるか…?付箋を動かして考えます。

みんなから出た意見がどのようにつながるか…?付箋を動かして考えます。