JapanGiving > NPO活動を支援する > 年末までに300人の赤ちゃんを救いたい!...

年末までに300人の赤ちゃんを救いたい!ーあなたの寄付でガーナの赤ちゃんに栄養をー

12/11(日)「歩く国際協力」クラウドファンディングに関する説明会を行いました

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

当財団が行う、歩く国際協力「Walk in Her Shoes 2017」キャンペーンのクラウドファンディングに関する説明会を行いました。参加者のみなさんとクラウドファンディングサイトの活用方法や、挑戦者の体験を共有し、新しいチャレンジについて話し合いました。

「歩く国際協力」クラウドファンディングに関する説明会開催

当財団が行う、歩く国際協力「Walk in Her Shoes 2017」キャンペーン。
「Walk in Her Shoes」は「彼女の身になって歩く」という意味。水汲みをする世界の女性や女子の現状を考えながら歩く、啓発キャンペーンです。このキャンペーン内でクラウドファンディングに挑戦するチャレンジャーを募集しています。集めていただいた寄付金は、 ガーナの赤ちゃんの栄養改善の活動に充てられます。

説明会にはクラウドファンディング挑戦に関心のある11名の方がご参加くださり、ジャパンギビング事務局次長 高橋麻子さんより「クラウドファンディングサイト活用とコツ」についてお話しいただきました。参加者の皆さんはメモを取って、熱心に聞いておられました。

続いて、2014年のチャレンジャー堀田淳さんより、「鼓動に耳をすませばプロジェクト〜東海道五十三次踏破にチャレンジ〜」のご経験をお話しいただきました。チャレンジ成功のための具体的なアクションに加え、ご自身の人生観の変化についても語っていただき、クラウドファンディングの奥深さを感じる発表でした。

その後参加者のみなさんと新しいチャレンジについて相談。
「GWを使って600kmを歩く!」
「ヒッチハイクでどれくらい移動できるか挑戦!」
「地域の人を巻き込んで水汲みの距離6キロを一緒に歩く!」
などアイデアの種がたくさん飛び出しました。

ユニークなチャレンジが生まれることを期待しています!
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。