JapanGiving > NPO活動を支援する > 春夏秋冬いつでもママが頑張ることができる...

春夏秋冬いつでもママが頑張ることができる拠点を作りたい~夏は涼しく、冬は暖かい空調設備を~

12月11日 クリスマスだけどおでん会!

2016 年 12 月 25 日 11:16

古賀すたいる
古賀すたいる
  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

この日は、近くでクリスマス市民祭があるとのことで、それに掛け合わせて
クリスマスだけどおでん会!というのにチャレンジしてみました。
そう、冬の寒さに、耐えられるのか!?

家にクリスマスツリーがない子どもたちも大喜び

子どもたちは、クリスマスツリーの準備から手伝ってもらいました。
恥ずかしながら、我が家には、クリスマスツリーがありません。
いつも、保育園のクリスマスツリーをみて、「家にあるといいな」と
言っていた息子も大喜び。娘と息子はツリーを組み立てるところから
大はしゃぎでした。

おでんは、食材を持ち寄ってくれた方には参加費を半額にするという
ルールで実施。闇鍋になるドキドキ感もありましたが、意外とかぶらないものですね。

そして、この日は、古賀市で機織りを教えておられる、彩り工房さんの先生が
かわいい、ボンボンの作り方を教えてくださいました。
来年の干支の酉を大人も子供も夢中になって作ってました。
ちなみに、作った人の顔になんとなく似るのは面白いものですね。

かぎ針初心者の娘さんも、小さなモチーフを編めるようになってました。
自分自身もかぎ針を覚えたばかりで、編むのに必死なのですが、
おでんが煮えるのを待ちながら、編んでいると、母が編んでくれてたなぁということを
思い出しました。子どもの時の記憶というのは、不思議なもので、ふとした時に
よみがえるものなのかもしれませんね。

いつか、この「わくわくサロン」で楽しんだことを、子どもたちが何かの時に
思い出してくれるといいな。

古賀すたいる 戸田