JapanGiving > NPO活動を支援する > 【笠原棚田牧場】棚田にヤギを放して里山の...

【笠原棚田牧場】棚田にヤギを放して里山の景観を守りたい!

笠原棚田牧場…とは!?

2016 年 12 月 30 日 19:32

山村塾
山村塾
  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

こんにちは!
このたびは山村塾の「笠原棚田牧場」プロジェクトに関心をよせてくださり、ありがとうございます。

クラウドファンディングがスタートしてから10日がたち、
15名の方々から、目標の50%をこえるご支援をいただきました。びっくりです…!
暖かいご声援を、本当にありがとうございます!!

こちらの近況報告では、棚田のこと、ヤギのこと、私たちの活動のことなどこれからご紹介していきたいと思います。

きょうのヤギ、きょうの棚田。

今日(12月30日)は山村塾事務局の仕事納めの日!ということで…
お正月のあいだヤギさんたちがおなかをすかせないように、
山へ芝刈りに行って、4日ぶんの”ヤギのごはん”を収穫してきました。
(ヤギさんは草だけでなく、竹や笹、シイ・カシ類の木の葉っぱも大好物なのです!)
こんもり積まれた竹や木の枝葉…なんという安心感。これで年越しも大丈夫。

そして、「棚田牧場」の候補地である棚田の下見にも行ってきました。
~~~
この棚田は、今年度から山村塾が、地元の方々から引き受けて管理をすることになった田んぼです。
以前は石垣がみごとであったこの田んぼも、
4年前にこの地域を襲った「平成24年九州北部豪雨」で土砂が流れ込み、橋も流され、耕作放棄地となっていたのでした。

さっそく今年の6月と8月に、国内外から集まったボランティアのみなさんと一緒に、人の手で草刈りを行いましたが、
約1ha・40枚(区画)の広大な棚田の草刈りは、なかなか容易なことではありません…。

そうだ!この棚田をよみがえらせるべく、ヤギさんたちの力を借りよう!
それがこの「笠原棚田牧場」プロジェクトのはじまりです。
~~~
今回は、柵を囲む場所や小屋を建てる場所など、どこがよいかの下見をしてきました。
一部水路が荒れていて水はけが悪く、湿地状態になっている場所もありました。
そうしたところの修復も必要になりそうです。

けれども、
ただ「草刈りをしなければ!」と思うと、途方もなく感じてしまうところですが
これからここに小屋をたてて、ヤギを放して、、と考えると
これはふしぎ、楽しく感じます…!

これからどのように展開していくのか!?
「笠原棚田牧場」プロジェクトを、一緒にわくわくしながらどうぞ見守ってください!
よろしくお願いします!
【つづく】

棚田の草刈りが得意なハナちゃん

年末年始のごはんがたっぷり!

棚田牧場の候補地、夏の草刈りの様子です。

今の棚田の様子。ここに柵を作りたい!