JapanGiving > NPO活動を支援する > 2017年4月まで熊本地震被災犬猫保護活...

2017年4月まで熊本地震被災犬猫保護活動を継続したい!

災害に備えて〜ペットを守るのは人です〜

2017 年 01 月 03 日 20:11

清川しっぽ村運営委員会
清川しっぽ村運営委員会
  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

各地で自然災害が発生している現在、
皆さまのご家庭では、どのような防災対策をされていますか?
お住まいの地域ではどうでしょうか。

私たちの活動本拠地である清川しっぽ村は、
自然豊かな山間にあります。
とっても素敵な場所なのですが・・・
もしも、大きな地震が起きたらどうなるのでしょうか。
崖崩れにより建物は沢の下に落ち、
土砂崩れによって容易に埋められてしまうかもしれません。
「人も犬猫も同じ命」の考えを大切に活動している私たち。
身動きが取れなくなれば、犬猫さんの命も守れません。
もしもの時には、
地域の被災した犬猫さんと飼い主さまのお役に立てるよう、
防災対策を確実にしていきたいと思っております。

先ずは人の防災対策を確認しましょう^_^

活動報告をご覧下さいましてありがとうございますm(_ _)m

皆さまは
どの位の人が、ペットと共に暮らしていらっしゃると思われますか?

ペットフード協会の調査によると、その数は年々増加しており、

2015年全国犬猫飼育頭数は1,979万1千頭
( 犬 : 991万7千頭 猫 : 987万4千頭 )

飼育率 犬 : 14,42% 猫 : 10,09%

平均飼育頭数 犬 : 1,24頭 猫 : 1,77頭
という統計が得られています。

災害が発生した時
飼い主さまが無事でいられなかったとしたら…
ペットたちはどうなってしまうのでしょうか。

ペットを守れるのは人( 飼い主さま )です。
先ずは、これをご覧になっているあなたとご家族の防災対策をして下さい。
そこにペットの事を組み込んで
各ご家庭のオリジナルな防災対策を完成させていきましょう!

1・ご家族構成は?
( 小さなお子さまがいる、介護が必要な方がいる など。)
2・ペットの種類や頭数は?
3・お住まいの建物や周辺の環境はどうですか?
4・ご家族のライフスタイルは?
(お仕事をしていて日中は不在が多い、など。)
5・ご近所付き合いや地域住民同士の交流は?

そして、様々なシチュエーションに合わせて
連絡方法や、どのように行動するか
などを考えましょう。

ご自身で決める事が難しい問題は、
ご近所の方、遠方に住むご親戚の方、地域の防災対策担当の方などと相談し、
一緒に考えて頂いたり、お願いをしてみて下さい。

災害はいつでも起こり得る、日常の延長線上にあるものです。
日頃から、家族のコミュニケーションや
職場や地域の方々との繋がりを大切にすることも
大事な防災対策ですね^_^

次回はペットの防災対策として、
持ち出し物品などをお伝えしてみたいと思います。

清川しっぽ村は人と人の絆を大切にしています♪

もしも、シャンプーの最中に地震が来たらどうする?

倒れそうなものはないかな?ガラスは割れないかな?

山道のお散歩で地震が来たらどうする?