JapanGiving > NPO活動を支援する > アジアの社会起業家を応援したい!―日本初...

アジアの社会起業家を応援したい!―日本初のアジアの社会起業家コンペティションを開催!

【ARUNスタッフブログ②】 ある“社会起業家”のお話

2017 年 01 月 25 日 16:42

ARUN Seed
ARUN Seed
  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

インドネシアで出会った社会起業家は、"社会起業家"を意識しない"社会起業家"でした。

ARUNのような社会投資家の使命とは。

突然ですが、社会起業家とはいったいどんな人々なのでしょうか?一般的に社会起業家とは、社会や地域の課題に新しい発想で取り組み、ビジネス的手法でその解決にあたる人達、と言われています。
が、もちろん資格を必要とするものでも、認定を受けるものでもなく、実態としてはその定義が難しいもののように思います。

本日は私がインドネシアで出会った社会起業家のお話をさせていただきたいと思います。CSIチャレンジのファイナリストになったBintang Sejahteraの起業家ご夫妻です。
元々ご主人のお父様がごみの収集により生計を立てて5人の子どもを大学まで行かせた、という生い立ちがあり、ごみビジネスの経済的リターンに着目してご夫婦でリサイクル事業を立ち上げました。

彼らは自分達のビジネスが社会的企業と呼ばれるものだとは知らなかったと言います。
そもそも、社会的企業という言葉そのものに馴染みがなかったようです。
それがインドネシア初のサンカルプフォーラムで大賞を受賞した際に、初めて自分達が”社会起業家“と言われるものであると知った、と笑っておっしゃっていました。
彼らにとっては、純粋に社会が、そして自分が必要とするビジネスを立ち上げただけに過ぎなかったのです。

“社会起業家”を目指した訳ではないけれど、結果的に“社会起業家”と呼ばれる存在になった。それはとても望ましい、ビジネスの目指す形の様に思いました。
彼らのような、隠れた“社会企業家”を発掘し、より発展していけるようサポートしていくことが、ARUNのような社会投資家の使命なのではないでしょうか。
これからも、ARUNは彼らのような素晴らしい起業家とともに、社会を少しでも良くしていく力になっていきたいと思います。その一つとして、この「CSIチャレンジ」を成功に導くべく、皆様の応援をどうぞよろしくお願いいたします!