JapanGiving > NPO活動を支援する > アジアの社会起業家を応援したい!―日本初...

アジアの社会起業家を応援したい!―日本初のアジアの社会起業家コンペティションを開催!

【スタッフのこぼれ話シリーズ①】プロジェクト企画~応募受付まで

2017 年 01 月 30 日 15:03

ARUN Seed
ARUN Seed
  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

こんにちは。ARUNスタッフの田中です。
これから3回に分けて、CSIチャレンジとクラウドファンディングのこぼれ話と題して、みなさまに舞台裏を少しだけお伝えしようと思います。ぜひ楽しんでご覧ください!

締切に駆け込みは世界共有!?

こんにちは。ARUNスタッフの田中です。
今回からCSIチャレンジとクラウドファンディング(http://japangiving.jp/p/4938)のこぼれ話として、運営に関する裏話を3回に分けてご報告したいと思います。まず今回は①企画~応募受付までのお話です。 

ARUNはこれまでも複数のアジアの社会的企業に投資を行ってきましたが、今回初めて、「CSIチャレンジプログラム」としてコンペティション形式にて投資先企業の選定を行うこととなりました。
テーマは「Innovation×Social Challenge for Next Generation」。
イノベ―ティブなビジネスで社会課題の解決を目指す起業家を募集しました。

初のコンペティション企画だったので、実際どれくらいの企業が応募をしてくれるのか?ほんの数社の応募だけだったらどうしよう…、魅力的な企業からの応募がなかったら…?と、募集を開始してからも色々と不安は募り、とにかく既存のARUNネットワークなどを通じて情報発信に努めました。

その結果、アジア8か国、53企業からの応募をいただきました!
そしてなんとその半数ほどは、応募締め切り前日~当日でのアプライでした…。
私自身、色々な締め切りに駆け込みで間に合わせることが多いので、アジアの起業家さん達もみんな同じような感じなのね~と変な部分にシンパシーを感じてしまいました。

そしてたくさんの応募に喜んだのもつかの間、この後怒涛の書類選考へと進むことになるのです・・・。次回に続きます!