JapanGiving > NPO活動を支援する > アジアの社会起業家を応援したい!―日本初...

アジアの社会起業家を応援したい!―日本初のアジアの社会起業家コンペティションを開催!

【スタッフのこぼれ話シリーズ②】書類選考のお話!

2017 年 01 月 30 日 19:06

ARUN Seed
ARUN Seed
  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

こんばんは。ARUNスタッフの田中です。
3回に分けて連載している「CSIチャレンジとクラウドファンディングのこぼれ話」ですが、今回はその第2回!ということで、書類選考の際の舞台裏を少しだけお伝えしようと思います!
このわくわく感が少しでも皆さまに伝わればよいのですが…!お楽しみください!

未だにガラケーの私って…(-_-)

さてさて、ありがたいことにたくさんの企業から応募をいただき、アジアの社会企業家からの日本のネットワークに対する期待を強く感じました。そして、大量の書類と向き合う選考作業が始まりました!

応募企業のセクター、バリエーションは本当に様々で、ヘルスケア、環境、農業といった一般的な分類が出来ないような新しい視点をもった企業もたくさんありました。特に多かったのはスマートフォンを通じたアプリケーションサービスを提供する企業です。社会変革をもたらすような市民活動のキャンペーンを発信するアプリ、ごみのリサイクルスポットについての情報発信をするアプリ、いわゆるフードバンク情報を発信するアプリ、等々…。

世界的にスマートフォンが浸透している社会状況を反映していて面白いな~と思いつつも、いまだにガラケーを使用している私自身は取り残されている感が更に強まりました…。

たくさんの企業の書類を読み込むのはとても大変でしたが、一つ一つのビジネスアイディアがとても興味深く、また世界を取り巻く様々な状況を学ぶ非常に貴重な体験をさせていただきました。この体験を、是非たくさんの方々と共有していけたらいいなと思っています。今後色々な形での情報発信をしていきたいと考えていますので、是非とも応援をよろしくお願いします!

では次回、③最終候補決定~ピッチ準備に続きます。