JapanGiving > NPO活動を支援する > 滋賀県の学習船「うみのこ」35年ぶりの新...

滋賀県の学習船「うみのこ」35年ぶりの新船が琵琶湖で子どもたちを迎えます!

「うみのこ」“食”シリーズ③ 2日目 朝食「和風焼魚定食」

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

 「うみのこ」“食”シリーズ第3回目は、2日目の朝食です。2日目の朝食にも、数多くの滋賀県の食材が使われています。まだ少し眠たい顔をしながら食堂へ集まる子どもたちの前には、いったいどんな料理が待っているのでしょうか。

滋賀県の“食”満喫!

 2日目の朝食「和風焼魚定食」には、滋賀県の“食”が満載です!まず、メインプレートには、琵琶湖で獲れたえびを使ったえび豆煮、琵琶湖で獲れたごりのかんろ煮、滋賀県産のますの塩焼と赤こんにゃく、続いて、琵琶湖で獲れたしじみと滋賀県産の味噌を使ったお味噌汁、ご飯は近江米となっています。
 いつも食べている食材、初めて食べる食材、子どもたちよって受け取り方は様々だと思いますが、滋賀県にはこんなにも多くの自然のめぐみがある、ということを感じられるのではないでしょうか。