JapanGiving > NPO活動を支援する > ALSと共に生きる〜FC岐阜前社長 恩田...

ALSと共に生きる〜FC岐阜前社長 恩田聖敬の新たな挑戦を応援したい!〜

【恩田さんの東京旅行記~その3~】2日目(後半)「大懇親会!!」

2017 年 03 月 16 日 17:32

恩田聖敬応援団
恩田聖敬応援団
  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

恩田さんは、1/28~30の三日間、東京へ旅行に行ってきました。
その様子を数回に分けて、同行した秘書坂田の視点からリポートいたします。
本日はその3、2日目後半。東京シンポジウム後の、懇親会の模様です。

縦の繋がり、横の連帯

東京シンポジウム終了後。
国際フォーラム地下で懇親会が開かれました。

橋本操さんやALS協会会長の岡部さんなど、ALS啓蒙や協会の活動に尽力され今もアクティブに飛びまわっていらっしゃる皆さんから、30代の若手患者まで、
多くの患者さんと介助者、医療・福祉関係者が日本中から集い、まあ賑やかなこと賑やかなこと。

会が始まり、皆様思い思いにお食事やお話、ご挨拶。
私も恩田さんがお話したい方に近づく為、ヘルパーさんと共に会場内を車椅子で動きまわります(笑)

恩田さんは、佐賀のALS患者中野玄三さんの大ファン。
幸せな在宅生活が綴られるブログを読んで、本人も奥様も元気をいただいています。
シンポジウムではお話する時間が取れなかった為ご挨拶に伺おうとするのですが
中野さんは大変な人気者。
ご挨拶に行こうとする度に、他の方がご挨拶にこられ、
恩田さんも他の方とお話をしている間に今度はまた別の方が中野さんの所に来られる、と言う按配。
結局、お話出来たのは懇親会の終盤になってやっと。
私は中野さんのヘルパーさん達と
「両思いなのになかなか会えないロミオとジュリエットみたいですね」と笑いあいました。

また途中、岡部会長にお声かけいただき、
恩田さんを含む30代患者さんが会場の一角に集まる一幕も。
互いに自己紹介をし、現在の状況、これからの目標等を語り合う皆さん。
終始、笑顔とエネルギーを感じる場でした。

私は、これだけのALS患者さんが集まり、
それぞれが自由に話し、飲み、食べ、挨拶を交わし交流をしている場を初めて見ました。
先輩患者さんが築いてきたものを受け継ぎ、
同世代の皆さんと繋がり、協力し、より良い未来に少しでも近づければ
こんなに嬉しいことはありません。

大変楽しく思い出に残る一夜となりました。


文末ですが、前回報告から期間が大変開いてしまった事をお詫び申し上げます。