JapanGiving > NPO活動を支援する > 歴史ある奈良の伝統の祭りと芸能の貴重な映...

歴史ある奈良の伝統の祭りと芸能の貴重な映像を未来に残したい!

トップページに「東坊城のホーランヤ」の映像サンプルをアップしました

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

VHS変換の映像を短縮したデータです

 毎年8月15日、奈良県橿原市坊城町内の五地区(大北、川端、弓場、出垣内、万田)と隣接する古川町で盆の松明行事である「東坊城のホーランヤ」が行われます。
 早朝より各地区では春日神社と八幡神社の氏子が別々にそれぞれの松明を作ります。菜種殻、小麦藁等を約2mの簾状にした青竹で巻き込み、最後に御幣エビと呼ぶ注連飾りを取り付けます。午後1時頃に春日神社に弓場、川端、大北、出垣内の順に宮入りし、計4基の大松明(本松明)と2基の役松明(弓場、川端)が拝殿に向かって並べられます。神事(祭典)の後、役松明、大松明が最初は点火せず、続いて灯明の火を点けて順に境内を周回します。
 午後3時半には八幡神社に大北、川端、弓場、万田、出垣内から大松明が1基ずつと古川町から2基の計7基の大松明、3基の役松明(大北、出垣内、古川)が宮入りし、先程と同様に男たちは3本のオーコで大松明を神輿のように担ぎ、途中で大きく揺すり、一同でかけ声をあげます。7基すべての点火、周回が済むと、最後に拝殿前に並んだ役松明に氏子総代が火を点け、全員の手締で行事が終了します。ホーランヤの由来についてはあまり詳しいことはわかっていませんが、村に干魃や虫害、疫病などの災厄をもたらす死霊・怨霊や疫神を供養し、遷却(せんきゃく)するための松明行事で、柱松の系統に属する精霊送りの盆行事(送り火)の一種とも考えられます。
 昔、八幡神社境内東南の隅に大北の上の車屋という油搾りを営む旧家の墓があり、これを清浄な社地から忌部山の麓に移動、その後に出現した亡霊を退散するために松明を燃やしたという伝承が地元には残っています。雨乞い、疫病退散、虫送りなどの説もあるようです。県内では盆の大松明は奈良市池田町の広大寺池での夕刻の行事がありますが、東坊城のほうらんやは燃えた巨大な松明を炎天下に担ぎまわる盆行事としてたいへん見応えがあります。