今年度2件目、岡山県は2回目開催致しました❢❢

岡山県の日本赤十字社岡山県支部を会場に研修を行いました。
当日は36名の方が受講され中には2年連続の方が1名おりました。毎年研修を受講して頂きありがとうございました。

災害医療ACT研究所

作成日: 2016/07/04 15:22

プロジェクト: 災害医療スペシャリストを育成したい!

LINEで送る

詳細

6月19日

受講された皆様からアンケートに頂いたご意見・ご感想を一部ですがご紹介させていただきます。

●一日の研修でしたが、とても大変でこれが24時間、何日間も続くと思うと本当に大変なことだと思った。実際に起こると、とても大変だと感じた。実際に体験できて、とても勉強になりました。疲れましたけど有意義な研修でした。

●実践的な研修非番に有意義な内容だったと思います。日頃知っているつもりになっている事がいざという時、どうだったか分かっていない事が多々ある事に気づかされました。本日はありがとうございました。

●実際の現場をイメージしやすい構成で良かったです。災害の支援チームして経験はありますが受け入れる側の大変さや判断の重要性、各個人のスキルを求められる事など学ぶが多かったです。各圏域ver、関係団体と一緒に演習してもいいと思います。

●質の高い情報を的確に取る必要性と1度で取れない場合も、落ち着いて分からない事を再度把握するなど、チームでの対応ができていく、事前(平時)の情報もっておく事。(県内の情報、地域内の情報)備えておく必要性を強く感じています。職場にかえっていざという時に役立つように復習していきたいと思います。
ありがとうございました。

●タフな研修内容でした。充分に楽しませていただきました。ありがとうございました。気仙沼(PCAT)熊本(JMAT)と災害支援に産しましたが、やはり皆さん苦労されていました。我々が活動できる状況にならないといけないのですが、そのような状態にならないといけないのですが、そのような状態になればそれなりに動く気ができると思います。

前の記事へ 次の記事へ