自然再生活動(基盤整備)を実施しました

2017/03/19 再生計画(環境要因配置)に基づき、フィールドワーク-基盤整備を実施しました

詳細

位置づけ

今回基盤整備を実施する対象サイトは、原状では、高茎草本(ネザサ)の全面過剰繁茂域だった田面で、この全面繁茂する高茎草本を有効活用して、湛水による抑草効果に関する検証実験を計画しています。
湛水構造を創出するため畦畔築堤を行いました。
詳細はhttp://naturefund.naturescape.co.jp/project.html?log=009&site=2015003&user=Gyjs&mode=0m&pass=0e5ZKWr&seq=RgnGB

Thumb c65a7d45 0cf7 4808 bee6 1aeb072f998d

畦畔築堤のようす・・・完成まであと少し