発災から1週間、患者の救急搬送から避難所サポートまで

豪雨災害発生直後から情報収集を開始した Civic Force は、パートナー団体とともに緊急支援チームを結成。ヘリでの調査が可能となった 7 日には、上空から広島や岡山を中心に浸水地域を調査し、翌 8 日に医師や看護師、 救助犬、パイロットを含むレスキュー隊員を派遣して、岡山県倉敷市真備町の病院に取り残されていた患者全員を救急搬送しました。 その後医療チームでは、市内の各避難所をまわり、特に医療支援を必要とする薗小学校1年1組の教室で、体の不調を訴える人の診察や深部静脈血栓症(DVT)検診などを続けています。9日からは岡山だけでなく広島県佐原市でも避難所への物資配布などの活動を続けているほか、土砂くずれの現場近くなどで救助犬による行方不明者の捜索活動に当たっています。刻一刻と変わる被災地のニーズの情報や支援活動についてホームページなどで毎日発信しています。http://www.civic-force.org/news/

CIVIC FORCE

作成日: 2018/07/14 03:34

プロジェクト: 【西日本大雨洪水支援2018】寄付受付を開始!

LINEで送る

詳細

Thumb 7e2abc07 2af0 447f b7f2 35d969532166

さまざまな緊急支援物資の調達・配送は連携企業との協力により実現

Thumb fbe5ca61 bff3 423b 911f 8b6e8811af7b

発災直後、上空から被害状況を調査

Thumb 0cda0b5b 4725 4e70 8734 76eaccb17d23

自衛隊と協力して取り残されていた患者を救出

Thumb 6bad2482 3c76 43ce 9dda e23fcc5493de

医療支援のコーディネート役を担う稲葉医師

Thumb 8997c9ce 2597 4f57 9265 0e435d81a84c

行方不明者を捜索する救助犬

Thumb 3c79989e 898a 4a8c a1b8 19203f38618f

水や食糧、衣料、衛生用品などの緊急支援物資を運ぶ根木事務局長

次の記事へ