譲渡完了いたしました。

本日8月2日9時から奄美のノネコセンターの2階で講習会が有りました。講師は奄美猫部の部長さんでした。講義を受けたのは、ケルビムの代表、中村と獣医師の小澤と奄美の方の3名でした。
その後、1人ずつ猫を保護飼育している部屋に移動し、捕獲された猫2頭に会いました。
猫の保護室は、白くて清潔な部屋で、ケージが3段3列で置かれた棚が3か所あり、茶トラのオスの子、白キジブチのメスの子がいました。
茶トラのオスの子は、かなり警戒していて、ケージの奥でうずくまっていました。推定年齢5〜6歳のオジさん猫で、ケンカ傷だらけっぽい感じです。歯も折れているそうです。血液検査の結果、エイズ陽性であることがわかっています。
白キジブチのメスの子は、よく鳴いていて、怯えてはいるものの人馴れはしやすそうな子でした。

詳細

アマオちゃん♪

本日、8月2日に奄美大島より譲渡を受けたノネコちゃんは、奄美大島でマイクロチップの装着と去勢手術を済ませてから沖縄に空輸して頂く事になりました。
名前は、アマオちゃんだそうです。アマオちゃんが沖縄に到着しましたらご紹介させて頂きます。

茶トラちゃんケルビムへ!

ケルビムとしては、引き取り手がない子の命を救うために引き取るので、白キジブチのメスの子は奄美の方へ、茶トラのオスの子がケルビムへ譲渡されました。
今回、1頭は奄美大島内の方が引き取ってくださって、本当に良かったです。
ケルビムで今回引き取りが決まった子は、エイズ陽性で、まだ警戒心が強いですが、いつかは人馴れして、できれば里親が見つかってくれるといいなと思います。
野生生物も猫も同じひとつの命なので、それを守るために、ケルビムがてきることをしていきたいと思います。宜しくお願い致します。(代表:中村)

Thumb f7106a0f 6c61 4d57 83a5 2c857ac5814b

子供たちが描いた動物愛護のポスター

Thumb 6e2f73d1 dbf2 46d1 a21a aae21342abd1

譲渡認定証

Thumb 6a61b0ee c164 4b5e 8766 39a9695992f4

書類に記入中の代表中村