【西日本豪雨】支援活動レポートを発行しました

西日本豪雨から4か月以上が経ちました。河川の氾濫や土砂災害で200人以上が亡くなった被災地では、その後の大型台風で被害がさらに拡大。避難所から仮設住宅などへ移った今も「生活は一変したまま」という人が大勢います。豪雨の影響で企業や福祉・医療施設の廃業が相次ぎ、人口減少という新たな課題に直面する街もあります。被災した街の再生は、まさにこれからが正念場なのです。

4カ月に1度発行しているニュースレターでは、西日本豪雨をはじめ、北海道地震の被災者支援活動や東日本大震災「夢を応援プロジェクト」 の一環で実施した奨学生向けの特別研修プログラムについてご紹介しています。
http://www.civic-force.org/news/news-2015.php

CIVIC FORCE

作成日: 2018/11/18 13:57

プロジェクト: 【西日本大雨洪水支援2018】寄付受付を開始!

LINEで送る

詳細

腸もみでスッキリ元気に!

「被災後、野菜不足で便秘がちだったけど、すっきりした!」

「施術後すぐ排泄につながった!」

「腸が伸びたようなかんじ!」

西日本豪雨の被害から1カ月以上が経過しましたが、今も3600人以上の方が避難所に身を寄せています。酷暑の中、避難生活の疲れや体調不良を訴える方も多くいます。

そんな避難者の方に向けて、緊急合同支援チーム(CF/A-PADジャパン/PWJ)は、8月4日から岡山県倉敷市真備町の薗小学校などで、”腸もみ”のサービスを開始しました。

「腸は健康の要。避難生活のストレスや栄養の偏りなどで免疫が下がり体調不良を感じている人に、腸もみで少しでも元気になってもらいたい。自律神経を正常に導きやすく血流もアップすると思います」。こう話すのは、チームメンバーで腸もみセラピストの中尾美樹です。続きはこちらから→http://www.civic-force.org/news/news-1924.php

CIVIC FORCE

作成日: 2018/08/16 16:19

プロジェクト: 【西日本大雨洪水支援2018】寄付受付を開始!

LINEで送る

詳細

Thumb c14c3277 4ce1 4fbf ab0a c702c16884ef

「被災後、野菜不足で便秘がちだったけど、すっきりした!」と好評の腸もみ

前の記事へ 次の記事へ