【被災地支援】子どもたちの施設に人形を送り続けたい!マリオネット作家の想い

91f0306c 0aac 4bb0 90d9 66abb1938743
このプロジェクトは目標金額の達成に関わらず、決済されます。支援申込後のキャンセルはできません。
この団体は寄付金控除対象団体ではありません
支援額

¥ 202,200

支援者

28

残り日数
随時受付
0f16d96d 9da0 432d b0ce 9b5195eca7ca

プロジェクトオーナー

オレンジパフェ

東日本大震災・熊本地震などの被災地域の幼稚園、保育園など子ども達の施設にマリオネットを制作し、現地で実演・寄贈するプロジェクト。

支援金の使途

オレンジパフェの活動、運営にかかる経費

子どもたちの施設に人形を送り続けたい!マリオネット作家の想い


子どもたちの施設に人形を送り続けたい!マリオネット作家の想い

「わあ〜かわいい!」

子供達の歓声とともに、認定こども園の教室中がいっぱいの笑顔で溢れました。視線の先にあるのは、まるで生きているかのようにコミカルに動いて踊る、一体のクマの操り人形です。

人形を操っているのは、マリオネット作家オレンジパフェ。2017年2月、自らが作った操り人形を手に私が訪れたのは、「認定こども園みどりの里」です。2016年4月に発生した熊本地震で被災した熊本県御船町に位置するみどりの里では、未だに園舎にヒビが残っているといいます。

みどりの里の園長先生は、「体の不調を訴えたり、喧嘩が絶えず、日頃と違う姿が見られたので、ちょっと心配していた子どもたちも見られたんですけど、今日の笑顔を見てすごく嬉しかったです。」と、ホッとしたような笑顔を浮かべて話してくれました。

     

私はこれまでに、福島や熊本のおよそ40カ所の施設に、手作りの人形を寄贈してきました。昨年、震災にまつわるラジオ番組を聞き、「自分に出来ること」は何かと考えたのがきっかけで始めたこの活動も、一年が経過しました。

2016年5月に初めて熊本の被災した現場を訪れた私は、そのあまりの被害の大きさに、「自分の思いは役に立つのだろうか」と感じました。それでも一年、こうして活動を続けてこられたのは、たった1体の操り人形が生む、たくさんの笑顔でした。

人形はひとつひとつ、手作りで心がこもった私の作品。一体の人形を作るのに、およそ2週間はかかります。通常は4万円ほどで販売しているものですが、子供たちのため、無償で提供しています。また、関東から福島や熊本までの交通費は自己負担。一人で行うには、費用や手間は大きくのし掛かります。

少しでも、幼稚園や保育所に通うのが楽しみになってくれたらと願い、子供たちから求められる限り今後も続けていきます。

LINEで送る

このプロジェクトをシェアしよう!

支援コメント(30)

Default

TAKAO

子供達に笑顔と、想像・創造の種をまいてください。

Default

かさこ

恵比寿ガーデンプレイスでの個展で、お話を伺った者です。オレンジパフェさんの活動に大変心を動かされました。また、とても親切に人形のことや被災地での活動についての説明をしてくださり、短くてもとても楽しい時間を過ごすことができました。微力ながらお手伝いさせていただけますと幸いです。酔どれ天使の人形が最高に可愛かったです!

Default

あっとちゃん

活動にお役立ていただければうれしいです。

Default

恵比寿新聞タカハシケンジ

オレンジさんの素晴らしい活動に「自分もなにかできることを」をいつも勇気づけられています。ありがとう。

Default

BRIDGE KUMAMOTO

私たちは熊本の復興支援団体です。熊本地震をきっかけに設立しました。西原村の川野さんのご紹介で、このプロジェクトを知りました。熊本の子どもたちが一人でも多く笑顔になればと思い、寄付させていただきます。 この寄付金は、私たちの作っている「ブルーシードバッグ」の売上の一部から出させて頂いております。「ブルーシードバッグ」は熊本地震で大量に発生した、廃棄ブルーシートを回収・洗浄してトートバッグにしたものです。「ブルーシートをブルーシード(復興のたね)に」というコンセプトで、活動を続けています。 お買上げのお客さまには、売上の一部を「仮設団地」や「支援団体の支援」などに使うことをお約束して、ご購入頂いております。 熊本に住むものとして、まだまだ被災地へのハード・ソフト両面でのご支援の必要性を感じております。このマリオネットの活動を通じて、少しでも多くの人たちが被災地に目を向けて頂ければ、こんなに嬉しいことはありません。これからもよろしくお願いいたします。

Default

まっく

子供達の為に頑張って下さい!