【通年受付】ボルネオ島での日本人による野生オランウータンの長期野外調査を継続したい!

7982818e 30ff 4660 a48c 2ba9cde3ce02
このプロジェクトは目標金額の達成に関わらず、決済されます。支援申込後のキャンセルはできません。
この団体は寄付金控除対象団体ではありません
支援額

¥ 352,706

支援者

58

ファンドレイザー

0

残り日数
随時受付
5b45f2ac f78a 47a3 a98a 27983aa3314f

プロジェクトオーナー

日本オランウータン・リサーチセンター

オランウータン・リサーチセンターは、野生下や動物園で行われている、オランウータンを対象とした行動や生態等に関する学術研究を支援しています。オランウータンの魅力や生態、能力に関する最新の知見、絶滅の危機に瀕している彼らと日本との関わりを伝える為に、日本国内で啓蒙活動を行っています。

支援金の使途

ボルネオ島でオランウータンを追跡調査している、現地調査助手の給与(1人につき10万円/月)、雨具やザックなどの調査に使う消耗品など。

-


1ヶ月の調査を行う為に10万円が必要です

マレーシア人調査助手

マレーシア人調査助手

調査を継続する為には、現地で働くマレーシア人の調査助手2名の給与として、1ヶ月に最低10万円、年間120万円が必要です。
研究助成金を使って、海外で人を雇用することは、研究資金の不正使用防止の観点から制限される傾向にあり、年々難しくなっています。
そこで、「日本オランウータン・リサーチセンター」では、オランウータンをはじめとするボルネオ島の野生生物や長期野外調査に関心のある一般市民の皆さんからご寄付を募り、ダナムバレイでの長期調査を支援したいと考え、このプロジェクトを立ち上げました。
ご寄付は1回限り(500円以上)と継続(500円以上/月)の2種類が可能です。
ご寄付いただいた全員に、年1回発行するニュースレター「おらけんニュース」(PDF)をお送りします。
また年間6000円以上ご寄付いただいた方には、野生オランウータンの写真データ1枚/年をお送りします。
皆様の継続的なご支援を、どうぞよろしくお願い申し上げます。

謎に包まれた「森の人」、オランウータンの生態の解明を目指して

野生オランウータンの母子

野生オランウータンの母子

オランウータンは、チンパンジーやゴリラと並んで、遺伝的に私達ヒトにとても近いので、「ヒト科」に分類されています。
チンパンジーと同等の高い知性をもっていますが、アフリカに住むチンパンジーやゴリラとは異なり、アジアで誕生し進化してきました。
チンパンジーやゴリラは群れを作って生活していますが、オランウータンは群れを作らず、単独で生活しています。
また高さ10~50mの熱帯雨林で暮らしていて、移動はもちろん、休息(睡眠)・食事・排泄や育児、交尾など全ての行動を樹上で行い、地面に下りてくることがほとんどありません。
群れを作って地上を歩いて移動することが多い、チンパンジーやゴリラに比べて長時間、継続して観察することが難しく、研究があまりすすんでいません。
しかし現在、生息地である東南アジアの熱帯雨林は、森林火災や農地開発によって急速に破壊されていて、彼らは絶滅の危機に瀕しています。

日本人の若手研究者が中心になって運営しています

調査助手、研究者と地元学生(KSDRS前にて)

調査助手、研究者と地元学生(KSDRS前にて)

ダナムバレイでのオランウータン調査は、オランウータン・リサーチセンターの副所長金森朝子(現:京都大学霊長類研究所・研究員)が、博士課程の大学院生だった時に開始しました。2005年より事務局長の久世濃子(現:国立科学博物館・日本学術振興会特別研究員)が加わり、その後、田島知之(現:京都大学理学研究科・教務補佐員)などの大学院生や現地の若手研究者・学生が調査を行ってきました。それぞれの研究者が、独自のテーマ(採食生態、繁殖生態、生理学、等)で研究する一方、研究資金を出し合い、協力して調査を継続してきました。
2010年には京都大学野生動物研究センターが、保護区を管理しているサバ財団と共同で調査地内に「クアラ・スンガイ・リサーチステーション(KSDRS)」を設立し、現在はKSDRSを調査基地として使用しています。
ダナムバレイで調査を始めた経緯や、調査の詳しい内容は、金森朝子(著)2013年「野生のオランウータンを追いかけて」(東海大学出版会)で詳しく紹介されています。

貴重な生息地での長期調査の継続を目指して

観察風景(画面中央にオランウータンのコドモ)

観察風景(画面中央にオランウータンのコドモ)

日本人の若手研究者達が2004年から、ボルネオ島北部のダナムバレイ森林保護区で、野生オランウータンの調査を継続しています。
ダナムバレイでの調査は、日本の公的機関や民間の研究助成金、京都大学および現地の関係する組織や研究機関の協力のもとに運営されてきました。
しかし、ほとんどの研究助成金は助成期間が3年程度と短く、安定した財源が不足しています。
オランウータンは成長が遅く寿命が長いので、その生態を解明するには、数十年以上の長期調査が必要です。
しかし現在、10年以上調査を継続している調査地は、ダナムバレイを含めても世界に6ヶ所しかありません。
オランウータンの生息地は、農地開発や木材生産を目的とした森林伐採により減少しているだけでなく、今後は地球温暖化による植生や気候の変化により、さらに大幅に縮小する、と予測されていますが、ダナムバレイは2080年以降も存続可能な数少ない生息地としてされています(doi: 10.1111/gcb.12814)。

11月に開催するイベントのお知らせ

11月にSAGAシンポジウムでのブース出展や、大阪でオランウータンの画の個展の開催、類人猿に関...

日本オランウータン・リサーチセンター

2017/10/30 02:37 もっと読む

オランウータン倶楽部公開講演会のお知らせ

2017年7月17日(土)に北海道の旭山動物園で、下記のようなオランウータンに関する講演会が開...

日本オランウータン・リサーチセンター

2017/04/18 13:21 もっと読む

オランウータンの保全に関する講演会のお知らせ

直前のお知らせになってしまいましたが、インドネシアでオランウータンの保全に取り組むローカルNG...

日本オランウータン・リサーチセンター

2017/04/13 09:44 もっと読む

1月30日~2月13日のボルネオ島調査報告

1~2月に、事務局長の久世がボルネオ島・ダナムバレイで調査を行ってきたので、概要を報告します。

日本オランウータン・リサーチセンター

2017/02/15 15:12 もっと読む
LINEで送る

このプロジェクトをシェアしよう!

このプロジェクトを支援しているファンドレイザー(0)

支援コメント(100)

Default

no name

「オランウータン 森の哲人は子育ての達人」を大変興味深く読ませて頂きました。 オランウータンの生態がもっとよくわかり、地元の方の理解促進やエコツーリズム等の持続的な支援方法が見つかればと思いました。(昨年、ウガンダにゴリラウォッチングに行きました。確かに、陸上生活を営んでいる彼らと違って、オランウータンのエコツアーは中々難しいのだろうと思いました。)

Default

齊藤 雄一朗

大好きなオランウータンが絶滅しないように、支援金以外にも、一般人でも出来る工夫を心がけて行きたいです!

Default

no name森海人

オラウータンが大好きなので支援させていただきます❣️

Default

Lydia

先日、多摩動物公園での講演会に参加させていただきました。野生のオランウータンの様子、現地での保護活動の様子などとても興味深かったです。少しですが寄付させていただきます。

Default

Marinche

調査をご継続していただくことで、オランウータンとその生息環境が守っていけるように、ささやかながら応援させていただきます。

Default

矢部 由美子

とても大変な活動ですね。立派に続けていって下さい。ほんの少しですが応援してます。