産後ケアがあたりまえの世界をつくる

74bf0930 6d7e 40a8 a3dc c45badf9f928
この団体は寄付金控除対象団体ではありません
支援額

¥ 10,000

目標金額:¥100,000

10%

残り日数

無期限

支援者

1

8f9d5648 c04a 4020 a7ef aac4f5e96846

ファンドレイザー

吉岡 マコ

自己紹介

よろしくおねがいします。

このプロジェクトを応援する理由


活動内容①

その解決のためには、母となる女性だけでなく、それをとりまく全ての人が、出産後にも手厚いケアが必要であるという認識と、男女共に心身が健康な状態で子育てをスタートできるための知識と技術を持つことが必要である。

それを実現するための社会的なインフラを構築するべくNPO、行政、企業、医療、教育機関が協力することが必須である。

出発点と解決したい課題

日本の少子化問題は現代の大きな社会課題であるが、その議論のなかでいつも抜け落ちている事柄がある。それは、出産し母になった女性の心と身体の健康の問題である。妊婦へのケアが充実している日本の母子保健は、国内の新生児死亡率を0に近づけ世界的に評価されている。その一方で、旧来の文化的・教育的問題から、出産後のケアの必要性は認識されていない。

その結果、産後うつ、乳児虐待、早期離婚、女性のM字カーブに象徴される就労意欲の低下など、産後が起点となるさまざまな問題が生じている。

実現したい未来

こうした産後女性のニーズを満たす産後ケアの教室「産後のボディケア&フィットネス教室」4回コース(1カ月)を、現在13都道府県50カ所で20人の認定インストラクターが開催している。昨年の受益者は6000人、その数を2020年には年間5万人に増やしていきたい。この数は全国の出生数の5%である。

母親の健康は、家族の健康の土台であり、良好な夫婦関係の基礎であること、子どもの健やかな育ちを願うならば、そのもっとも身近にいる母親の健康が最優先されるべきであるという認識が、社会のスタンダードになるよう、「産後ケア」が当たり前の社会を目指し、NPO法人マドレボニータは、産後ケアの教室の提供、インストラクターの養成、産後ケアにまつわる調査・研究・開発・啓発に尽力する。

※このチャレンジページよりいただいた皆さまの寄付は、社会イノベーター公志園運営事務局を通じて、こちらのページのチャレンジャーに引き渡されます。

活動内容②

NPO法人マドレボニータは、1998年より産後に特化した、心と身体のヘルスケアプログラムを開発し、研究し、普及してきた。

その過程で、産後ケアには「受けるケア」と「取り組むケア」が必要であるということがわかってきた。出産のダメージから回復するための1カ月間、寝たきりで養生するための「受けるケア」。1カ月間養生したあと、産後2カ月以降は、体力を回復させ、社会復帰への準備をするリハビリつまり「取り組むケア」が必要である。また、回復が必要なのは体力だけでなく、出産後、家庭のなかにひきこもりなかなか外にでられない生活のなかで失ってしまった「言葉」を取り戻すこと、つまりコミュニケーションの機会が必要であるということも明らかになった。

LINEで送る

このプロジェクトをシェアしよう!

支援コメント(1)

9742de8e 47fb 4bbe 8b37 0ca28db1d082

安渕聖司SeijiYasubuchi

社会イノベーター公志園の半年で、マドレボニータの更なる発展のアイデア、プランが出せるよう、実現したい未来が少しでも近づくよう、一緒に考えて行きましょう!