SEKAI NO OWARI 動物殺処分ゼロプロジェクト「ブレーメン」スタート!

60fe10c4 b5d4 4899 a577 b4e1cba8aa96
この団体は寄付金控除対象団体です
支援額

¥ 748,640

残り日数

529

支援者

253

Aa7dd698 63ed 4105 806d ae28267c6024

ファンドレイザー

SEKAI NO OWARI

自己紹介

よろしくおねがいします。

このプロジェクトを応援する理由

広島にて、犬の殺処分ゼロの活動で実績を示してきた認定NPO法人「ピースウィンズ・ジャパン」様と協力して、「ブレーメン」プロジェクトを進行させていきます。
動物殺処分ゼロ活動支援プロジェクト「ブレーメン」 URL
https://bremen-project.net/

犬の殺処分ゼロを目指す認定NPO法人「ピースウィンズ・ジャパン」の活動を応援します!


領収書の発行について

領収書はPWJからの発行となります。領収書の発行依頼をするためには住所・氏名の登録が必要になります。
マイページ の「領収書発行依頼」からあなたが寄付をしたキャンペーン、ファンドレイジングについて寄付をいただいた翌々月末以降に領収書の発行依頼ができます。
(例)9月に寄付→11月30日以降に領収書発行依頼できます。

詳しくはこちらのサイトをご参照ください。
http://peace-winds.org/support/deduction.html

ご寄付は「寄付金控除」の対象となります。

寄付先のピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は2014年12月19日、広島県より「認定NPO法人」に認定された団体です。認定NPO法人とは、NPO法人のうちその運営組織及び事業活動が適正であること並びに公益に資することについて一定の要件を満たすものとして広島県の認定を受けた法人のことをいい、寄付金は寄付金控除等の対象となります。

<個人の方が寄付された場合>
個人の方が年間2,000円を超える寄付をされた場合、所得税の算定をする際に寄付額から2,000円を引いた額をその年の総所得額から控除することができます。所轄税務署で確定申告を行なってください。確定申告の際には、PWJが発行した領収書を添付してください。

<法人として寄付された場合>
法人からの寄付金は一般の寄付金等の損金算入限度額とは別に、同額の範囲内で損金算入できるようになります。寄付した日を含む事業年度の申告書提出の際に申告書に必要事項を記入し、手続をしてください。

ギフトについて

寄付金額にかかわらず、ご寄付いただいた方がご希望される場合には
お名前(ニックネーム可)を本プロジェクトにより完成した施設に掲載する予定です。

ご入力頂けなかった場合、いかなる場合においても後日対応出来かねますので、予めご理解頂き、ご寄付頂けますと幸いです。

◆継続的なご寄付をご希望される方はこちらのページからご参加ください。
http://japangiving.jp/p/4859

「ブレーメン」プロジェクトとは

2014年度、日本では年間約15万頭以上の犬や猫といった動物が保健所などの施設に引き取られ、約10万頭が殺処分されていました(環境省発表)。
これは、1日あたり200頭以上の命が、処分されていたという計算になります。

2016年、殺処分の現状を知ったSEKAI NO OWARIは、いろんな人にお話を聞かせて頂き、疑問に思ったことを質問し、日本における殺処分の現状を「知る」機会に出会いました。

現実で起きていることを知れば知るほど、今まで自分達の音楽で世界は変えられないと思っていたけれど、もしかしたら自分達が動くこと、発信することで、今なら少しくらい何か「きっかけ」を与えられるんじゃないかと思い、メンバーで話し合い、動物殺処分ゼロプロジェクト「ブレーメン」をスタートすることを決定しました。
人が作ったシステムならば、人の力で変えられるのかもしれない。
そんな想いからスタートしたのが、動物殺処分ゼロ活動支援プロジェクト「ブレーメン」になります。

SEKAI NO OWARI✕JapanGiving インタビュー

動物殺処分ゼロプロジェクト「ブレーメン」へのご支援、誠にありがとうございます。 この場をお借り...

ピースウィンズ・ジャパン

2016/12/28 12:24 もっと読む
LINEで送る

このプロジェクトをシェアしよう!

支援コメント(236)

Default

no name

応援コメントを入力してください

Default

mokomoko

動物殺処分ゼロプロジェクト「ブレーメン」を応援します。

Default

難波真弓

いつかきっと殺処分ゼロになる事を信じて支援したいと思います

Default

五木田 康助

sekai no owari のライブでこの活動を知りました。少しばかりですが、支援させていただきます。

Default

トロ

無責任かもしれないですが、できるだけ多くの命が救われることを願っています。

Default

眞崎 芳江

一日も早く、殺処分がゼロになる日が来ることを、祈っています。 東京都杉並区どうぶつ相談員より