埼玉西武ライオンズ炭谷銀仁朗:2018年「先発マスク&勝利数」に応じ難病の子どもを支援!

6dcae1de 3b78 47d7 88b4 348847d50265
この団体は寄付金控除対象団体です
支援額

¥ 159,500

目標金額:¥600,000

26%

残り日数

103

支援者

22

9a897435 73c6 4e1e 88a5 190cd0a2f14c

ファンドレイザー

炭谷 銀仁朗

自己紹介

1987年7月19日京都府生まれ。 2006年に高校ドラフト1巡目で西武ライオンズへ入団。 入団1年目から一軍開幕戦スタメンデビュー。2009年、2017年に最優秀バッテリー賞、2012年、2015年にゴールデングラブ賞を受賞。2013年、2017年にWBC日本代表、2015年にWBSCプレミア12の日本代表に選出。2017年12月から日本プロ野球選手会会長を務めるなど日本プロ野球界を代表する選手

このプロジェクトを応援する理由

プロ野球選手として、少しでも社会に役立つ活動をしていきたいと予てから考えていました。そのなかで、日本全国に20万人以上もの子ども達が長期療養を要する難病と闘っているという事実を知りました。もちろん、その周りには子どもたちと一緒に病気と闘っているご家族がいらっしゃいます。微力ではありますが、そういった子どもやご家族をサポートしたいと感じ、支援活動を行うことを決意いたしました。

ーーーーー


【2018年シーズンのチャレンジ内容について】

2018年シーズンも昨シーズンに引き続き、「公式戦で先発キャッチャーとして試合に出場した試合で、ライオンズが勝利を挙げる」ごとに一万円を寄付いたします。

2015シーズンより、難病と闘っているこどもとそのご家族の支援活動を開始しました。今シーズンで4年目の取組となりますが、毎回皆さんから熱い応援メッセージの書かれた色紙やお手紙をいただき、僕自身が力をいただいています。今シーズンも皆さんの応援にこたえられるよう、先発マスクで試合に出場し続け、チームを勝利に導くために全力でプレーします。この活動にご賛同いただけるファンの皆さま、僕と一緒に支援していただけると嬉しいです。

LINEで送る

このプロジェクトをシェアしよう!

支援コメント(17)

Default

由香

銀仁朗選手のキャッチャーまわりのキビキビとしたプレーいっぱいみせてください。

Ed2a0b28 b554 4115 816b 7dd9cf5a9a29

難病の子どもとその家族へ夢を

炭谷選手、そして支援くださった皆さま、いつもありがとうございます!東京ドーム、神戸、福岡と遠征が続きますが皆さまと共に応援いたします!

Default

YUKI

榎田投手とのバッテリー、安心して見ていられました。 連敗ストップ。 またここから一つ一つ勝っていきましょう!

Ed2a0b28 b554 4115 816b 7dd9cf5a9a29

難病の子どもとその家族へ夢を

本拠地12連勝おめでとうございます! 4月28日も難病を患う子どもとその家族をご招待くださいましてありがとうございました。 子どもたちも大変喜んでました!! また、ご寄付いただいた皆さまもありがとうございます! 当団体も皆様と一緒に、ライオンズを、炭谷選手を精一杯応援させていただきます。

F4be56b0 8462 4e67 9ca7 35e12b052a41

炭谷 銀仁朗

本拠地12連勝という形で4月を終えることができました。 この後も連戦が続きますが、プレーを通じて皆さんに元気を与えられるよう試合に臨んでいきます。 応援よろしくお願いします。

Default

YUKI

ホーム12連勝、お見事な4月でした。 明日からのロードも、頑張って勝って帰ってきてください!