利用規約

第1章 総則

1. この利用規約(以下「本利用規約」といいます)は、株式会社LIFULL Social Funding(以下「当社」といいます)が提供する本サイト上のサービスの利用者が、本サービスを利用する際の一切の行為に適用されます。

2. 本利用規約は、利用者としての本サービスの利用、登録条件を定めるものです。利用者は本利用規約に従うものとします。


本利用規約において使用する用語の定義は、次の各号に定めるとおりとします。


1. 利用者のうち会員となることを希望する者(以下「会員希望者」といいます)は、当社指定の方法に従って、会員登録手続の申込みを行うものとします。

2. 前項の会員登録手続の申込みは、本人が行わなければなりません。

3. 満20歳に達しない未成年者は、会員登録手続を行うことができません。当社が必要と判断した場合には、年齢を証明する書類の提出を求めることができます。

4. 会員は、全ての会員登録事項が正確かつ最新のものであることを保証し、会員登録事項に変更が生じた場合及び会員が以下の各号に該当する場合には、必ず当該変更があった日の翌日から起算して7営業日以内に当社に届け出るものとします。もし、会員がかかる届出を怠った場合は、当社の判断により、会員資格を停止又は廃止する可能性があります。

5. 当社が会員に対し、会員登録事項の確認をするために会員登録事項に関する資料の提出を求めた場合(会員登録申込時に限らないものとします。)には、会員は、この求めに応じ、遅滞なく当該資料を提出するものとします。

6. 会員登録手続の申込みにあたっては、会員希望者は、次に掲げる行為をしてはならないものとします。

7. 会員登録手続の申込みがあった場合には、当社は、次に掲げる事由がある場合には、会員登録手続の完了を認めないことができるものとします。この場合、当社は、その理由について一切開示義務を負いません。

8. 会員たる地位は、会員希望者による会員登録手続の申込みに対する当社の会員登録手続の完了をもって生じるものとします。


1. 会員は、当社が付与する会員ID及びパスワードを適切に管理する責任を負うものとします。

2. 会員は、一人につき一つの会員ID及びパスワードのみ保有することができるものとします。

3. 会員は、会員ID及びパスワードを第三者に利用させ、又は譲渡その他の処分をすることができません。

4. 第三者によって会員IDが使用されている、又はその疑いがある場合には、会員は、直ちに、その旨を当社に報告し、当社の指示に従うものとします。

5. 第4項の場合には、当社は、その会員IDの利用を停止することができるものとします。

6. パスワードの定期的な変更を怠る等その他会員ID又はパスワードの管理が十分でなかったことにより当社又は会員その他の第三者に損害が発生した場合には、会員は、これによる損害の責任を負うものとします。この場合、当社は、発生した損害の責任を負わないものとします。


  会員は、当社の指定する方法に従って、会員登録の解除を行って、退会することができるものとします。ただし、会員登録解除前に生じた会員の権利義務は、この解除によって影響を受けないものとします。


  会員について次の各号に掲げる事由が認められる場合には、当社は、その会員について会員資格の一時停止又は抹消をすることができるものとします。


1. 本サービスにおいてプロジェクトオーナーとして登録することを希望する者は、第3条に定める会員登録をした上で、当社が定める基準により、利用の申込を行うものとします。

2. 前項の申込をした者(以下「申込オーナー」といいます)は、当社が別途定める審査基準に照らし、利用の申込を承諾した時点でプロジェクトオーナーになります。


1. プロジェクトオーナーが登録解除を希望する場合には、プロジェクトオーナーは、当社がプロジェクトオーナーに別途提示する所定の方法により、当社に登録解除の申出を行うものとします。この場合、登録解除に基づき発生する事務手続き(当該プロジェクトオーナーを支援先又は商品の購入先とするファンドレイザー及びサポーターへの告知等)は、当社の特別の指示のある部分を除き、すべて当該プロジェクトオーナーの責任で行うものとします。

2. 当社は、申込オーナーが次の各号に掲げるいずれかに該当する場合には、当社の判断によって、プロジェクトオーナーの登録を承諾しないことがあります。

3. 当社は、プロジェクトオーナーが次の各号に掲げるいずれかの行為を行った場合には、当社の判断によって、強制的に登録解除させ、本サービスの利用をお断りすることがあります。

4. 前2項の規定により登録不承諾又は解除とされた場合、当社は、その理由について一切開示義務を負いません。

5. プロジェクトオーナーの希望又は当社の判断により登録解除がなされた場合であっても、当該プロジェクトオーナーが作成したプロジェクトに対する支援又は商品の購入を募るファンドレイジングが設定期間内にあり存続する場合には、原則としてファンドレイジング終了までそのファンドレイジングとの関係においては登録解除はなされないものとします。ただし、このことは当社に登録の存続を義務付けるものではなく、当社は、ファンドレイジングの存続いかんにかかわらず、裁量によりいつでも登録解除することができるものとします。

6. 登録不承諾ないし解除により、当社がサポーターからのクレーム、損害賠償請求、風評被害その他の損害を被った場合には、当社は申込オーナー又はプロジェクトオーナーに対し、損害賠償請求できるものとします。


1. 当社は、本サービスを運営するにあたって、諮問委員会を設置します。

2. 諮問委員会の委員は、3名以上10人以下とします。

3. 諮問委員会の委員は、当社が指名し、その任期は、期間の定めのないものとします。

4. 諮問委員会は、次に掲げる事項を行うことができるものとします。

5. 諮問委員会は、当社がこれを招集し、当社の定める者が議長となります。

6. 当社は、諮問委員会の承認を得たプロジェクトのみの登録を受け付けることができるものとします。


次に掲げる事項のいずれかが含まれているプロジェクトの登録は禁止するものとします。

第2章 寄付型サービス


1. 寄付型サービスは、プロジェクトオーナーとサポーターを結びつける場を提供するものです。当社は、寄付型サービスにより、プロジェクトオーナーとサポーターが契約の締結をする機会を提供するに過ぎず、契約自体は、プロジェクトオーナーとサポーターとの間で成立します。したがって、プロジェクトオーナーとサポーターとの間で成立した契約は当事者間の自己責任によるものとし、当社は、その取消し、中途解約、解除、変更、返金、保証、プロジェクトの変更、停止、中止、終了等の当事者間における契約の履行や第三者との紛争については一切責任を負いません。

2. プロジェクトオーナーは、寄付型サイト上において、自らが企画したプロジェクトを登録することによって、サポーターを募ることができるものとします。

3. サポーターは、寄付型サイト上において、プロジェクトオーナーが企画するプロジェクトを任意に選択して支援することができるものとします。

4. プロジェクトオーナーは、次に掲げる事項を定めることによって、寄付型サイト上に自らが企画したプロジェクトを掲載し、サポーターを募ることができるものとします。

5. プロジェクトオーナーは、あらかじめ定めた募集期間内に限り、プロジェクトを支援するサポーターを募ることができます。

6. プロジェクトオーナーは、複数のプロジェクトの支援を募ることができるものとします。

7. 当社は、当社の都合により、寄付型サービスをいつでも任意の理由で追加、変更、中断、終了することができます。

8. 当社は、寄付型サービスに中断、中止その他の障害が生じないことを保証しません。


1. 利用者は、自己の責任と判断により選択したプロジェクトに対し、本サービスを通じて支援を行うものとし、本サービスを利用してなされた支援行為およびその結果について当社は一切の責任を負いません。

2. 利用者がプロジェクトに対して支援した場合には、利用者は、支援対象のプロジェクトに関してプロジェクトオーナーが定めた条件に同意したものとします。


1. 利用者は、当社指定のクレジットカードによる支払い等当社が定める方法によりプロジェクトオーナーに支援をすることができます。

2. 利用者がプロジェクトオーナーに支援をした場合、当社は、プロジェクトオーナーを代行して(当社がプロジェクトオーナーを代行するのは当社以外のオーナーがプロジェクトオーナーになる場合に限るものとします)、プロジェクトの作成時に当社又はプロジェクトオーナーが設定した方法及び条件に基づき支援金を利用者から受領し、支援金全額をプロジェクトオーナーに支払います。ただし、第18条2項の定めによる場合その他特別の事情がある場合にはこの限りではありません。


1. プロジェクトオーナーは、プロジェクトに対する寄付を受ける際にサポーター、ファンドレイザー、ファンドレイジング内容その他を選別することはできず、これらを理由に支援を拒絶する権利を有しないものとします。ただし、当社がファンドレイジング内容等をプロジェクトオーナーに通知後7日以内に、プロジェクトオーナーからの拒絶通知が当社へ到達し、当社が拒絶について合理性あるとして承諾した場合、及び別途当社と合意した場合はこの限りではありません。

2. 当社は、プロジェクトオーナーに対し、サポーターから受領した支援金全額を、当社の定める方法および条件により支払うものとします。ただし、一部支払いにつき次条に定める債権との相殺を行うことがあり、この場合には 21 条 2 項、3 項の定めに従います。なお、金融機関の振込手数料及び当社の責めに帰さない事由によって生じた手数料(分割での振り込み、指定された口座情報の誤りによる再振込み等)についてはプロジェクトオーナーの負担とします。

3. プロジェクトオーナーが第8条3項の登録解除事由に該当する場合、プロジェクトオーナーが本利用規約又はその他の利用規約に違反した場合、又は、その他プロジェクトオーナーに支援金を支払うことが適切ではないと合理的に認められる場合には、当社は、当該事情発覚以後に受領した支援金の支払いを拒否し、又は当該事情発覚以後に支払い済支援金の返還を求めることができます。

4. 当社は、前項の場合のほか、サポーターの合理的な理由のある返還要求その他やむを得ない事由があった場合に、プロジェクトオーナーに対して支援金の支払いを拒否し、又は支援金の返還を求めることがあります。

5. 前2項の他、支援金の返還に関する問題については、直接プロジェクトオーナーとサポーターとの間で解決するものとし、その場合には、当社は一切の責任を負わないものとします。ただし、当社の判断により、当社がプロジェクトオーナーに対しサポーターの返還の意思表示を伝達するなどの一定の関与をすることがあります。

6. プロジェクトオーナーは、サポーターの直接の申請又は当社を通じての申請に応じて、原則2週間以内に直接サポーターに対し支援の領収書を作成・発行するものとします。この場合にサポーター又は当社から個人情報の開示を受けた場合には、領収書の作成・発行目的にのみ利用するものとし、その他の扱いについては、第41条に従います。


プロジェクトオーナーが支援に対するギフトを設定した場合、プロジェクトを対象としたサポーターからの支援金が確定したときには、プロジェクトオーナーは、自己の責任と費用において、適切な方法によりサポーターに対しギフトを譲り渡すものとします。


利用者が行った支援金の使途は、プロジェクトオーナーの自由裁量に委ねられるものであり支援をした利用者の意思に拘束されないものとし、当社はこれについて一切の責任を負わないものとします。


1. 当社はプロジェクトオーナー並びにプロジェクトの合法性、信頼性、安全性及びプロジェクトオーナー若しくは並びにプロジェクトについての情報の正確性について保証するものではなく、当社はこれについての一切の責任を負わないものとします。

2. 当社は、プロジェクトオーナー並びにプロジェクトの継続的な運営、活動を保証するものではなく、当社はこれについての一切の責任を負わないものとします。

3. 当社は、プロジェクトオーナーと利用者との間に万一紛争が生じた場合(サポーターとプロジェクトオーナーとの間におけるギフトの受け渡しに関する紛争を含みます。)においても、何ら関知せず、責任を負わないものとします。

4. 当社は、利用者に対し、利用者の行った支援が寄付金控除の対象になることを保証するものではありません。


1. 当社ないしプロジェクトオーナーは、①プロジェクトオーナーの解散又はプロジェクトオーナーとしての活動若しくはプロジェクトの停止等その他の事情変更②支援の対象としたプロジェクト、ファンドレイジング内容、主体に関する誤信③ファンドレイザーや第三者との間での問題発生④本サービスの追加、変更、中断、終了その他いかなる理由があっても、一度利用者から本サービスを通じて支援により受領した金銭については、返還することはできないものとします。

2. 前項の定めに関わらず、プロジェクトオーナーが第14条1項に基づき支援金の受け取り拒否の意思表示をした場合、第8条3項の登録解除事由に該当する場合、プロジェクトオーナーが本利用規約に違反した場合、または、その他プロジェクトオーナーに支援金を支払うことが適切ではないと合理的に認められる場合には、一定の手数料を差し引いた形で当社がサポーターに支援金を返還することがあります。

3. 前項の場合には、当社はサポーターが支援時に届け出た連絡先に連絡をするものとし、この連絡に対してサポーターから1ヶ月以内に返答がない場合、サポーターから支援金を返還すべき利用可能な銀行口座等の届出がなく、当社による返還が困難な場合などは、当社は、支援金の返還をしないものとします。この場合、当社は、当該支援金を、指定した支援先と同カテゴリー(当社が本サイト上で表示します)のプロジェクトオーナーのうち、指定した支援先を除いて支援時の該当期間の支援金合計額が最も多いプロジェクトオーナーへ支援するものとします。ただし、同カテゴリーのプロジェクトオーナーが存在しない場合、支援を拒否された場合等やむを得ない場合には、当社は、任意にプロジェクトオーナーを選択し、当該支援金を支援するものとします。

4. 支援金の返還要求その他、サポーターとプロジェクトオーナーとの関係で生じた問題については、直接プロジェクトオーナーと利用者との間で解決するものとし、その場合には、当社は一切の責任を負わないものとします。

5. 前項に関わらず、当社は、自己の判断により、支援金に関して以下の行為を行うことがあります。


1. サポーターは、プロジェクトに対する「毎月継続的に支援」(以下、継続支援という)に申し込むことにより、申し込み後、当社所定の日より継続して毎月1回支援することに同意したものとみなします。

2. 継続支援に申し込んだサポーターは、解約の申し出がない限り、当社所定の日に初回申込金額が継続して課金されることに同意するものとします。

3. 当社所定の日の継続支援が決済できない場合、自動解約とします。

4. 継続支援は、プロジェクトが終了した場合、自動解約となります。


当社は、サポーターが登録したクレジットカードのご利用限度額枠内から、サポーターによる支援金額相当額について、優先的に決済が可能になるよう確保することができるものとします。かかる確保枠は、決済が完了した段階で解除させていただきます。なお、クレジットカードの与信枠の確保期間中はサポーターのクレジットカード限度額のうち、当社に優先決済権がある確保金額分は、ご利用頂けませんので、ご留意ください。


1. プロジェクトオーナーは、手数料として、当社の運営手数料10%及びサポーターが選択した決済手段に応じて当社にて発生する決済手数料を請求に応じて、毎月10日締め当月末払いにて支払うものとします。ただし、プロジェクトオーナーと当社との別途の協議により上記運営手数料が増減されることがあります。

2. 当社は、プロジェクトオーナーの事務作業、振込手数料軽減のため、別途特段の合意をしない限り、支援金を手数料の請求額に相当する額を対当額にて相殺したうえでプロジェクトオーナーに支払うものとします。

3. 本条の定める相殺後の未払い支援金額が1万円に満たない場合には、支払期限を1か月後に繰り越すものとし、その後も繰り越し分と併せて本条の定める相殺後の未払い支援金金額が1万円に満つるまで同様とします。ただし、毎年12月末についてはこの限りではなく、本条の定める相殺後の未払い支援金金額が1万円に満たない場合であっても繰り越さず、その時点での繰り越し分と併せすべて支払うものとします。その際、振込手数料が相殺後の未払い支援金金額より大きい場合は翌年に繰り越します。

4. 当社におけるクレジットカード決済はGMOペイメントゲートウェイ株式会社に業務委託しております。当社は、GMOペイメントゲートウェイ株式会社が行う決済行為について責任を負うものではありません。


本サービスを利用する場合には、プロジェクトオーナー又はサポーターに対し、税金が課せられることがありますが、かかる課税について当社は一切関与しないものとし、利用者が自らの責任で処理するものとします。


プロジェクトオーナーは、当社の指定する期日までに、当社の定める書式による支援金の使途に関する報告書を当社に対して提出しなくてはならないものとします。


1. プロジェクトオーナーは、以下の事由に該当した場合には、5営業日以内にその旨書面にて当社へ通知するものとします。

2. プロジェクトオーナーは、当社の運営するシステム上において自己の情報を管理する権限を有する場合には、情報内容に変更があった際にすみやかに変更手続きを行わなくてはならないものとします。


1. プロジェクトオーナーは、当社に対し、本サービスに関して当社に提供したロゴ、プロジェクト等の情報が、第三者の権利を侵害していないことを保証するものとします。

2. プロジェクトオーナーは、自己の活動、オーナー運営及びプロジェクトがなんら第三者の権利を侵害しておらず、安全性、正確性、道徳性等を有していることを保証します。

3. 万一、プロジェクトオーナーと第三者との間ないしプロジェクトオーナー間でなんらかの紛争が発生した場合には、当該プロジェクトオーナーの費用と責任において問題を解決するとともに、当社になんらの迷惑又は損害を与えないものとします。

第3章 購入型サービス


1. 購入型サービスは、プロジェクトオーナーとサポーターを結びつける場を提供するものです。当社は、購入型サービスにより、プロジェクトオーナーとサポーターが契約の締結をする機会を提供するに過ぎず、契約自体は、プロジェクトオーナーとサポーターとの間で成立します。したがって、プロジェクトオーナーとサポーターとの間で成立した契約は当事者間の自己責任によるものとし、当社は、その取消し、中途解約、解除、変更、返金、保証、プロジェクトの変更、停止、中止、終了等の当事者間における契約の履行や第三者との紛争については一切責任を負いません。

2. プロジェクトオーナーは、購入型サイト上において、自らが企画したプロジェクトを登録することによって、サポーターを募ることができるものとします。

3. サポーターは、プロジェクトオーナーが提供する商品を購入することにより、商品の提供を受ける権利を取得するものとします。

4. プロジェクトオーナーは、次に掲げる事項を定めることによって、購入型サイト上に自らが企画したプロジェクトを掲載し、サポーターを募ることができるものとします。

5. プロジェクトオーナーは、あらかじめ定めた募集期間内に限り、プロジェクトの商品を購入するサポーターを募ることができます。

6. プロジェクトオーナーは、複数のプロジェクトの購入を募ることができるものとします。

7. 当社は、当社の都合により、購入型サービスをいつでも任意の理由で追加、変更、中断、終了することができます。

8. 当社は、購入型サービスに中断、中止その他の障害が生じないことを保証しません。


1. 利用者は、自己の責任と判断により選択したプロジェクトについて、本サービスを通じて商品の購入をするものとし、本サービスを利用してなされた商品の購入およびプロジェクトの結果について、当社は一切責任を負いません。

2. 利用者が商品を購入した場合には、利用者は、購入対象のプロジェクトに関してプロジェクトオーナーが定めた条件に同意したものとします。

3. 購入型サービスの利用について、海外居住者は、購入することのできる商品が限られる等その利用が制限される場合があるものとします。


1. 利用者は、当社指定のクレジットカードによる支払等、当社の定める方法によりプロジェクトの商品を購入することができます。

2. 利用者が、商品を購入した場合、当社は、プロジェクトオーナーを代行して(当社がプロジェクトオーナーを代行するのは当社以外のオーナーがプロジェクトオーナーになる場合に限ります)、当社の定める方法及び条件に基づき購入金を受領し、購入金全額をプロジェクトオーナーに支払います。


1. プロジェクトオーナーは、サポーターを選別することができません。ただし、当社がプロジェクトオーナーの拒絶を合理的であると判断した場合及び別途当社と合意した場合は、この限りではありません。

2. プロジェクトの募集期間内に目標金額に到達した場合には、当社は、募集期間終了後、プロジェクトオーナーに対し、当社の定める方法及び条件により、総購入金額の総額をお支払いします。なお、金融機関の振込手数料及び当社の責めに帰さない事由によって生じた手数料(分割での振り込み、指定された口座情報の誤りによる再振込み等)についてはプロジェクトオーナーの負担とします。他方、プロジェクトオーナーは、当社に対し、当社の定める方法及び条件により、第 31 条第 1 項に定める手数料その他所定の経費を支払うものとします。

3. 達成後購入のプロジェクトについては、募集期間内に目標金額に到達しなかった場合には、サポーターからの購入金は、その全額が決済されません。この場合、サポーターには、商品を取得する権利が発生せず、プロジェクトオーナーには、プロジェクトを開始する義務が発生しません。

4. プロジェクトの成立によりプロジェクトオーナーがプロジェクトを開始した場合には、プロジェクトオーナーは、サポーターに対し、進捗状況等プロジェクトに関する情報を提供します。ただし、情報提供の内容や頻度は、プロジェクトオーナーの判断に委ねられ、当社は一切関与しません。

5. サポーターが商品の購入をした場合には、サポーターは、購入金の支払を完了し、プロジェクトが成立したときに、商品の提供を受ける権利を取得するものとします。但し、商品を取得できる時期については、サポーターは、プロジェクトオーナーの定める時期に従うものとします。

6. 募集期間内に総購入金額が目標金額に到達して、プロジェクトが成立した場合には、プロジェクトオーナーは、プロジェクトの開始を拒絶すること及びプロジェクトの進行を中断することはできないものとします。ただし、当社及びプロジェクトオーナーがプロジェクトの開始の拒絶又はプロジェクトの進行の中断にやむを得ない理由があると認めた場合には、この限りではありません。

7. 前項の規定により、プロジェクトが開始されず、又はプロジェクトの進行が中断したことによって損害が発生したとしても、当社は、その損害の責任を負わないものとします。また、万が一、当社がかかる損害を填補するなど、当社に損害が生じた場合には、プロジェクトオーナーに対して当社が当該損害の賠償を請求する場合があります。

8. サポーターが商品を購入する各プロジェクトに関してトラブル等何らかの争いが発生した場合においては、プロジェクトオーナーとサポーターは、各自その責任をもって当該争いの解決にあたるものとします。

9. 前項に規定する場合においては、当社は、その責任を負わないものとします。ただし、当社の故意又は重過失により当該争いが生じた場合には、この限りではないものとします。


  当社は、サポーターが登録したクレジットカードのご利用限度額枠内から、サポーターによる商品の購入の金額相当額について、優先的に決済が可能になるよう確保することができるものとします。かかる確保枠は、決済が完了した段階で解除させていただきます。なお、クレジットカードの与信枠の確保期間中はサポーターのクレジットカード限度額のうち、当社に優先決済権がある確保金額分は、ご利用頂けませんので、ご留意ください。


1. プロジェクトが成立した場合における、プロジェクトオーナーに対する当社の手数料(システム利用料)は、総購入金額の一定割合(通常料率は15%=ジャパンギビング利用料10%+決済手数料5%、個別契約により増減)とします。なお、当社が手数料の料率を変更する場合は、その都度、購入型サイトにおいて、所定の方法により利用者に通知します。

2. 当社におけるクレジットカード決済はGMOペイメントゲートウェイ株式会社に業務委託しております。当社は、GMOペイメントゲートウェイ株式会社が行う決済行為について責任を負うものではありません。


本サービスを利用する場合には、プロジェクトオーナー又はサポーターに対し、税金が課せられることがありますが、かかる課税について当社は一切関与しないものとし、利用者が自らの責任で処理するものとします。


プロジェクトオーナーは、当社の指定する期日までに、当社の定める書式による購入金の使途に関する報告書を当社に対して提出しなくてはならないものとします。


1. プロジェクトオーナーは、以下の事由に該当した場合には、5営業日以内にその旨書面にて当社へ通知するものとします。

2. プロジェクトオーナーは、当社の運営するシステム上において自己の情報を管理する権限を有する場合には、情報内容に変更があった際にすみやかに変更手続きを行わなくてはならないものとします。


1. プロジェクトオーナーは、当社に対し、本サービスに関して当社に提供したロゴ、プロジェクト等の情報が、第三者の権利を侵害していないことを保証するものとします。

2. プロジェクトオーナーは、自己の活動、オーナー運営及びプロジェクトがなんら第三者の権利を侵害しておらず、安全性、正確性、道徳性等を有していることを保証します。

3. 万一、プロジェクトオーナーと第三者との間ないしプロジェクトオーナー間でなんらかの紛争が発生した場合には、当該プロジェクトオーナーの費用と責任において問題を解決するとともに、当社になんらの迷惑又は損害を与えないものとします。

第4章 その他


1. 当社は、プロジェクトの情報等の内容を閲覧したり、保存したり、第三者に開示することができるものとします。ただし、当社はその義務を負うものではありません。また当社は、それによって生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。

2. 当社は、いかなる場合においても、プロジェクトの情報等の違法性・規約違反の有無に関わらない当社の完全なる裁量に基づいて、プロジェクトの情報等について、その全部もしくは一部の削除等の措置を行うことができるものとします。 ただし、当社はその義務を負うものではありません。また当社は、それによって生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。


1. 本サイト及び本サービスに関する知的財産権は全て当社又は当社にライセンスを許諾している者に帰属しており、本利用規約に基づく本サービスの利用許諾は、本サイト又は本サービスに関する当社又は当社にライセンスを許諾している者の知的財産権の使用許諾を意味するものではありません。

2. 利用者は、掲載物について、自らが掲載その他送信することについての適法な権利を有していること、及び掲載物が第三者の権利を侵害していないことについて、当社に対し表明し、保証するものとします。

3. 利用者は、掲載物について、当社に対し、世界的、非独占的、無償、サブライセンス可能かつ譲渡可能な使用、複製、配布、派生著作物の作成、表示及び実行に関するライセンスを付与します。また、他の利用者に対しても、本サービスを利用して利用者が掲載その他送信した掲載物の使用、複製、配布、派生著作物を作成、表示及び実行することについての非独占的なライセンスを付与します。

4. 利用者は、当社及び当社から権利を承継し又は許諾された者に対して著作者人格権を行使しないことに同意するものとします。


 利用者は、本サービスの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為又は該当すると当社が判断する行為をしてはなりません。本サイト及び本サービスを利用して利用者が行うあらゆる行為について利用者自身が一切の責任を負い、利用者の行為によって当社、並びに、当社の役職員、従業員、当社の関連会社、本サイト及び本サービス運営上の関連会社に損害が生じた場合、利用者は一切の損害を賠償する義務を負うものとします。


1. 利用者は、当社に対し、次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約するものとします。

2. 利用者は、当社に対し、自ら又は第三者を利用して次の各号に該当する行為を行わないことを確約するものとします。

3. 利用者が、本条に該当する場合、当社の判断により、利用者について本サービスの利用の停止、会員資格の停止又は抹消の措置を講ずるものとします。この場合、当社は、その理由について一切開示義務を負わず、また、利用者に不利益・損害が発生した場合においても、当社はその責任を負いません。


1. 利用者が本利用規約又はその他当社が定める規約等に違反したと認められる場合、その他当社が必要と認める場合は、当社は当該利用者に対し、本サービスの利用の停止その他必要な処分をすることができるものとします。ただし、当社はその義務を負うものではありません 。また、これらの処分により利用者に不利益・損害が発生した場合においても、当社はその責任を負いません。

2. 利用者は、当社が本利用規約に基づいて行った本利用規約又はその他当社が定める規約等に違反する行為等への対処について、異議を申し立てることはできないものとします。

3. 利用者の行為によって当社に損害が発生している場合、当社が第1項の措置をとったかどうかにかかわらず、当社はその利用者に対して損害賠償請求をすることができます。

4. 当社は、本利用規約又はその他当社が定める規約等に違反する行為により生じた損失又は損害について、当社は一切の責任を負うものではありません。


1. 利用者は、本サービスに関して知り得た当社の営業上、技術上の機密を善良な管理者の注意義務をもってこれを管理し、第三者に漏洩・開示しないこと及び予め同意を受けた以外の目的に利用しないことに同意します。

2. 利用者は、サポーターその他の個人情報を取得した場合、必要なセキュリティー保護のための措置を行い、第三者に漏洩・開示しないこと及び予め同意を受けた以外の目的に利用しないことに同意します。

3. 利用者は、個人情報を機密情報として善良な管理者の注意義務をもってこれを管理し、法令及び関連官庁のガイドラインに従い、慎重にこれを取り扱うものとします。

4. 利用者は、万一、当該個人情報・機密情報を漏洩し、又はそのおそれがある場合は、ただちに当社に通知し、故意又は過失の有無を問わず、利用者の費用と責任でこれに対処するとともに、当社に生じた一切の損害を賠償するものとします。


1. 当社は、本サービスが利用者の特定の目的に適合すること、期待する機能・価値・正確性・有用性を有すること、利用者による本サービスの利用が利用者に適用のある法令又は業界団体の内部規則等に適合すること、及び不具合が生じないことについて、何ら保証するものではありません。

2. 当社は、本サービスに掲載されているプロジェクトに関してプロジェクトオーナーが掲載しているデータ及びその他の情報については、その信用性、適法性、正確性等を保証しないものとします。

3. 当社は、プロジェクトが成立(募集期間内に総支援金額又は総購入金額が目標金額に到達した場合)した後にプロジェクトオーナーがプロジェクトの変更又は中止した場合においては、その変更又は中止に関する責任を負わないものとします。

4. 当社は、当社による本サービスの提供の中断、停止、終了、利用不能又は変更、利用者が本サービスに送信したメッセージ又は情報の削除又は消失、会員の登録の抹消、本サービスの利用による会員データの消失又は機器の故障若しくは損傷、その他本サービスに関して利用者が被った損害につき、賠償する責任を一切負わないものとします。

5. 本サービス又は本サイトに関連して利用者と他の利用者又は第三者との間において生じた取引、連絡、紛争等については、当社は一切責任を負いません。


1. 当社による会員の利用者情報の取扱いについては、別途当社プライバシーポリシー(https://japangiving.jp/pages/privacy_policy)の定めによるものとし、会員はこのプライバシーポリシーに従って当社および当社のグループ会社が会員の利用情報を取扱うことについて同意するものとします。

2. 当社は、会員が当社に提供した情報、データ等を、個人を特定できない形での統計的な情報として、当社の裁量で、利用及び公開することができるものとし、会員はこれに異議を唱えないものとします。


当社は、本利用規約を変更できるものとします。当社は、本利用規約を変更した場合には、会員に当該変更内容を通知するものとし、当該変更内容の通知後、会員が本サービスを利用した場合又は当社の定める期間内に登録抹消の手続きをとらなかった場合には、会員は、本利用規約の変更に同意したものとみなします。


1. 当社から会員に対する通知その他の連絡は、本サイト上の掲示により行うものとします。ただし、当社が必要であると判断した場合には、当社から当該会員の登録メールアドレス宛に個別的に通知を行うものとします。ただし、会員が登録メールアドレス変更の届出を怠る、あるいは会員が当社からの通知を受領しないなど会員の責めに帰すべき事由により、当社が行った通知又は送付した書類等が延着し又は到達しなかった場合は、通常到達すべき時に到達したものとします。

2. 会員から当社への連絡は、本サイト下部の「お問い合わせ」をクリックし、所定のフォームに従ったメールの送信により行うものとします。なお、当該メールの受付時間は、祝祭日、年末年始を除く平日(月曜日~金曜日)の午前9時~午後5時30分までとし、午後5時30分以降に受信したメールは、翌営業日に受信したものとして扱うものとします。


1. 次に掲げる事由が認められる場合、利用者に事前に通知することなく、当社は、本サービスの全部又は一部の提供を停止又は中断することができるものとします。

2. 前項の規定により本サービスの全部又は一部を停止又は中断することによって利用者に損害が発生した場合には、当社は、その責任を負わないものとします。ただし、当社の故意又は重過失に基づいて損害が発生した場合には、この限りではないものとします。

3. 当社は、事前の告知なく、いつでも本サービスの内容を変更することができるものとします。

4. 前項の規定により本サービスの内容を変更した場合、その変更によって利用者に損害が発生したときは、当社は、その損害の責任を負わないものとします。

5. 当社は、事前の告知なく、いつでも本サービスを廃止又は本サイトを閉鎖することができるものとします。

6. 前項の規定により本サイトを閉鎖又は本サービスを廃止した場合、その閉鎖又は廃止によって利用者に損害が発生したとしても、当社は、その損害の責任を負わないものとします。


本利用規約のいずれかの条項又はその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、本利用規約の残りの規定及び一部が無効又は執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。


1. 本利用規約の準拠法は、日本法とします。

2. 利用者と当社の間で訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。


2018年3月29日改定