1 - 20 / 96
1 2 3 4 5  >  >>   1 / 5ページ
1 - 20 / 96
 > >> 1 / 5ページ

活動報告一覧

公開

CHANGファミリーハウス最年少の女の子

ホーイさんの娘、最年少のパイヤーです。 前はおとなしくて人見知りでしたが、皆からかわいがられて今ではすっかりここのアイドルになりました。       特に年少組のリーリーやニタは妹ができて大喜びです。     ホーイさんはパパの甥っ子で、昨年ママが亡くなった時に、 奥さんと、長女のライフン、そしてパイヤーと3人で引っ越してきてくれたのです。   ママが急にいなくなって心配事がたくさんありましたが、ホーイさんが来てくれて本当に助かってます。 すごく美味しい料理を作ってくれて、力仕事でも何でも率先してやってくれる人。   パパにとってもいちばん心強い存在でしょう。

作成日時:2019/05/20 16:00

 更新日時:2019/05/20 16:00


公開

職業訓練のお店ヌンパンCHANG移転のお知らせ

  子ども達が職業訓練をしている“ヌンパンCHANG”は、 昨年バイトゥンマーケットに移転しました。       前の場所は家賃は高いし、売上は伸びないしで大変でしが、 ここに移ってから売り上げが10倍に! ・・10倍と言っても前は一日1個しか売れなかったのが、 今は一日10個くらいになったレベルの話しですが。。。 😭 それでも成長してます。           近くに工場があるのですが、 朝昼晩とそこに売りに出るようになったのが大きいです。     新しいマーケットですが、次々と店舗が増え、 広い飲食にスペースもできて、人がどんどん増えてます。 ...

作成日時:2019/05/13 11:24

 更新日時:2019/05/13 11:24


公開

語学学校を支援しています

  CHANGファミリーハウスの近くにある、アーンさんの語学スクール。 うちの子ども達もここにお世話になってます。 今までメインで支援していたアメリカの方が退くことになり、 代わって私たちが本格的なスポンサーになりました。   運営費に加えて、今秋からタヤマ日本語学校に通うこの四人を応援します。 ソクヒエン、スライニエン、リーホァ、 そしてCHANGの娘スレイナです。 最近のスレイナは、中学を辞めて遊び出してしまい、ずっと心配でした。 中学に戻るか、日本語学校に行って欲しいと言い続けていたのが分かってくれたようです。 難しい年頃ですが、元々は成績優秀でとても優しい子。久し...

作成日時:2019/05/07 11:07

 更新日時:2019/05/07 11:07


公開

“空飛ぶランドセル”タイの子供達へ

  昨年カンボジアの子ども達に届けた“空飛ぶランドセル” 今年はタイの子ども達に飛んでいくことになりました。     今年も現地コーディネイトをやらせて頂くことになり、 主宰のNPOピースレインボーの真部さんと一緒に、クロントゥイスラムに視察に行ってきました。 タイで協力して下さるのは、このスラムをずっと支えているドゥアンプラティープ財団。 16才でこの地に塾を開いた、スラムの天使、プラティープ先生が全面協力してくれます。     この日は先生たちと打合せをし、子ども達とも遊んで来ました。 真部さんが持ってきたミニカーに大喜び!早速レースです         ...

作成日時:2019/04/22 14:02

 更新日時:2019/04/22 14:02


公開

ベトナム支援施設を訪問

ベトナムの治療施設、マイアムデッツェンです。   工事して部屋がきれいなり、気になっていた匂いもなくなりました。 姫はお化粧してメガネにバッグ、会うたびにおしゃれになってます。           そして音楽が大好きな施設、テレサファッシュ。 去年はたくさんの楽器をプレゼントして、 「来年コンサートやってね!」と約束してきたのですが、みんなが上手に演奏してくれました。       特に6才になったニーエッ。 2才でこの施設に来た時ほぼ全盲でしたが、手術によってだんたん見えるようになってきたのです。 今ではハーモニカを上手に弾いて、ゆっくりですが教科書も読んでい...

作成日時:2019/04/15 11:33

 更新日時:2019/04/15 11:33


公開

孤児院の引っ越しのお手伝い

孤児院の引越しでは、子ども達もお手伝い。 小さい子は砂利やレンガを運んでくれました。 よく動いてくれます。     フンやトーンに「何が足りない?」と聞けば、「ペンキ!電線!蛍光灯!セメント!・・」と適格です。 あと、恥ずかしそうに「僕たちのパンツが・・ 」と、 一週間くらい同じのはいてたようで、たくさん買ってあげました。     私たちもペンキを塗って、木を切って、みんなで一緒に作業ができて楽しかったです。       それにしても、カンボジアの人は何でもできるんだな~って関心しました。  

作成日時:2019/04/08 11:28

 更新日時:2019/04/08 11:28


公開

CHANGファミリーハウスのセレモニー

CHANGファミリーハウスのセレモニーを行いました。 郡長さんやプノンペンNGOの事務局長さん、村の人々など100人以上が来てくれました。     テープカットをして、子ども達の伝統舞踊から始まり、それぞれがご挨拶。 パパが挨拶の途中で泣いてしまい、私たちももらい泣きです。   昨年ママを亡くしてからの寂しさや、政府との交渉、たくさんの子供を育てていく不安もあったのでしょう。 これからもしっかりとパパを支えていきます。     そして、スレイナ、スレイニ、スレイウィ、マイマイが戻ってくることが決まりました。 「今夜からここで住む!」って・・まだ雨漏りするし扇風機もないの...

作成日時:2019/04/01 14:02

 更新日時:2019/04/01 14:02


公開

バサック孤児院の移転完了

バサック孤児院の移転が完了しました。   名前は CHANGファミリーハウス にしました。 ここで孤児院、幼稚園、そして村のコミュニティを運営します。   サッカーやバレーもできる広い庭。   ステージは前の場所からそのまま持ってきたので、これ見てると懐かしくなります。   1Fは男の子の部屋、キッチン、オフィス、料理のホーイさん夫婦の部屋、そしてなぜかソピアが個室になりました。   2Fは女の子の部屋が二部屋、小さい子と中学生以上で分ける予定です。 ブランコとかの遊具もプレゼント。     子ども達が「前の家よりいい!」って、喜んでくれてホッとしました。

作成日時:2019/03/25 14:26

 更新日時:2019/03/25 14:26


公開

バサック孤児院、マッパイバイスラムにボールを届けに。

東京学芸大学バレーボール部の皆さまから、 たくさんのボールをいただきました。   届けたのはバサック孤児院と、マッパイバイスラム。     どの国でもバレーボールは大人気。 ボールは届けているのですが、体育館がないので、直ぐにボロボロになってしまいますから、こうしたプレゼントはとてもありがたいです。       写真と動画で報告すると、今後も支援の輪が広げたいと言って下さいました。 本当にありがとうございました。

作成日時:2019/03/18 10:21

 更新日時:2019/03/18 10:21


公開

カンボジアのスラムへ、アルバムを届けに。

  昨年、孤児院を出されたボッパーに当時のアルバムを届けてきました。 懐かしい仲間の顔に「会いたいな」と言ってました。         今は叔父さんと暮らしているのですが、 ボッパーは、叔父さんの別れた奥さんの、姪っ子の、子供・・? よく分からないのですが、直接の血のつながりはないようです。     叔父さんの家には、孫もいて、他にも甥っ子や姪っ子がいるので、 みんなから頼りにされている人なのでしょう。 「子供にお金がかかって、トゥクトゥクの運転だけじゃ大変だよ!」って笑ってました。   そして今回は村長のニンさんもご挨拶。   このマッパイバイ村には217...

作成日時:2019/03/13 11:35

 更新日時:2019/03/13 11:35


公開

日本就職第一号になるか!?

バサックのフンから、 「日本に就職したいから学校の先生に会いに来て!」と連絡がありました。     いつから?・・わからない。 東京?・・わからない。 何の仕事?・・建設!     よく分からないので、タヤマスクールの先生に会ってきました。 聞いてみると、もしも面接に受かったら決定するそうです。 採用は2名で応募は7名、結構な倍率です。 その会社には、既にタヤマから8名も行っているので、寂しくはなさそうです。 説明してくれた先生も、3年間働いていた会社ってことでもっと安心しました。     ちょっと遠い場所ですが、もしも来ることになったら日本で会うのが楽しみです...

作成日時:2019/03/04 13:09

 更新日時:2019/03/04 13:09


公開

【活動報告】バサック孤児院で健康教室開催

NGO日本医療開発機構の方々と、慶應大学 看護医療学部の皆さんが、バサック孤児院を訪問してくれました。     これは以前から計画していた健康教室です。 先ずは紙芝居での健康のお話し。 かわわいい絵で子ども達も分かりやすかったでしょう。   そして、身長、体重を計り、視力の検査、全て初めての経験です。     石鹸での手の洗い方を教えてれた後に、一緒に石鹸を作るっていうアイデアいっぱい、楽しいイベントでした。   子ども達は最初から最後まで大喜びです。 健康のお話もためになったのでしょうが、何よりお姉さん、お兄さんたちとたくさん触れ合えたのが楽しかったのでしょう。 ...

作成日時:2019/02/26 09:42

 更新日時:2019/02/26 09:49


公開

バサック孤児院の移転その2

バサック孤児院の移転準備をしてきました。       あのステージもついに解体、大きなゴミが山のように積まれ、 奥の敷地は既に借り手が見付かり、倉庫となってました。   本当に引っ越すんだなって実感します。 新しい場所もかなり広いです。   1Fは男の子の部屋、幼稚園、オフィス、食堂、キッチン。 2Fは女の子の部屋が二つと、荷物置き場も確保できます。 庭にはダンス用ステージと、料理のホーイさん夫婦の部屋を作る予定です。   パパの部屋も作ろうか?って聞いたら、 外で寝るのが好きということなので、木の台をパパの部屋にしました。       チャントーンとソク...

作成日時:2019/02/20 11:13

 更新日時:2019/02/20 11:13


公開

バサック孤児院の移転

いよいよバサック孤児院の移転が始まります。     新しい場所は直ぐ近くとは言え、ここから離れるのは寂しいです。 この古いステージで子ども達のダンスを見たり、一緒に踊って歌って、ゲームもたくさんしました。       トタンの部屋には、多い時には男女各15人以上が一緒に寝てました。 トイレを増やしたり、シャワーを付けたり、床屋も建てました。     とにかく楽しい思い出がいっぱいの場所です。 政府からの指導でここは、衛生面、安全面でも継続は不可能。 大家さんからも「あと一年しか貸せない」と言われているので、移転するしかないです。 新しい場所では、既にパパとチャント...

作成日時:2019/02/13 14:03

 更新日時:2019/02/13 14:04


公開

タイ子供財団ちょっとぽっちゃりな男の子

タイの子供財団の子ども達。   ちょっとぽっちゃりな男の子はテイ。 いつもニコニコしているかわいい子なんですが、また10キロも増えてしまいました 😭 先生から「このままでは皆と一緒に踊りや劇には出せない」と言われ、ダイエット中です。 この日のお昼は大好きなカオマンガイ。 皆がおかわりしてる中、一杯だけで我慢してました。 将来は何になりたいの?と聞くと・・、天女!と答えてくれる面白い子です 😁  

作成日時:2019/02/05 09:16

 更新日時:2019/02/05 09:17


公開

タイの子供財団でお昼ごはん

タイの子供財団でのお昼ご飯です。 ここはタイ国内からの支援者もとても多いので、 行くたびに誰かしらがご飯を作って持ってきてくれています。   この日、5人組の女性が持ってきてくれたのは、タイ料理の代表格カオマンガイです。 そして先生達が作ってくれた青パパイヤのサラダ、ソムタム。       私たちも一緒にごちそうになりました。 「ソムタムは日本人には辛くない?大丈夫?」と心配してくれましたが、とっても美味しかったです。     子ども達も大満足でした。

作成日時:2019/01/28 13:54

 更新日時:2019/01/28 13:54


公開

CHANG知育教室オープン

タイのカンチャナブリに「CHANG知育教室」がオープンしました。 ここは協力団体「タイの子供財団」が運営する「子供の村学園」。 71人の子ども達が生活してます。   知育教育の研究と普及活動を始めて5年目となり、 それを機に、学校にある二つの校舎をCHANG知育教室にしてくれたのです。     幼少期に親からの愛情を受けることができなかった子供には、 言語や動作の遅れ、集中力や注意力の欠如が表れることがあります。         知育教材を使って、ゲーム感覚、遊び感覚で「楽しいな!」「やってみたいな!」と、 思ってもらうことが、子ども達を大きく成長させるのです。 ...

作成日時:2019/01/23 10:05

 更新日時:2019/01/23 10:05


公開

カンボジアスタディツアー3日目

ツアー3日目はSCADPです。 ここはCHANG設立からずっと訪問している施設。 孤児院と幼稚園を兼ねていて、昨年までは30人程でしたが、幼稚園児を増やして50人以上になり、とても賑やかでした。 ピースレインボーさんと、もったいないジャパンさんが集めてくれたミニカー、そして、ツアー参加の皆さまがで買ってくれた文房具をプレゼント。 子ども達は大喜びです。 伝統舞踊を一生懸命に練習したのでしょう。 とても上手に踊れていました。

作成日時:2019/01/15 09:42

 更新日時:2019/01/15 11:54


公開

スタディーツアー2日目

ツアー2日目、先ずはヌンパン屋へ。 参加者さんとスタッフとで一緒にパンを作りました。 皆さん中々上手です😊 そして作ったパンをお土産にバサック孤児院へ。 昼食と一緒にパンを食べてから、子ども達の伝統舞踊を鑑賞。 私たちもパパから踊り方を指導してもらいました。 ゲームをして、散歩して、駄菓子屋によって、 いつも通りの過ごし方ですが、参加者さんがいてくれたので子ども達は大喜びでした😁

作成日時:2019/01/07 14:14

 更新日時:2019/01/07 14:14


公開

支援プロジェクト「空飛ぶランドセル」

先日スタディツアーを開催しました。 メインは、岐阜県の大垣ライオンズクラブさんが地元の子ども達から集めた、120個のランドセルをプレゼントすること。 半年以上かけて少しずつ運び、いよいよ渡せる日がきました。 場所は、ロルゥスラムとバークンスラム。 日本の子ども達が6年間背負ったランドセル、たくさんの思い出が詰まってます。 これを今度はカンボジアの子ども達が使ってくれのです。 国を越えての深い絆となることでしょう。 ランドセルを受け取った子ども達は、飛び跳ねて喜んでくれました。 ありがとうございました。 来年はタイ、バンコクのクロントゥーイスラムの子ども達に配ることが決定。 このスラムで活動を続...

作成日時:2019/01/05 12:00

 更新日時:2019/01/05 12:00


1 - 20 / 96
1 2 3 4 5  >  >>   1 / 5ページ
1 - 20 / 96
 > >> 1 / 5ページ

プロジェクト詳細に戻る