1 - 3 / 3
1   1 / 1ページ
1 - 3 / 3
 1 / 1ページ

活動報告一覧

公開

第三回腎がんCTC検査の有用性について。

こんにちは、直江です。2019年2月8日よりLIFULLを通したクラウドファンディング活動を行っております。皆さまのおかげで3月8日現在625,522円のご寄付が集まっています。 今回は、転移性もしくは切除不可能な腎がんの薬物療法に関する話題です。腎がんの薬物療法としては、かつてはインターフェロンなどのサイトカイン療法しかなく、その治療効果は約10%程度と非常に低いものでした。しかし、時代は変わり、現在は、①分子標的薬、②免疫チェックポイント阻害薬などの有効性の高い薬剤が続々と登場しております。一方、それらの薬剤の治療効果は高いのですが、個々の薬剤はそれぞれに様々な副作用が発現する場合があり...

作成日時:2019/03/11 11:26

 更新日時:2019/03/11 11:26


公開

第2回CTCとは?

こんにちは、直江です。2019年2月8日よりLIFULLを通したクラウドファンディング活動を行っております。皆さまのおかげで2月25日現在583,522円のご寄付が集まっています。 今回は、第2回目の末梢血循環癌細胞検査(CTC検査)についてご説明です。 数ccの血液の中には数百万もの血球成分(白血球・リンパ球・赤血球・血小板)が入っています。その中に混入するCTCを同定する事は非常に大変な事です。例えるなら、100俵の白米に混在する数個の玄米を見つけ出すような技術です。今回我々が開発したのは、患者さんの末梢血4cc中に混在する腎がん細胞数個を同定出来るという技術です。この検査により腎がん...

作成日時:2019/02/26 18:07

 更新日時:2019/02/26 18:07


公開

クラウドファンディング始めました!

こんにちは、直江です。2019年2月8日よりLIFULLを通したクラウドファンディング活動を行っております。皆さまのおかげで2月21日現在513,522円のご寄付が集まっています。 数回に分けて、末梢血循環癌細胞検査(CTC検査)についてご説明いたします。 CTC検査とは”血液中を流れるがん細胞”を同定するというものです。 血液マーカーの無いがん(例えば腎がんや膀胱がん)に薬物療法を行った場合、その治療効果判定はCT検査等の画像検査で行っているのが現状です。 しかし、もっと迅速かつ低侵襲に治療効果判定が出来る事が望まれています。 そのため、約20年来世界各国の研究者がCTCの同定にチ...

作成日時:2019/02/26 18:05

 更新日時:2019/02/26 18:10


1 - 3 / 3
1   1 / 1ページ
1 - 3 / 3
 1 / 1ページ

プロジェクト詳細に戻る