1 - 15 / 15
1   1 / 1ページ
1 - 15 / 15
 1 / 1ページ

活動報告一覧

公開

香港の「逃亡犯条例改正案」反対デモに関して、あるいは台湾の友人たちのことを思いながらー【クラウドファウンディング終了しました。】

shelfは昨年から二年続けて3度、中国にツアー公演に赴いていて、合計7都市村(武漢、南京、上海、北京、北戴河、方峪村、合肥)を回っています。そのうち武漢、南京、上海にはそれぞれ2回ずつ赴き、2回ずつ公演を行っています。               何度も訪れるうちに出来た信頼する中国の演劇人、劇場人の仲間たちに、今起きている香港の条例改正案反対運動の件、あるいは先日事件から30年を迎えた六四天安門事件の件について彼らがどう思っているのか?   出来ればフランクに、率直なところを聞いてみたいのですが、面と向かっての私的な空間でならいざ知らず、WeChat(中国のLINEのよ...

作成日時:2019/07/06 01:58

 更新日時:2019/07/07 09:36


公開

短文劇評07:shelf「幽霊」—深淵を見つめれば、深淵も君を見つめている|合肥公演劇評

振り返り事業報告の途中ですが、合肥公演で素晴らしい劇評を頂きました。ツアーの現場通訳を務めてくれた小林千恵さんが翻訳してくれましたので、こちらにご紹介したいと思います。 短文劇評07:shelf「幽霊」—深淵を見つめれば、深淵も君を見つめている|合肥公演劇評   原文:映彤 5月24日(金) 翻訳:小林千恵 監修:矢野靖人   アルヴィング夫人は若くして、富豪だが荒んだ生活を送る宮廷の侍従と結婚する。腐敗した夫の秘密を守ること、夫人は人生のほとんどをこの“使命”に掛ける。しかし最後には息子のオスヴァルに”真実”を教えざるを得なくなり、息子にある“理想の中の父親”を根底から崩壊させ、さ...

作成日時:2019/06/20 04:57

 更新日時:2019/06/20 09:31


公開

【shelf「GHOSTS」2019中国ツアー5都市ツアー振り返り活動報告|上海編①】

1st June 2019.   Aranya Arts Centreでの公演を終えて、俳優6名と矢野は秦皇島北戴河空港から上海浦東空港へ。(照明の則武さんと、通訳のちえさん、リーさんは照明機材の返却のため陸路、北京経由で新幹線で上海入り。)トランジット以外で中国国内便に乗るのは初めて。           フライト時間2時間弱で上海到着。空港からホテルまではタクシーで1時間ほど。   今回最後のホテルにチェックイン。ちょっと旧いホテルだけど清潔で居心地の良いホテルでしたホテルでした。部屋は23F!       上海公演も乗り打ちなので、夜、劇場にお願いして前日の今...

作成日時:2019/06/13 16:53

 更新日時:2019/06/13 16:53


公開

【shelf「GHOSTS」2019中国ツアー5都市ツアー振り返り活動報告|北戴河編③ 舞台写真その2】

                        31st May 2019.   こちらは李晏さんとはまた別のカメラマンの撮影

作成日時:2019/06/12 06:43

 更新日時:2019/06/12 06:43


公開

【shelf「GHOSTS」2019中国ツアー5都市ツアー振り返り活動報告|北戴河編③ 舞台写真その1】

                31st May 2019. 北京在住の写真家、李晏(リーヤン)さん撮影のもの。 昨年、北京フリンジ演劇祭や、方峪村ART芸術祭に参加したときにも撮影して下さった方です。 30年以上演劇や舞台の写真を撮影し続けていらっしゃる方で、中国の舞台写真撮影の世界の第一人者なのだそうです。 昨年、有難いことに直接過去の代表作を集めた写真集まで頂きました。

作成日時:2019/06/12 06:32

 更新日時:2019/06/12 06:32


公開

【shelf「GHOSTS」2019中国ツアー5都市ツアー振り返り活動報告|北戴河編②】

  31st May 2019.(本番当日)   夜を徹しての作業を終えてホテルの部屋に戻ったら窓の外には朝焼けが。うっすらと遠くに海岸も見えます       明けてまるでハワイかグアムみたいな(グアムは行ったことないけど、)リゾート地! の中のカフェテリアでみんなで朝ごはん。深夜3:00AMまで場当たりやってたのにみんな元気だ。   とっても元気な沖渡さんと三橋さん(ホントは長旅、深夜作業とっても疲れてるはずなのに...笑)   僕らも少しお散歩を兼ねて、海岸まで歩きました。中国一美しく世界一孤独な図書館という噂の図書館はみておきたかったから。といっても、 まあ、すっ...

作成日時:2019/06/12 06:12

 更新日時:2019/06/12 07:31


公開

【shelf「GHOSTS」2019中国ツアー5都市ツアー振り返り活動報告|北戴河編①】

おかげさまで無事にツアーは終了し、メンバー全員帰国しましたが、後半怒涛のスケジュールでなかなか活動のご報告が出来なかったので、6月中に少しずつ、振り返りながらツアーの様子を書き綴っていこうと思います。ご支援くださった皆様に、少しでもツアーの様子が伝われば。頑張って書きます。どうかご一読くださいませ。   30th May 2019.   北京南駅までの新幹線の車窓から。延々と田園風景? が続きます   早朝出発した新幹線で、一路南京南駅から北京南駅へ。そこで今回のツアープロデューサーのアンニーと、急きょけがをしたシーさんの代理でツアーに加わってくれることになったリーさんが合流。そこ...

作成日時:2019/06/12 05:36

 更新日時:2019/06/12 07:26


公開

shelf「GHOSTS」2019年5-6月中国5都市ツアー、全公演全日程無事、終了しました!

北戴河公演から上海公演まで怒涛のスケジュールで走り抜けたので、こちらで詳細を逐次ご報告することが出来ませんでしたが、おかげさまで shelf「GHOSTS」2019年5-6月中国5都市ツアー、全公演全日程無事に終了しました。ご支援頂いた皆様、ご寄付を頂いた皆様には改めて御礼を申し上げます。本当にありがとうございます。   北戴河公演も上海公演も1ステージのみの公演でしたが、満員御礼。多くのお客様からたいへんなご好評をいただくことが出来ました。お客様はもちろん、今回のshelfの中国公演に関係し、ツアーの成功のために尽力してくれた中国人スタッフ、プロデューサー、コーディネーターのみんなにも...

作成日時:2019/06/03 13:35

 更新日時:2019/06/03 18:10


公開

5/30(木)|南京大学公演、昨夜無事に終了しました。今日は早朝出発。北京経由で一路、北戴河へ

昨日、無事に南京大学公演を終了しました。今日は‪早朝5:45にホテルのロビーに集合してタクシーで南京南駅へ。   8:13南京南駅発の新幹線でまずは北京に。北京南駅には11:38着予定。   そこからアンニーと、シーさんの代わりに急きょツアーに同行してくれることになったリーさんと合流して、北京で照明機材をレンタルしてみんなで車両移動。一路、ツアー4都市目、4会場目の北戴河のAranya Arts Centerへ向かいます。   着いたら20:00から上演会場で今回のツアーで4回目、最後のワークショップ。そしてその後、21:00から仕込みと場当たりを夜を徹して行います。(上演会場が半...

作成日時:2019/05/30 13:40

 更新日時:2019/05/30 17:12


公開

5/28(火)南京大学公演初日、無事に幕を開けることが出来ました。満員御礼!

5月28日(火)南京大学公演初日、無事に幕を開けることが出来ました。満員御礼。   献身的に手伝ってくれたボランティアの学生スタッフらに感謝。   そして何よりもチケット発売開始から22時間で全席が売り切れた(!)というプレミアチケットを購入してご来場頂いた観客の皆様に心からの感謝を。   明日も19:30開演です。そして南京大学公演千秋楽。                 それにしても今回のshelf「GHOSTS」中国ツアー公演、 いちばん最初の予定では、武漢→合肥→南通→杭州→上海の5都市ツアーの予定で した。   それが、南通と杭州が地方行政の事情...

作成日時:2019/05/29 13:30

 更新日時:2019/05/29 14:46


公開

僕の大先輩の演出家にして劇団主宰、山の手事情社の安田雅弘さんのこの「お願い文」に強く共感を覚えます。

改めまして、ご支援のお願いです | 劇団山の手事情社 http://www.yamanote-j.org/news/19508.html 僕の大先輩の演出家にして劇団主宰、山の手事情社の安田雅弘 さんのこの上記リンク先の「お願い文」に強く共感を覚えます。 今回のshelf中国5都市ツアー公演も、若さ(まだあるのか?苦笑)と、勢いと、それに何より多くの人のご支援、ご厚意、ご協力によって、 それでも薄氷を踏む思いで経済的事情にヒリヒリしながら今まさに、ツアーを進めています。 演劇は、舞台芸術はそれだけでは今のこの効率優先の資本主義社会には馴染まない営為なのかも知れません。 しかし...

作成日時:2019/05/28 07:56

 更新日時:2019/05/28 08:07


公開

今、南京市にいます。

武漢公演、合肥公演を無事に終えて、 今(5/24現在)南京市にいます。           ※写真は、合肥南駅前で新幹線に乗るところと、南京市に着いて一泊だけしたとてもすてきで可愛らしいホテルにチェックインした時の模様です。 本当は武漢公演を終えてから、成都へ移動するはずだったのですが、 先週半ば、ツアー最初地は武漢公演の真っ最中に 諸事情により! 成都公演がキャンセルに... そして中国人のshelfのパートナーであり、今回八面六臂の活躍をしている中国人プロデューサーらのハードな交渉、ネットワークを駆使して、 急遽、南京大学での公演(5/28,29)が決まりました。 ...

作成日時:2019/05/24 08:06

 更新日時:2019/05/24 08:09


公開

今回の中国ツアー公演、4都市から→5都市ツアー公演へと変更になりました!

詳細はまた改めて後日公開予定ですが、昨日アナウンスしましたように、 渡航日まで1週間を切って新しい公演が追加されました!   今まで書いてこなかったんですが、今回の中国公演の紆余曲折、実は元々行政の介入で、当初から予定していた上演会場の一つが外国人プログラム上演NGになってしまい...それでリスケジュールや予算繰りに困っていたんですね、ずっと。   そこへ、現地パートナーが諦めずにハードな交渉をし続けてくれた結果として、この土壇場でこのように1都市、追加公演が決まった次第です。   河北省の北戴河にある劇場で、成都公演の後、31日に1ステのみ、追加で公演をします。送られて来た舞台...

作成日時:2019/05/12 06:41

 更新日時:2019/05/12 06:41


公開

4都市ツアー公演の予定が、5都市へ?!

shelf「GHOSTS」中国ツアー公演、毎日通し稽古をしています。俳優同士の呼吸の共有、グルーヴ感やドライブ感をどう時間と空間の中で生み出していくかがshelf作品の命。       ...ところで今日は稽古後にビッグニュースが。 一言でいうと、4都市→5都市ツアーになります。出国日まで5日間のこのタイミングで!?

作成日時:2019/05/11 08:48

 更新日時:2019/05/11 08:48


公開

翻訳家の毛利三彌先生から応援コメントを頂きました!

イプセン研究家の第一人者で、翻訳家の毛利三彌先生から応援コメントを頂きました!   「昨年3月に杭州市の会議に出席したとき、南京から来た学生が、日本の劇団の「ヘッダ・ガブラー」を見たと嬉しそうに話してきた。どの劇団だと聞くと、劇団名は忘れたが、非常に前衛的で面白かったと言う。もしやそれはshelfというグループではないかと問うと、そうだそうだと喜んだ。いまや中国は、演劇でも、世界の最先端をどんどん取り入れる。今年は、中国の四つの地方都市がshelfを招くという。中国恐るべし。shelf恐るべし。」

作成日時:2019/05/06 15:21

 更新日時:2019/05/06 15:23


1 - 15 / 15
1   1 / 1ページ
1 - 15 / 15
 1 / 1ページ

プロジェクト詳細に戻る