「がんサバイバーキッチン」を開設 がんサバイバーとご家族の食の悩みをサポート

 公益財団法人日本対がん協会(会長:垣添忠生・元国立がんセンター総長)は、2019年4月10日に、株式会社おいしい健康の協力を得て、がんサバイバー(がん経験者)が家庭で実際に食べている自慢のレシピを募集・公開するウェブサイト「がんサバイバーキッチン」を、同協会の「がんサバイバー・クラブ」のサイト内に立ち上げました。

 

 

 がんの治療中・治療後の食事については、多くのサバイバーが悩みを抱えています。化学療法の副作用による食欲不振や味覚障害だけでなく、買い物や調理の困難、食事への不安、料理をする気が起きないなど、さまざまな難題が発生します。

 

「がんサバイバーキッチン」は、サバイバーや家族が実際に作っているレシピを体験談とともに掲載することで、同じような悩みを抱えている方たちのメニューの考案や食事作りの役に立つことを目標にしています。

 

日本対がん協会プレスリリース:https://www.jcancer.jp/news/9959