011 インド共和国

インド共和国のKIMONO完成

2015年9月30日(着物)、10月4日(帯)

東京都中央区立泰明小学校の59人の児童が描いた更紗の紋様が、東京友禅の老舗 大羊居の手によりすべてそのままのデザインでレイアウトされ、インドの着物ができあがりました。 インド象や、孔雀、蓮の花、タージ・マハル、真っ赤な太陽など、たくさんのモチーフがぎっしり詰まっています。 ブドウ唐草に鳥の文様を中心として、色鮮やかな配色で織上った帯は、宮岸織物の作品「豊穣の楽園」です。