007 アメリカ合衆国

アメリカ合衆国のKIMONO完成

2015年6月26日(着物)、6月1日(帯)

東京の友禅作家、成瀬 優さんによって製作されたアメリカ合衆国のKIMONO。 「大統領の国」「50州の合衆国」というコンセプトから発想し、大統領の紋章に描かれたアメリカンイーグルがアメリカ大陸や地球を俯瞰するさまに大国のイメージと強い大統領のリーダーシップを表現しました。 また、合衆国のイメージは、全ての州の州花を描くことで、どの州に住まれる人々も1枚のKIMONOに描きあげることとしました。 すなわち、全てのアメリカの人々に縁のあるデザインへと昇華させたのです。 そして、アメリカンカルチャーを代表してベースボール、アメリカンフットボール、ハリウッド映画を隠れキャラのように折り込み、自由の女神像も密かに花のなかに隠れています。 さらに、アメリカ人が愛する二大大統領のエイブラハム・リンカーンを銅像としてジョン・F・ケネディをアポロ計画の宇宙船で表現し、最後に「背番号42」を入れました。 大リーグ初の黒人メジャーリーガー、ジャッキー・ロビンソンの背番号です。 帯は、西陣織のプロデューサーである帛撰さんに依頼し、セミの羽のように軽い袿錦(うちぎにしき)という特殊な織物で織り上げています。 西陣でも中居織物だけが持っている技術で、大統領の紋章に描かれているアメリカンイーグルの足に持たれた「平和の象徴、オリーブ」を星条旗のストライプをイメージさせる紋様の上に織り上げています。