福島に仕事と住宅ローンと共に残った夫が不憫です・・・

これまでにパパに会いたいプロジェクトへ寄せられたメッセージ

2015年8月8日~8月12日 Sさん

福島県郡山市に残る夫が、私達3人が暮らす北海道にやって来ました。 会うのはお正月に私達3人が福島へ帰省して以来です。 日程を決めるのは、何より飛行機のチケット次第です。 今は半年前からチケットを売り出しますから、お正月やお盆はすぐ売り切れてしまうので、 家族の都合が本当に良いかどうかなどわからなくてもとにかく買うしかありません。 そんなわけで今回の日程も夫の都合で決めたものの、思いもよらない事態になりました。 なんと長男が部活動で北海道代表としてインターハイ近畿大会に出場。 8月5日に出発し、帰宅するのは11日の夜ということで、せっかく父親が来たにもかかわらず、家族4人が揃ったのは11日の夜から12日の昼までのほんの16時間でした。 半年後には長男が大学進学し、現在の二重生活が三重生活になる予定。今後は家族4人が揃うことなどなかなか無いので、家族の普通の写真を撮りました。 我が家は震災後5月まで自宅にこもっていました。 換気扇も使わず窓もなるべく開けない生活をしましたが、間違いなく子ども達を初期被ばくさせてしまいました。 周囲では3月中はお子さんを県外へ避難させたお宅が多くありました。備蓄はあったけれども県外に身寄りがなかった我が家としては考えた末の選択でした。 一方、福島に仕事と住宅ローンと共に残った夫が不憫です。交通費がかからないのであれば、もっと北海道に来たいところです。 パパに会いたいプロジェクトのような民間の支援は本当に数少ないありがたい支援です。 最後にあらためて、NPO法人みんな地球のこどもじゃん、パパに会いたいプロジェクトのスタッフと支援くださる皆さまに御礼申し上げて、リポートとさせていただきます。