震災から私たちは何を学ぶのか・・・伝えたい想い

十和田の楽しいを体験してもらおう! このかけ声に多くの地元の方々が協力してくれています。 そして、それだけでなくこうして子どもたちの前で、震災から何を学ぶべきかをお話させていただく機会にも恵まれました。 そもそも支援とはなんだろうか・・・私はいつも考えます。 津波被害の物資の支援で入った気仙沼ではその被害の大きさに足はすくみ、ここに何ができると思い来たのだろうかと自省の念にかられました。 それを救ってくれたのは小さな青果店のおばあちゃんでした。 そこで売られていたかつ丼をおばあちゃんと話をしながら食べたとき、駒込で生まれ戦争で一人になり、宮城県にお嫁に来て孫にも恵まれ幸せな人生を送っていたのに、みんないなくなったとおばあちゃんは泣き崩れ、私も一緒に泣き崩れ・・・・ それでもその時にここに来た意味はこのおばあちゃんと話をして一緒に泣くことができたことだと救われたのです。

つまり、何かができるなんて思わず、自分にできることをただ目の前の人へ、そしてまた人へ・・・続けるしか方法がないくらいの甚大な被害が私たちを襲ったのだと。 そしてそれは津波被害だけにとどまらず、原発事故による実態の見えない恐怖をも被災地の人たち襲ったのです。 自主避難のアテンドではコミュニティーの分断、放射能への意識の違いから家族が崩壊する様を見てきました。 一人悩む母親、被災地に残る父親、家族一緒の時間を過ごすことができない子どもたち。 不安を抱えながらそこに残ると決めた人たち。 人それぞれの現実。人の数だけの現実。 私は十和田という土地で家族とともに暮らし子どもたちは元気に遊び、ご縁に恵まれ活動の幅も広げることができています。 この当たり前の日常はもしかしたら私には与えられなかったものかも知れない。 被災地を見てきた私は強くそう思うのです。 子どもたちに何を伝えていくのか・・・

これからの未来を創るのは今の子どもたちです。 「未来は君たちの手の中に」 当たり前の日常に感謝し、この恵まれた自然を、人々を必要としている人たちがいて、それにより救われる気持ちがある。 何ができるのかではなく何をするのか・・・ そんなお話をさせて頂きました。 子どもたち全員からの感想をいただきました。 今年の遊ぼう十和田!キッズサマーキャンプ!は、福島の子どもたちと十和田の子どもたちの交流会も予定しています。 私はこれからもこの活動を続け、そして小さな声を伝え続けていこうと思います。 どうか、お力をお貸しくださいますようお願い申し上げます。