第33回友情のレポーター募集開始!

「友情のレポーター」は貧しい子どもたちを助けることが仕事ではありません。大切なのは、現地の子どもたちと仲良くなり同じ目線に立つこと。でも心配しないで大丈夫、友情に言葉はいりません。

選ばれるのは2名だけですが、「友情レポーター」プログラムは応募者全員のためにあります。頭で考えているだけではなく応募することが「アクション」に繋がります。応募の課題をやることで、きっと何かの発見があるでしょう。

堀潤さん(ジャーナリスト)と安田菜津紀さん(フォトジャーナリスト/2003年友情のレポーター)のお二人が審査員としてあなたの作品を一つ一つ目を通してくれます。

少しでも関心があったら、まず応募してみましょう!

http://knk.or.jp/kids/apply/