• 支援額

    25,196,915

  • 支援数

    1,046

    ファンドレイザー

    27

  • 開始日時

    2010/01/01 00:00

    終了日時

    期限なし

  • 残り日数・時間

    期限なし

即時課金形式:All in

⟨All in 形式⟩このプロジェクトは目標金額の達成に関わらず、決済されます。
支援申込後のキャンセルはできません。

寄付控除あり
こちらのプロジェクトオーナーは寄付金控除対象団体です。

子ども

教育

途上国

国境なき子どもたちの活動

社会から見放された子どもたちに、あと数年、自立するための時間をください。 親元を離れ、路上で生活するストリートチルドレンと呼ばれる子どもたちの人数は、世界に1億人とも1億5千万人とも言われています。子どもたちが家を離れる理由はさまざまですが、家庭の貧困、親または親子間の問題、例えば、親からの虐待、親の再婚、親の死、親とのけんか、親からの仕事の強要がきっかけとなり家を飛び出してきたケースです。また、紛争や自然災害なども原因として上げられます。 国境なき子どもたち(KnK)は、カンボジアとフィリピンで自立支援施設「若者の家」を運営し、ストリートチルドレンや人身売買の被害に遭った子どもなど、貧困の犠牲となった青少年に、教育や職業訓練の機会を提供することで彼らが社会に出て自立できるよう活動しています。他にも、紛争や大規模自然災害で困難に直面している子どもたちに、教育をはじめ、さまざまな機会を提供することで手助けしています。

世界にはストリートチルドレンが1億人以上もいると言われています。自分の努力だけでは抜け出せない困難な状況にある子どもたちに、将来に向けて前進する時間と機会を提供しています。

国境なき子どもたち(KnK)の二つの使命 1. 世界の恵まれない青少年を支援すること 2. 日本の一般市民、とりわけ若い世代の人々に対し教育啓発すること KnKの支援対象 1. ストリートチルドレン 2. 人身売買の被害に遭った青少年 3. 法に抵触した青少年 4. 貧困家庭に生まれ育った青少年 5. 労働に従事させられている青少年 6. 虐待の被害に遭っている青少年 7. 大規模な自然災害の被害に遭った青少年 8. 騒乱・紛争の被害に遭った青少年 KnKは、子ども一人一人が尊重され、教育を受け、年齢にふさわしい生活を送る、といった権利を守り続けます。

いくらあれば何ができるか

①例えば、3,000円で1人の子どもが3ヵ月間学校教育を受けられます ※KnK活動地(途上国)での活動費概算による ②例えば、7,500円でシリア難民の子ども1人が約4ヵ月間、スポーツや美術、音楽などの授業を受けられます。

プロジェクトオーナー
国境なき子どもたち

国境なき子どもたち(KnK)は途上国のストリートチルドレンや人身売買の被害に遭った子ども、大規模自然災害の被災児など、恵まれない青少年を支援するNGOです。日本と諸外国の子どもたちがお互いの理解を深め、友情を育み、共に成長していくことを目的に1997年より活動しています。

オーナーに問い合わせる

支援内訳

  • 支援総額

    25,196,915

  • このサイトで集まった支援

    25,196,915

  • その他の支援

    0