• 支援額

    183,500

  • 支援数

    20

    ファンドレイザー

    0

  • 開始日時

    2017/06/03 10:00

    終了日時

    2022/06/02 10:00

  • 残り日数・時間

    116511時間31

即時課金形式:All in

⟨All in 形式⟩このプロジェクトは目標金額の達成に関わらず、決済されます。
支援申込後のキャンセルはできません。

寄付控除なし
こちらのプロジェクトオーナーは寄付金控除対象ではありません。

医療

教育

自然

「生命起源」の謎を解く[GADV]タンパク質ワールド仮説 実証実験活動に皆様のご支援を!

生命はどのようにして生まれたのでしょうか?38億年前にこの地球という惑星に生命が誕生したと考えられています。原始地球環境での生命の初期進化を解明することは「なぜ我々がここにいるのか」を明らかにすると共に、私達の心を豊かにします。生命の起源研究において唯一遺伝暗号の成立過程をも説明する統一的な理論が池原健二博士の提唱する [GADV]タンパク質ワールド仮説 です。当研究所はその実証実験に皆様のご支援と共に取り組みたいと思います。現在、宇宙生物学(アストロバイオロジー)分野においても隕石内に含まれるアミノ酸の分析結果等を根拠に宇宙空間には、G、A、D、V の4つのアミノ酸が存在すると考えられています。これらの4つのアミノ酸と生命誕生との謎をつなげるキーポイントがGADVアミノ酸から成る、[GADV]タンパク質ワールドなのです。

「生命誕生の謎」にG&L(グローバル&ローカル)共生研究所がサイエンスを駆使して挑みます!

京都府の学研都市である、けいはんなプラザラボ棟 (現在は小春ビル・奈良市法華寺町) において、G(グリシン)A(アラニン)D(アスパラギン酸)V(バリン)のアミノ酸を含む水溶液を繰り返し蒸発乾固させ、4種類のアミノ酸が中心となったランダムなタンパク質を作成しています。その微量なタンパク質が、同じタンパク質の分解反応を触媒できる事を奈良先端科学技術大学院大学との協力研究により調査しています。原始地球環境における生命誕生の場所としては、波打ち際の海水を想定しています。GADVの4種類のアミノ酸を含んだ海水が、蒸発と乾固を繰り返すことによりアミノ酸同士のランダムな結合を促し機能するタンパク質が生まれ「生命の誕生」につながったとする「疑似複製の概念」を私共は提唱しています。

国際社会へのアプローチ

池原健二博士が、2014年奈良にて開催された国際学会「Origins 2014」(生命の起原とアストロバイオロジー国際学会-バイオアストロノミー合同大会)にて議長を務めました。

G&L共生研究所 ホームページ

http://g-and-l.asia/  当団体は、「国際社会へのアプローチ」「調査研究プログラム」「地域活性化へのステップ」「地域との連携を目指して」の4つのプロジェクト活動を行っています。

池原健二博士 ホームページ

http://ikehara-gadv.sono-sys.net/ タンパク質から生命の起原を追求し解明すべく日々チャレンジしています。

プロジェクトオーナー
G&L共生研究所 (所長:大石 正 奈良女子大学名誉教授)

本研究所は、G(グローバル)な視野と L(ローカル)な視点に立ち、自然、人間生活、文化に関してより良い未来社会構築と発展のために提言を行い、そして実行することを目的に奈良市内に2013年に設立されました。グローバルな調査・研究の一環として「生命の起源」の解明に取り組んでおります。

オーナーに問い合わせる

支援内訳

  • 支援総額

    183,500

  • このサイトで集まった支援

    183,500

  • その他の支援

    0