• 支援額

    1,327,800

  • 目標金額

    6,000,000

  • 支援数

    79

    ファンドレイザー

    0

  • 開始日時

    2017/05/18 16:26

    終了日時

    2017/07/01 23:59

  • 残り日数・時間

    受付終了

即時課金形式:All in

⟨All in 形式⟩このプロジェクトは目標金額の達成に関わらず、決済されます。
支援申込後のキャンセルはできません。

寄付控除なし
こちらのプロジェクトオーナーは寄付金控除対象ではありません。

社会環境

障がい・介護

人権

コミュニティー

NPO・NGO

国際平和

重度障害者が日本を代表してアメリカの国際会議に行く!そのための介助費用が不足しています!

★障害者が自ら企画・実行するアメリカ派遣プロジェクト★ 私たちは日本の若手障害者を対象としたアメリカでの障害者リーダー研修プロジェクト実行委員です。 このプロジェクトでは7月23日〜7月27日に開催される ・グローバルILサミットへの出席(世界中の障害者リーダーが一堂に会する会議) ・全米自立生活センター協議会主催カンファレンス出席 (世界各国の障害者リーダーとの意見交換) 上記アメリカの障害者運動への参加を通して権利を守っていく力を高め、帰国後にそれぞれの地域で将来に渡って活躍出来る人材の育成を目指しています。 また、2020年には東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。それを見据えて、バリアフリー先進国であるアメリカのアクセスチェックを行い、長所を持ち帰って日本のアクセシビリティ向上に役立てます。 障害者が暮らしやすい社会は、すべての人にとっても暮らしやすい社会だと私たちは考えています。

アメリカ研修の見どころ その一

・日本よりも進んでいるバリアフリー! アメリカにはバリアフリーを保障する強力な法律があり、世間一般でも意識が大変高いです。その一例が、写真にある通りのスタジアムの写真です。こういった最先端のバリアフリーを知ることで視野が拡がり、帰国後の日本において様々な提案ができるようになります。

アメリカ研修の見どころ その二

・障害者たちのリーダーシップがすごい! 黒人人権運動にルーツをもつアメリカの障害者運動を牽引しているリーダーたちの活動は大変パワフル!このリーダーシップは他に類をみないもので、各種法施行や普及啓発活動において大きな力をもっています。日本でできた差別解消法の普及に際するヒントを学びにいきます!

アメリカ研修の見どころ その三

昨夏に相模原でおきた事件は、私たち障害当事者にとても大きな衝撃を与えました。詳しくはこの次の章をご覧頂きたいのですが、この事件に対する日本の若手障害当事者の声を、アメリカで開かれる国際会議の場において全世界に向けてアピールします!

相模原事件が与えた衝撃

2016 年 7 月26日は忘れられない日になりました。 相模原の障害者施設で起きた障害者殺傷事件は、私たち障害者にとって 非常に ショッキングな出来事でした。 たくさんの障害のある仲間たちの「尊い命が奪われたこと」「人権が無視されたこと」そして、もう一つ私たち障害者に向けて強烈なメッセージを突きつけてきました。 それは「障害者は生きていても意味がない」というもの。 事件を起こした犯人は決して許されるものではないですが、このような思想を生み出してしまった社会にも問題があったのではないでしょうか。この事件を契機に、私たちは障害者としてより一層社会に向けて声を上げていかなければならないと危機感を感じました。 「障害者は殺されていい存在なんかではない」「障害のない人と同じように暮らしたい」そんな声をあげるために、広い視野をもち、権利を守っていくための力をつけていきたいと思います。

実行委員は若手障害者!!その理由は?

このプロジェクトは障害を持つ若者たち自身で企画運営をしています。 その理由は自分たちの力で【社会を変えていきたい】と思っているからです。 今の日本では、障害者というと「かわいそうな人達」や「一生懸命に頑張っている人」という価値観が根強く残っていると感じます。そして私たち障害者が外を歩いていると物珍しそうに見られることも少なくありません。そんな状況を変えたい!冒頭にも述べましたが、「自分たちも社会の一員」という意識を持ち自分たちの力で、あらゆることを決め、仲間たちと共にアメリカへ渡り、法律やバリアフリーを学び日本に持ち帰ります! そうすることで、人間として大きくなりこれから日本の社会でそして障害者を持った仲間たちと繋がり連帯していけるようになることを目指しています。 以下ご覧ください! HP https://gracebaske8.wixsite.com/mysite ブログ http://ameblo.jp/ada27leadon/entry-12277041054.html

アメリカで学びたい!でもそこには大きなバリアが!!

私たちは全員で(障害者20人+介助者20人)アメリカへ行き、ADAのこと最新のバリアフリー事情等、沢山のことを学び日本に持ち帰ってきたいと考えています。 しかし!!そこには既に大きなバリア(壁)がありました。それは渡航費(飛行機や宿泊費)の問題です。私たちは毎日たくさんの介助を必要としています。 例えば、歯を磨く・トイレをする・ご飯を食べる・お風呂に入る・寝ている時に寝返りをする等あらゆる場面で介助をしてもらいながら日々を送っています。 それはもちろん研修先(アメリカ)でも必要です。日頃から介助をしてくれる人たちがいなければアメリカへ行くことすらできず、研修を受けることもできません。その大切な介助者と共に、安心して渡米し勉強ができるように渡航費の支援をお願い致します。 下記に記すのは、渡航する場合の健常者との比較です。健常者と比べると約3倍の費用が掛かってしまいます。

参考:健常者と障害者の渡航費比較

―――――――――― オアフ島ハワイ10日 差額1,182,930円 * 健常者の場合- 往復飛行機代 158,190円- ホテル代 1泊16,612円×10日=166,120円 - その他必要雑費- 計 324,310円 * 私の場合(電動車椅子、呼吸器、酸素、ヘルパー3人体制) - 往復飛行機代(私+ヘルパー3人=計4人) 632,760円 - 飛行機内酸素ボンベ購入往復 80,000 - 呼吸器外部バッテリー追加レンタル 20,000円 - ホテル代 1泊16,612円×10日×4人分=664,480円 - 滞在中(10泊分)の移動用酸素ボンベレンタル代100,000円 - 計1,497,240円  ――――――――――

今の私たち、これからの私たち

私たちは現在、日本各地の自立生活センター(CIL)で活動しています。 それは「どんなに重度な障害があっても地域で自分らしく生活できること」を目指しているからです。 今、こうして日々の生活として食事をとり、余暇を楽しみ、人生の目標をたてられるのも 「障害者の生きる権利」を勝ち取ってきた多くの先輩方の恩恵があるからです。 私たちは次の世代のリーダーとなるために、強くこの時代を生き抜いていかなければなりません。まだまだ多くの仲間たちも障害があるということだけで多くの差別を受けています。そのようなことを無くし「誰もが排除されることのない社会」を目指し活動していきます。このプロジェクトはその第一歩です。 皆さんの温かいご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

プロジェクトオーナー
LEAD ON! Project 実行委員会

若手障害当事者による、若手障害当事者エンパワメントプロジェクト。明日の世界が「障害の有無に関わらず誰にとっても暮らしやすい」ものとなるように活動しています。
二年前から継続的に交流が行われるようになったアメリカの若手運動家とも、共に挑戦し続けています。

オーナーに問い合わせる
20,000
カレンダー
  • 受付期間

    2017/05/18 00:00

    2017/06/30 23:59

  • 申込数

    3 件

  • 数量

    無制限

  • 配送可能地域

    国内のみ発送可能

  • 発送日の目安

オリジナルポストカード+お手紙+事業報告書+オリジナルツアーTシャツ+オリジナルカレンダー
研修先のアメリカで撮影した写真を使用した、オリジナルカレンダーをお届けします。
ツアーの様子を楽しめる面白写真をふんだんに使っています!

※ご希望される方は、入金時に送付先情報をご記入下さい。ご記入頂けない場合は報告書の送付をすることができません。

※ご希望される方は、入金時に送付先情報をご記入下さい。ご記入頂けない場合は報告書の送付をすることができません。

詳細を見る詳細を閉じる 受付は終了しました
15,000
ツアーTシャツ
  • 受付期間

    2017/05/18 00:00

    2017/06/30 23:59

  • 申込数

    4 件

  • 数量

    無制限

  • 配送可能地域

    国内のみ発送可能

  • 発送日の目安

オリジナルポストカード+お手紙+事業報告書+オリジナルツアーTシャツ
本ツアーのためにオリジナルで作ったツアーTシャツをお届けします。
1980年代のニューヨークでのデモ行進を捉えた写真がクール!

※ご希望される方は、入金時に送付先情報をご記入下さい。ご記入頂けない場合は報告書の送付をすることができません。

詳細を見る詳細を閉じる 受付は終了しました
10,000
2017 報告書
  • 受付期間

    2017/05/18 00:00

    2017/06/30 23:59

  • 申込数

    3 件

  • 数量

    無制限

  • 配送可能地域

    国内のみ発送可能

  • 発送日の目安

オリジナルポストカード+お手紙+事業報告書
感謝の気持ちをこめて、私たちの今年度の活動の様子をお伝えする報告書をお届けいたします。
(画像は2015年度に実施した同様事業の報告書です)。

※ご希望される方は、入金時に送付先情報をご記入下さい。ご記入頂けない場合は報告書の送付をすることができません。

詳細を見る詳細を閉じる 受付は終了しました
5,000
ポストカード+レター
  • 受付期間

    2017/05/18 00:00

    2017/06/30 23:59

  • 申込数

    6 件

  • 数量

    無制限

  • 配送可能地域

    国内のみ発送可能

  • 発送日の目安

感謝の気持ちをこめて、オリジナルのポストカードとお手紙をお届けします。

※ご希望される方は、入金時に送付先情報をご記入下さい。ご記入頂けない場合は報告書の送付をすることができません。

詳細を見る詳細を閉じる 受付は終了しました
500
あなたの名前を力の限り叫びます!
  • 受付期間

    2017/06/12 00:40

    2017/06/30 23:59

  • 申込数

    3 件

  • 数量

    無制限

  • 配送可能地域

    国内のみ発送可能

  • 発送日の目安

感謝の気持ちを込めて、クラウドファンディング担当のりょーちんがあなたの名前を力の限り叫びます!叫んだ動画はFacebookで公開します♪

※ご希望される方は、入金時に叫んでほしいお名前をご記入下さい。

詳細を見る詳細を閉じる 受付は終了しました
1,000
お礼のメール
  • 受付期間

    2017/06/12 00:47

    2017/06/30 23:59

  • 申込数

    14 件

  • 数量

    無制限

  • 配送可能地域

    国内のみ発送可能

  • 発送日の目安

感謝の気持ちを込めて、アメリカでの活動の報告をメールを送らせていただきます。メールの発送は8月下旬頃を予定しております。

※ご希望される方は、入金時にメールアドレスをご記入下さい。ご記入頂けない場合はメールを送信することができません。

詳細を見る詳細を閉じる 受付は終了しました

支援内訳

  • 支援総額

    1,327,800

  • このサイトで集まった支援

    1,327,800

  • その他の支援

    0